auひかりとは?料金プラン、プロバイダ、キャンペーン情報など徹底解説!

大手スマートフォン会社であるKDDIが提供している光回線が「auひかり」です。
これは一般的な回線であるNTTの回線を使用するのではなく、独自の回線を使ってインターネットをつなぐことができるというサービスです。
ここではそのauひかりについて紹介します。

auひかり(光)とは


普通インターネットを利用するにはプロバイダと回線が必要となります。
月額使用料金とは別にプロバイダ料がかかってしまうことで高くなってしまうということがあったのです。
しかし、auひかりでは独自の回線を使っているということとプロバイダ料金がセットになっていることで月額料金を安くすることに成功したのです。
プロバイダは、GMOとくとくBB・So-net・BIGLOBE・@nifty・@TCOM・DTI・AsahiNet・au one netの8社から好きなものを選ぶことが可能となっています。
どこを選んでも料金が変わることはありませんが、キャッシュバックなどの特典が違ってくるので慎重に選びましょう。
申し込み時に工事費が必要になるのですが、キャンペーンを利用することで実質無料となります。

また、その名前の通りauのスマホを利用している人にはさらにお得になります。
auのスマホとauひかりを一緒に契約していると毎月のスマホ料金から1,000円が引かれるという「auスマートバリュー」を利用することができるのです。

auひかり(光)のメリットとは


auひかりには多くのメリットがあります。
ここではそれらのメリットについて順に紹介します。

月額使用料が安い

例えば大手他社のサービスである「フレッツ光」などを比べても一戸建てでだいたい2,000円ほど、マンションタイプで1,000円ほど安くなっています。
これはフレッツ光が月額使用料とプロバイダ料を別にかけていることが原因で、auひかりの場合はプロバイダ料が込みの値段となっているために安くなっているのです。
サービスの質を落とすことなく乗り換えることができるために乗り換えを行っている人も多くいます。
少しでも月額使用料を抑えたいという方におすすめです。

auのスマホ利用者はさらにお得に

auひかりとauのスマホをセットで使うことでauスマートバリューを利用することができるためauのスマホ料金が毎月1,000円安くなります。
実際には契約しているスマホプランによって割引額は違ってくるのですが、ほとんどの方は1,000円、それ以外の方は500円安くなります。
また、このauスマートバリューは家族の中で申し込みをしている方がいれば家族全員が割引を受けることができるというメリットがあります。

プロバイダを選ぶことができ、それぞれのキャンペーンを利用できる

auひかりはプロバイダを選ぶことができます。
それぞれにキャンペーンの内容が違っていますので以下の表を参考に選んでみましょう。

プロバイダキャンペーン総額サービス内容キャンペーン適用後料金
GMOとくとくBB65,800円月額割引と
キャッシュバック
戸建て:4,000円
マンション:2,600円
So-net38,800円月額割引戸建て:3,480円
マンション:1,980円
BIGLOBE50,000円月額割引か
キャッシュバック
戸建て:5,400円
マンション:3,800円
@nifty38,800円キャッシュバック戸建て:4,900円
マンション:3,800円
@TCOM30,000円キャッシュバック戸建て:4,900円
マンション:3,800円
DTI38,800円キャッシュバック戸建て:5,100円
マンション:3,800円
AsahiNetなしなし戸建て:5,100円
マンション:3,800円
au one netなしなし戸建て:5,100円
マンション:3,800円

「月額割引」と「キャッシュバック」がポイントとなるのですが、そのどちらもキャンペーンに含まれるのはGMOとくとくBBだけとなっています。
ちなみにプロバイダとはインターネットにつなぐための入り口のような仕事をするためのもので、インターネットを利用するためには必ず利用しなければならないものです。

工事費は実質無料

このauひかりは契約期間によって工事費の分割分と同額の金額が月額料金から割引されるというサービスがあります。このことによって工事費は実質0円となります。

住居タイプ工事費内訳
戸建て37,500円625円×60ヶ月
マンション30,000円1,250円×24ヶ月

戸建てとマンションでは月数が違うことに注意しておきましょう。
また、途中で解約した場合には「解約時までの工事費は無料」となり、残りの工事費については解約時に一括で支払うということになります。

他社違約金キャッシュバックサービス

こういった光通信サービスは契約期間の途中で契約を解約したり、他社に乗り換えたりすることで違約金が発生することが多くあります。
そこでauひかりでは2019年の10月から「auひかり新サポートスタート」が開始されました。
これはネットの乗り換えに必要になった他社解約違約金を還元してくれるというものです。
インターネットの場合は最大30,000円まで、スマホの解約金の場合はauスマホ1つの回線について10,000円までの負担となります。
還元先は「au WALLETプリペイドカードへのチャージ」か「郵便為替」から選ぶことができます。

関連記事

光通信として有名なauひかりですが、具体的にどういったものなのかは知らないという方がいるかもしれません。そこでここではauひかりの概要について説明します。auひかり公式サイト auひかりについて詳しくはこちら(adsbyg[…]

auひかり(光)のデメリットとは


メリットが多いauひかりですが、残念ながらいくつかのデメリットもあります。
ここではそれらをいくつか紹介します。

全国どこでも使えるわけではない

auひかりは全国すべての地域に対応しているわけではありません。
特に中部地方、近畿地方と沖縄には弱くなっており、静岡、愛知、岐阜、三重、大阪、京都、和歌山、奈良、滋賀、兵庫、沖縄では利用することができません。
人口が多い愛知や大阪、京都などで利用できないというのはかなりダメージと言えるでしょう。
ただし、So-net光・BIGLOBE光ではセット割である「スマートバリュー」には対応していますので、ある程度安くは利用することができます。

一戸建ての場合は工事費無料の条件が厳しい

工事費が無料になるというメリットがあるのですが、この条件が2018年の5月から少し厳しくなりました。
それまでは30ヶ月で1,250円ずつで合計37,500円という計算だったのですが、それが60ヶ月625円という計算になったのです。
マンションタイプの方は変更はありません。
そのため短期間の契約を考えている方にとっては工事費無料のメリットは受けにくいようになっています。
長期での契約をあまり考えていないという方はお得感が薄れるかもしれません。

auユーザー以外はスマホ料金は安くならない

スマホがauの方であればスマートバリューを使うことによってセット割りを受けることができるため毎月1,000円の割引を受けることができます。
ただしauユーザー以外の方はその割引がありません。
ドコモやソフトバンクなどもスマホと光通信のセット割りをしているため、自分が使っているスマホと光通信を合わせると割引があるということに注意しておきましょう。

関連記事

光通信として有名なauひかりですが、具体的にどういったものなのかは知らないという方がいるかもしれません。そこでここではauひかりの概要について説明します。auひかり公式サイト auひかりについて詳しくはこちら(adsbyg[…]

auひかり(光)の種類


まずauひかりは全国で36の地域で利用できるのですが、中部地方や近畿地方ではauひかり系列の地方回線が参入しているためにauひかりは利用できなくなっています。
その地方回線とは、以下のとおりです。

・中部地方・・・コミュファ光
・近畿地方・・・eo光
・沖縄・・・auひかりちゅら

これらの地域ではこういった地方回線を使うのも良いでしょう。

auひかり マンション

また、auひかりの設備を導入しているマンションなどではauひかりマンションというサービスがあります。

提供タイプ月額利用料
(プロバイダ利用料込)
下り最大速度
(カッコ内は上り)
タイプV(8契約以上)4,100円100Mbps(35Mbps)
タイプV(16契約以上)3,800円100Mbps(35Mbps)
都市機構デラックス3,800円100Mbps(35Mbps)
マンションミニ ギガ5,000円1Gbps
マンション ギガ4,050円1Gbps

auひかり ホーム1ギガ

戸建てで利用する一般的なauひかりのサービスです。
特にこれよりも高性能のサービスを申し込まない限りは戸建ての場合こちらのプランを使うこととなります。

auひかり ホーム10ギガ・5ギガ

多くの光回線サービスの通信速度が上り下り共に1Gbpsとなっているなか、こちらのプランでは10Gbps・5Gbpsの通信速度となります。
これらの「auひかりホームV5ギガ」や「auひかりホームX10ギガ」はどこでも誰でも申し込めるというわけではありません。

・「東京」「埼玉」「神奈川」「千葉」のエリアであること
・戸建てであること
・「@nifty」「au one net」「BIGLOBE」「so-net」のどれかのプロバイダであること

これらの条件に当てはまっている場合は申し込んでみるのも良いかもしれません。

auひかりちゅら

auひかりはKDDIが運営しており、auひかりちゅらは沖縄セルラー電話株式会社が運営しています。
つまり沖縄限定のサービスです。
費用は以下となっており、これらにはプロバイダ料なども含まれています。

ホームタイプ

サービス内容月額料金
インターネット5,100円~
インターネットと電話5,600円~
インターネットと電話とテレビ6,100円~

マンションタイプ

サービス内容マンションV月額料金マンションギガ月額料金
インターネット3,300円~3,900円~
インターネットと電話3,800円~4,400円~
インターネットと電話とテレビ4,300円~4,900円~

プロバイダ au one net

auひかりではプロバイダを複数の中から選ぶことができるのですが、そのプロバイダをau one netにするとインターネット回線とプロバイダの窓口が同じになりますので手続きが便利になるというメリットがあります。
インターネット回線はプロバイダを通さないとつなげないために必ずプロバイダとも契約しなければならないのですが、そのプロバイダがauであるために手続きが簡単になるのです。
また、違約金がないなどのメリットもあるのですが、ここをプロバイダにした場合はキャッシュバックなどでお得な窓口限定キャンペーンはありません。
料金も特に安くなるということはありませんので、キャンペーンのメリットなどを求めるのであればあまり選ぶことはないかもしれないです。

関連記事

光通信のなかでも近年事業を拡大していっているのが「auひかり」です。通信速度の速さやキャッシュバックなどの特典の多さが評判となっているのですが、auひかりにはいくつかのプランがあります。そこでここではauひかりのプランを中心に紹介します[…]

auひかり(光)の申し込み方法


このauひかりは申し込みの方法にもいくつかの方法があります。
どの方法で申し込んでも通信速度などのサービス内容が変わるわけではありませんが、「キャッシュバック」や「月額割引」などが違ってきますので、どこから申し込むかはかなり重要です。
以下の方法があります。

・インターネットから
・auの携帯ショップ
・家電量販店

これらのうち家電量販店や携帯ショップでは人件費や場所代がかかるということに加えて、それぞれの店舗が出す利益を追求することがあるためにオプションなどを多くつけられて合計支払額が高くなってしまうということがあります。
やはりインターネットから申し込むのが一番お得になると言えます。
そしてインターネットの申し込み先ですが、auの公式HPや電話窓口から申し込むと確実で安心度は高いものの、ほとんどキャンペーンを利用することはできません。
プロバイダを通して申し込むのがもっともお得になるのは間違いないでしょう。
申込が完了して特に不備がなければKDDIから工事をする日時の決定の連絡が入ります。
日時を決めて、工事が完了した上で機器の設定が終われば利用が開始となります。
通常は申し込みから利用開始までは1ヶ月程度かかるのですが、2月や3月の引っ越しシーズンなどはかなり混み合いますので前もって予約をしておくことが必要です。

関連記事

光通信の中でもその通信速度の速さなどが評判となっているauひかりですが、申し込み方にはいくつかの方法があることはあまり知られていません。実は申し込み方によってキャッシュバックや月額使用料の割引などが違ってくるためにどうやって申し込むかが重[…]

auひかり(光)利用中に引っ越す場合は


引っ越しをする際には引っ越し先でauひかりを利用するかどうかによって扱いが変わってきます。
ここでは2つのパターンについて紹介します。

引っ越し先でauひかりを利用する場合

引っ越し先がauひかりに対応しているエリアで、継続して利用するという場合は引っ越し先での工事費に関しては必要ありません。
引っ越しの時点で工事費がすべて支払えていない場合は一括請求がされた後、引っ越し後にその分の金額が月額料金から割引されていくようになります。
そのため実質負担額は0円です。
引っ越し先でもauひかりを利用しようとしている場合はデメリットは特にないと言えます。

引っ越し先でauひかりを利用しない場合

引っ越し先ではauひかりを利用しない、もしくはauひかり対応エリアではないという場合は単純に解約をするということになります。
その場合には残っている工事費を一括で支払う、配線などを撤去する工事費、契約期間であれば違約金がかかります。

auひかり(光)を解約するには


申し込んだ先に連絡をすれば解約することができます。
その際に以下3つが必要です。

・契約解除料・・・契約期間の更新月以外に途中解約をした際の違約金
・工事費の残債・・・初期工事費の分割支払い期間に解約した際の未払い分を一括で支払う
・撤去工事費・・・戸建ての家で配線やケーブルを撤去するための費用

特に2018年3月以降は戸建ての回線の撤去工事がそれまで任意であったものが強制に変わったことで工事費28,800円がかかります。

関連記事

光通信の中でもその通信速度の速さなどが評判となっているauひかりですが、申し込み方にはいくつかの方法があることはあまり知られていません。実は申し込み方によってキャッシュバックや月額使用料の割引などが違ってくるためにどうやって申し込むかが重[…]

auひかり(光)の光電話とは


auひかりとセットで申し込むことが多い光電話とはどういったものでしょうか。
まず配線などの工事費についてはauひかりと光電話をセットで申し込むことによって工事費が実質無料になります。
今まで使っていた電話機はそのまま使用することができます。
そのほか光電話の月額基本料は一般的なNTTの電話と比べると基本料が3分の1ほどです。
固定電話を使っている方も確実に安くなると言えます。
それだけではなく通話料金も一般的な加入電話では内3分8.5円、市外最大45秒40円となっています。
しかし、au光電話であれば国内一律3分8円となっているため圧倒的に通話料が安くなっているのです。
また、当然のようですがauのスマホ、携帯電話との通話に関しては無料となります。

それ以外ではオプションを安く組み合わせていけるというメリットがあります。
オプションに関しては以下のようになっています。

サービスサービスの内容料金
割込通話通話中に他の着信があった時にも保留にして対応できるサービス300円
発信番号通知掛けてきた相手の電話番号を表示400円
割込番号表示通話中にキャッチ(割込電話)が入った時に相手番号を表示100円
番号通知
リクエスト
電話番号非通知で発信してきた相手に「電話番号の前に186を付けてお掛け直しください」と伝え、通知させて掛け直すようにガイダンス200円
迷惑電話撃退迷惑電話の番号を登録し、着信を拒否する700円
着信転送携帯電話等、予め登録した番号に着信を転送する500円
KDDI電話 auで着信確認不在着信をauケータイにSMS(ショートメール)で通知無料
移転番号アナウンス移転等で番号が変更になった場合に新しい電話番号をアナウンス無料
国際不取扱国際電話を規制する無料
番号通知設定自番号の通知、不通知を設定する無料

auひかりテレビとは


auひかりではアンテナ工事なしで専門チャンネルを利用できる「auひかりテレビ」というサービスがあります。
必要になるのは「登録料800円」のみとなっています。
見ることができるのは以下の6つの専門ジャンルです。

「映画」「アニメ・キッズ」「音楽」「スポーツ」「競馬」「韓流」

ただし注意点として「地デジ放送は見れない」ということがあります。
もし地デジやBS、CS放送を見たい場合はアンテナを設置する必要があります。
マンションなどの場合はすでにアンテナがあれば問題ありません。
アンテナを設置する場合は35,000~50,000円程度の工事費が必要です。

auひかり(光)の評判は?


auひかりに関する評判は実際にどのようなものでしょうか。
よくある口コミを探していくと、以下のものがあります。

・とにかく通信速度が速い
・他のものから乗り換えたが圧倒的に速い
・キャッシュバックが大きい
・工事費無料が大きい
・テレビに関しては地デジが見れないので微妙
・電話については一般的な光電話といった感じ
・auユーザーがスマートバリューでWi-Fiルーターが無料でもらえるのは素晴らしい
・解約金は高い気がする

解約時のお金が高いという意見がありましたが通信速度などの性能に関する評判は最高レベルのものでした。
通信速度は他の光通信から乗り換えた方はその速度の速さに驚いている人が多いようです。

auひかり(光)はメリットが多い光通信


auひかりでは、以下のメリットが強いサービスです。

・通信速度に絶対的な自信と実績
・auのスマホユーザーであればさらにお得に
・キャッシュバックの金額がかなり高額
・工事費が実質無料になる
・他社から乗り換えたときに違約金を負担してもらえる

特に通信速度が圧倒的に速いため、他の光通信サービスで速度に不満がある方にはぜひおすすめできるサービスと言えるでしょう。

CATEGORY

auひかり

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。