LINE

LINE、有料オンラインライブを開始へ 販促・配信・課金まで一元化

LINEが今夏より、有料オンラインライブ「LINE LIVE-VIEWING」を提供することを発表しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

課金アイテムによるアーティストの応援にも対応

新型コロナウイルスの流行により、ライブ・コンサート、握手会、ファンミーティングなどが相次いで中止・延期しています。
オンライン上での開催が余儀なくされている一方で、オンラインでのライブ開催や収益化を模索する企業・アーティストも多く、現在の環境に合った新しいビジネスモデルが必要とされています。

「LINE LIVE-VIEWING」では、チケット購入・販売促進配信・ライブ配信・課金までオンラインで行うことができ、ブラウザの高画質配信にも対応。
音楽ライブはもちろん、トークライブや握手会など、さまざまなジャンルのイベントで活用することができます。

また、イベント当日の朝にLINE公式アカウントを通じてプッシュ通知を送るなど、LINEの各サービスと連携したプロモーションにより、ライブ視聴を促進・拡散することもできます。

プランは配信機材を自身で用意する無料の「セルフ配信プラン」、LINEの専用スタジオや2〜3カメ・スイッチング・配信、アコースティック演奏を含めた20〜30万円(機材・人件費込み)の「配信スタジオプラン」、そしてスタジオ、カメラ、スイッチング、配信まで任せられる別途見積もりの「お任せプラン」の3つを用意。

なお、サービス開始に伴い本日5月28日(木)〜6月30日(火)までの申し込みで、販売手数料率が0%となるキャンペーンが開催されています。

視聴者は「LINE LIVE-VIEWING」において、ライブ配信中にアーティストの会話に参加したり、課金でオリジナルの応援アイテムを送ることができ、従来の一方的に映像を流すライブ配信ではなかなか味わえない「一体感」「非日常感」をオンラインで体感できるようになっています。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。