mercari(メルカリ)

フリマアプリ、約4人に1人が100円以下の利益で出品 メルカリが調査

フリマアプリ「メルカリ」を提供するメルカリが、全国のフリマアプリの利用者1,030名を対象に「100円以下の利益でフリマアプリに出品する利用者」に関する意識・実態調査を実施しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

7割以上「売れると承認欲求満たされる」


フリマアプリへ出品している利用者の22.0%は、「3回に1回以上」の頻度で100円以下の利益で出品をしていると答えました。
男女別で見た場合は男性は36.7%・女性は63.3%となっており、特に女性において傾向が高いことがわかりました。


少額取引を行う理由では「不要品を処分するため」が最多で73.6%を占めており、続いて「捨てることがもったいないため」、「お金を得るため」があがりました。


全回答者の7割以上は商品が売れた時に「嬉しい・楽しい」と感じ、少額取引利用者の63.6%は「使えるモノを捨てる罪悪感がなくなるから」といった理由をあげています。
同回答は、高額取引利用者と比べると23.9%の意識差がありました。


少額取引利用者の59.8%はフリマアプリでの商品販売に「ハマっている」と答えており、高額取引利用者と比べ意識差は17.3%だといいます。


全回答者のうち70.3%は「フリマアプリで自身が出品した商品が売れること」、55.7%は「自身のSNS投稿にコメントが入ること」で承認欲求が満たされると回答。
高額取引利用者と比べ意識差は14.6%でした。


全回答者のフリマアプリ利用後の意識・行動の変化では、53.3%が「身の回りの売れるモノを探すようになった」、48.0%が「売ることが楽しくなった」、34.8%が「売ることを意識して購入し大切に扱うようになった」と答えています。

メルペイについて詳しくはこちら

今なら決済手数料が0%、さらに決済金額の5%がキャッシュバック

メルペイ加盟店お申し込みはこちら(無料)

最新情報をチェックしよう!
WRITER
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。