LINE、外務省協力の「SDGs LINEスタンプコンテスト」開催 小・中・高校生が対象

LINE、外務省協力の「SDGs LINEスタンプコンテスト」開催 小・中・高校生が対象

LINEが本日9月4日(水)〜10月15日(火)まで、「SDGs LINEスタンプコンテスト」を開催します。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

スタンプ売上は「WWFジャパン」へ全額寄付

「SDGs(エスディージーズ・Sustainable Development Goals)」とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標を指します。貧困、保健、教育など持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されており、「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」ことを目指し、日本国内でも積極的に取り組んでいます。

「SDGs LINEスタンプコンテスト」は小学生・中学生・高校生を対象に開催。SDGsの17のゴールから1つを選んで絵で表現し、審査で選ばれた優秀作品は「SDGsスタンプ」としてLINEが販売します。
スタンプの売上は環境保全団体のWWFジャパンへ全額寄付され、SDGsの目標達成に貢献する活動全般にあてられます。
なお、本コンテストには河野太郎外務大臣、黒岩祐治神奈川県知事、さかなクンさんなどが選考委員として参加します。

以下、プレスリリースより引用。

SDGs LINEスタンプコンテスト概要

・SDGsの17のゴールから1つを選び、そのゴールを表現した絵を募集します。
・応募作品は審査の上、外務大臣賞を含む優秀作品を選定し、LINE株式会社が「SDGsスタンプ」として販売します。
・スタンプを販売した売り上げ全額(決済手数料を除く)は環境保全団体のWWFジャパンに寄付し、SDGsの目標達成に貢献する活動全般にあてられます。

応募ルール

1.絵は手描きでお願いいたします。
2.17のゴール(上記参照)から1つのテーマを選んで描いてください。
3.「日常生活でできるSDGsのゴールを達成するための行動」を絵にしてください。
4.折り紙(たてよこ15センチ)くらいの大きさで描いてください。
5.セリフは書かないでください。ただしデザインとしての文字・記号は問題ありません。例:エコバッグ図案参照
6.応募する作品は未発表の自作品でお願いいたします。
7.1人何作品でも応募することができます。
8.応募は2019年10月15日(火) 23:59まで(消印有効)です。
9.小学生、中学生、高校生の個人またはグループ(クラス・部活動単位)で応募できます。

スタンプの絵の例

応募方法

【LINEから応募】
「SDGs LINEスタンプコンテスト」のLINE公式アカウント(LINE ID:@sdgs-contests)を友だち追加し、絵を写真に撮り、「応募」ボタンよりご応募ください。

【ウェブサイトから応募】
お手持ちのスマートフォンで絵を写真に撮り、専用応募フォーム(https://feedback.line.me/enquete/public/6068-UOdy6yP9)からご応募ください。

【郵送で応募】
専用の応募用紙(https://scdn.line-apps.com/stf/linecorp/ja/csr/applicationform.pdf)に絵を描いて、必要事項を明記の上、以下までお送りください。
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 23F
LINE株式会社 「SDGs LINEスタンプコンテスト」事務局宛

入賞について

・外務大臣賞(小学1年~3年生部門1名、小学4年~6年生部門1名、中学生部門1名、高校生部門1名)
・審査員特別賞

発表方法

受賞作品は、外務省ホームページおよび弊社ホームページ等にて発表します。

選考委員

河野太郎 外務大臣
黒岩祐治 神奈川県知事
さかなクン 東京海洋大学客員准教授 WWFジャパン親善大使/顧問
井上咲楽 タレント
鎌田長明 公益社団法人 日本青年会議所 会頭
上田壮一 一般社団法人Think the Earth 理事/プロデューサー
筒井隆司 WWFジャパン 事務局長
江口清貴 LINE株式会社執行役員(SDGs担当)
渡辺尚誠 LINE株式会社執行役員(スタンプ担当)

主催者

主催:LINE株式会社
協力:外務省

LINE、外務省協力の「SDGs LINEスタンプコンテスト」開催 小・中・高校生が対象
最新情報をチェックしよう!
WRITER