mercari(メルカリ)

メルカリ、7月2日でサービス開始から7周年 本、ゲームなどインドアカテゴリのシェア増加

メルカリが7月2日(木)、サービス開始から7周年を迎えました。これを記念し、1年のあゆみを振り返る「メルカリ サービス開始7周年」インフォグラフィックスを作成し公開しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

メルカリ教室、梱包資材などオフラインに注力した2019年

カテゴリー別シェアでは、これまで「レディース」を中心としたファッションカテゴリーの構成比が高かったものの、この1年で本・ゲーム・おもちゃといった商品を含む「エンタメ・ホビー」カテゴリーが最も高い構成比となりました。
ライフスタイルの変化により、インドア向けのカテゴリーが拡大したとみられています。


取引ブランドランキングのトップ10では、買われている・売られているブランドともに3年連続で「ユニクロ」が1位となりました。
ほかにも「ジーユー」「ザラ」といったファストファッションや「シャネル」「ルイ・ヴィトン」といったハイブランドなど、多様なジャンルのブランドも目立ちました。


メルカリのサービス開始以来、最も高値で売れた商品は655万円のハリー・ウィンストンの指輪でした。


全国のスマートフォンユーザー3,285人を対象に実施した調査では、メルカリはフリマアプリおよびオークションサイトの中で、利用者数・使いやすさ・売れやすさすべてにおいてNo.1のサービスであることがわかりました。


また、メルカリは日本郵便との「つつメルすぽっと」実証実験、「メルカリ教室」提供開始、コンビニでのオリジナル梱包資材の販売開始など、2019年はオフライン施策に力を入れてきました。

オリジナル梱包資材の販売拠点数は全国4万拠点を超えており、月間販売枚数も100万枚を突破。
さらに、「メルカリ教室」の拠点数は333拠点に増加したほか、開催回数は4,800回以上・2万人近くが受講したといいます。また、新宿マルイ本館やららテラス 武蔵小杉に「メルカリステーション」をプレオープンするなど、オフラインにおけるさらなる接点強化を進めています。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。