世界初の焼肉用代替肉、イオンで販売開始へ

世界初の焼肉用代替肉、イオンで販売開始へ

代替肉製品を手がけるネクストミーツが、イオンリテールが運営する総合スーパー「イオンスタイル白山」において、焼肉用代替肉「NEXTカルビ1.1」と「NEXTハラミ1.1」を2021年7月19日(月)より販売開始する。

ネクストミーツは「地球を終わらせない」を理念に、少しでも過剰な畜産を減らして気候変動問題の解決に貢献すべく、代替肉事業を展開。

2050年までに世界中のすべての肉を代替することを目指しており、日本だけでなく台湾、ベトナムなど海外10カ国以上にも進出している。

また、2021年3月にはテスラ、ビヨンド・ミートも選ばれた世界のVegTech企業21に、日本企業として唯一選出された。

今回、イオンリテールの店舗で販売開始する「NEXTカルビ1.1」「NEXTハラミ1.1」は、世界初の焼肉用代替肉であり、完全植物性の商品で動物性原料は一切含んでいない。

ネクストミーツの代表商品としても認知されており、2020年には焼肉チェーン「焼肉ライク」とコラボレーションし、前代未聞の取り組みとして話題に。2021年6月にはイトーヨーカドーの店舗でも販売がスタートした。

イオンスタイル白山では、冷凍食品コーナーにおいて本商品を販売予定だ。

ネクストミーツ

世界初の焼肉用代替肉、イオンで販売開始へ
最新情報をチェックしよう!
WRITER