Uber Eats、徒歩による配達を導入へ。都内23区で試験運用

Uber Eats、徒歩による配達を導入へ。都内23区で試験運用

フードデリバリーサービスのUber Eatsが2021年6月22日(火)より、近距離での配達を徒歩で行える仕組みの試験運用を、東京都の23区で開始する。

徒歩による配達を導入することで、自転車の駐輪にかかる手間が省けるほか、階段や細い路地を通ることができるため、効率的な近距離の配達が期待できるという。

なお、ニューヨークや香港など海外の大都市では、すでに徒歩による配達が導入されている。

Uber Eatsに登録している配達パートナーは、アプリから事前に徒歩での配達に切り替えることが可能。

新たに登録する配達パートナーは、配達方法として徒歩のみを選ぶことで、自転車を持っていなくてもUber Eatsで配達が行えるようになる。

徒歩で配達を行った場合も、Uber Eatsの対人・対物賠償責任保険、傷害補償制度が適用される。

補償プログラムはUber Eatsが費用を拠出しているため、配達パートナーによる費用負担は発生しない。

【a】Uber Eats  フード注文

\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
Uber Eats、徒歩による配達を導入へ。都内23区で試験運用
最新情報をチェックしよう!
WRITER