VOD

  • 2020年2月25日
  • 2020年2月26日
  • VOD

最近はYouTubeなど、スマートフォンで動画を見ることが増えてきました。
そんな中話題になっているVODについてご存じでしょうか。VODとはビデオオンデマンドの略で、インターネット上で動画を配信するサービスのことです。
DVDを借りて見るというこれまでの習慣を大きく変えてしまう革新的なサービスなのです。ですが、料金が無料のものや有料で特別なサービスを提供しているものなどたくさんの種類があるので、どのVODにするか迷ってしまいます。
このページではVODの基本的な内容の紹介はもちろん、具体的なサービスの内容を一覧で紹介しますので参考にしてみてください。

目次

VOD(動画配信サイト)とは?


VODとはオンラインで動画を配信するサービスのことです。
国内外問わず映画やドラマ、アニメや音楽などさまざまな作品が配信されています。
VODには従来のDVDのレンタルサービスと違って、次のような魅力があります。

・お店に行く手間や延滞料金が発生しない
・どこでも好きな時間や場所で見られる

また、現在はさまざまな企業がVODのサービスを提供しています。
そのため各サイトがそれぞれ強みを出して、ジャンル別で品揃えの差ができたり、サイトオリジナルの番組を製作して他社との差別化を図っています。
利用する側からすると、面白い作品がたくさん見られると思うと、わくわくしてきますね。
これからVODについて詳しくご説明していきますので、参考にして楽しい動画生活を送ってみてください。

VOD(動画配信サイト)のメリット


ここではVODを利用するうえでのメリットを紹介していきます。

お店に行かなくていい

これまで家で映画やアニメを見るときは、わざわざDVDのレンタルショップに足を運んでいたと思います。当たり前ですが、返却するときはまたお店に行く必要がありました。また、レンタル期間中に借りた作品を見られずに延滞料金が発生するなんてこともしばしば。
VODを使うと、このような面倒な手間や問題を一気に解決することができます。

時間や場所を選ばず視聴できる

VODで動画を見るときは、見たい作品を選ぶだけですぐに見ることができます。
しかも、テレビだけでなくスマートフォンやタブレットなどでも使用することができます。
そのため、移動中や外出先などいつでもどこでも動画を楽しむことができます。

配信コンテンツ数が豊富

DVDのレンタル屋さんでは、店舗や地域によって品揃えに差があります。そのため、見たいと思った作品が見つからないことなどもよくありましたよね。
VODは、いつでもどこでも同じ品揃えのサービスを受けることができます。さらに、レンタルショップには置いていないような珍しい作品が配信されていることもあります。
掘り出し物の面白い作品が見つかるのも楽しみですね。

月額利用料金も安い

VODのほとんどのサイトでは、月額の費用に定額制を採用しています。
価格相場はおよそ500~1000円程です。
DVDのレンタルの価格相場が1枚あたり300円程度ですから、VODで月に2作品を見るだけでもお得に使うことができてしまうのです。

オリジナル作品も見れる

現在人気のVODサービスの中には、人気のドラマや映画を配信するだけでなく、オリジナル作品を製作し配信しているものもあります。
このコンテンツを見たいという理由でVODを選ぶ人も多くなってきています。
お試し期間でオリジナル作品が面白いと感じたら、そのサイトを選んでみてはいかがでしょうか。

VOD(動画配信サイト)のデメリット


VODを利用するうえでのメリットを紹介していきます。

ジャンルに偏りがある

昨今はたくさんの企業がVODのサービスを提供しています。
その中でそれぞれ配信している動画のジャンルや種類には偏りがあるのです。
事前にしっかり比較したとしても、自分に合うかどうかは使ってみないとなかなかわからないですよね。
そのため、ほとんどのサイトが無料のお試し期間を設けています。ぜひ一度サービスを使ってみたうえで自分に合ったサービスを選びましょう。

利用がないとき料金は発生する

DVDのレンタルをする場合は、見たい作品に対して都度お金を払う仕組みでした。
ですがVODでは、ほとんどのサイトが月額の費用に定額制を採用しています。
ですので、1本も作品を見ない月は損をしてしまうこともあるのです。
こういったことが起こる場合には、一度解約してしまうのも手段の一つになります。
VODでは年契約の縛りなどがない場合がほとんどです。
そのため、最初から使用頻度が低くなることが分かっていれば、都度解約することもできるのです。
あなたの生活スタイルによって柔軟に使っていくのが、無理なく楽しむためのコツかもしれませんね。

VOD(動画配信サイト)の利用料金と支払い方法について


VODの料金体系としては、ほとんどのサイトが月額定額制を採用しています。
さらに、月額定額制とPPV(ペイパービュー)と呼ばれる仕組みを兼ね備えたものも増えてきています。
その上で各VODサイトによってデビットカードや携帯電話のキャリア決済、PayPalなどのウォレット決済などがそれぞれ採用されていることがあります。

PPV(ペイパービュー)

PPVとは、配信作品の中の新作にレンタルという形で都度お金を払うという仕組みです。
支払い方法は、クレジットカードがメインになっています。

VOD(動画配信サイト)の対応端末(デバイス)


VODを見ることができる機器は以下のようになっています。

・スマートフォン
・タブレット
・PC
・ゲーム機(PS4)
・インターネット接続ができるスマートテレビ(android TVやApple TVなど)

VODの中には1つアカウント契約でたくさんの機器を登録できるものもあります。
お手持ちの機器でどれが使えるか、ぜひ確認してみてください。

VOD(動画配信サイト)をテレビで視聴するには?


VODをテレビで使う際は、スマートテレビというインターネットにつながったテレビが必要です。
では、従来のインターネットがつながらないテレビでは見られないのでしょうか。
実は、セットトップボックスをいう機器を使うことで見られるようになります。

セットトップボックス

セットトップボックスとは、さまざまな放送信号をインターネットから受信して、見られるようにする機器です。
この機器をテレビに接続することで、スマートテレビのようにVODを使うことができるようになるのです。
VODを受信できるセットトップボックスの代表的なものをいくつか紹介します。

・Amazon Fire TV Stick
・Chromecast
・U-NEXT TV
・dTV ターミナル

VOD(動画配信サイト)をホテルで利用するには


アパホテルなどのビジネスホテルを頻繁に利用する方はご存知かもしれませんが、備え付けのテレビにもVODのサービスが入っています。
このサービスも仕組みは一般的なVODサービスと同じですが、以下の点に違いがあります。

・宿泊時しか利用できない
・1日契約で1日500~1000円の高額な料金設定になっていること
・配信されている数か少なく、作品も旧作が多い

以上のようなことから、あえてホテルのVODサービスを利用するよりは月額定額制のVODサイトを利用する方がお得ですね。
VOD(動画配信サイト)に加入していれば、場所を選ばず種類豊富なコンテンツを楽しむことができるのでわざわざホテルでオプション料金を払わずとも利用することができます。

VOD(動画配信サイト)のおすすめ6選

Hulu(フールー)

利用料金月額933円(税抜)
動画本数60000本以上
支払い方法・クレジットカード
・キャリア決済
・PayPal
・Huluチケット(プリペイドカード)など
無料トライアル期間14日間
ダウンロード機能
(オフライン再生)
あり
PPV(ペイパービュー)なし
同時視聴不可

Hulu(フールー)はアメリカのウォルト・ディズニー・カンパニーが経営に参画しているVODです。もともと海外で始まったサービスなので、海外ドラマはVODサービスの中でもトップクラスの配信数です。
また、日本テレビが株主になっているので、ドラマやバラエティ、アニメなどの作品数も非常に豊富なのです。
配信動画は全てHD画質ですので、大画面で鑑賞するような方にもおすすめです。

Huluについて詳しくはこちら

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)

利用料金月額500円
年間プラン:4900円(月額換算408円)
動画本数50000本以上(見放題は10000本以上)
支払い方法・クレジットカード
・携帯決済
・Amazonギフト券
・パートナーポイントプログラム(JCBのOki Dokiポイント)
無料トライアル期間30日
ダウンロード機能
(オフライン再生)
あり
PPV(ペイパービュー)あり
同時視聴可能

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)はかの有名なAmazonが運営するVODサービスです。
見放題の作品数自体はそこまで多くはないですが、映画は国内外問わず有名作品はしっかり抑えられています。
さらには「バチェラージャパン」や松本人志の「ドキュメンタル」を筆頭に、大人気のオリジナル作品が多数配信されているのです。
そもそも、このVODサイトはAmazonのECショップのプレミアム会員特典として付随しているサービスです。
Amazonをたくさん利用する人ならECショップの送料無料などのお得な特典も受けることもできてお得です。

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)について詳しくはこちら

U-NEXT(ユーネクスト)

利用料金月額1990円(税抜)
動画本数170000本以上
支払い方法・クレジットカード
・キャリア決済
無料トライアル期間31日
ダウンロード機能
(オフライン再生)
あり
PPV(ペイパービュー)あり
(毎月1200円分のポイントがもらえる)
同時視聴可能

U-NEXTは非常に歴史のあるVODサイトで、USENグループの企業が運営をしています。UーNEXTの特徴は見放題の配信作品数がとても多いというところです。
過去の有名作品はもちろん、最新の作品の配信にも力を入れています。
また、コスパの良さも人気の理由の1つです。
毎月1200円分のポイントがもらえて、そのポイントを利用してレンタルで最新の作品を見ることができます。
さらに動画だけでなく、雑誌や漫画などもレンタルで楽しむことができるのです。
月額の費用は、他のVODサイトと比較すると少し高めに見えるかもしれません。もらえるポイント1200円分をふまえると実質は毎月790円ですので、他社サービスとあまり変わりありません。

dTV(ディーティービー)

利用料金月額500円(税抜)
動画本数120000本(見放題作品は約3000本)
支払い方法・クレジットカード
・キャリア決済(docomo回線契約ありの場合のみ)
無料トライアル期間31日
ダウンロード機能
(オフライン再生)
あり
PPV(ペイパービュー)あり
(毎月1200円分のポイントがもらえる)
同時視聴不可

dTVはエイベックス通信放送が運営している、音楽好きには特におすすめしたいVODサイトです。
なんといっても特徴は配信動画の本数です。
エイベックスが関わっているので、音楽のミュージックビデオやコンサート映像などが豊富に配信されています。
もちろん映画やアニメも豊富に配信されているので、色々な楽しみ方が可能です。
さらに、dアニメストアなど他のドコモのサービスを利用していれば、お得な割引も受けることができます。

FOD(フジテレビオンデマンド)

利用料金月額888円(税抜)
動画本数30000本以上(見放題作品は約5000本)
支払い方法・クレジットカード
・デビットカード
・キャリア決済
・ウォレット決済
無料トライアル期間1ヶ月間(amazonアカウントでの登録のみ)
ダウンロード機能
(オフライン再生)
なし
PPV(ペイパービュー)あり
(毎月500円分のポイントがもらえる)
同時視聴不可

FODはフジテレビが運営しているVODサイトです。
そのため、フジテレビで過去に放送されたドラマやバラエティなどがたくさん配信されています。
さらにはフジテレビの最新作の見逃し配信や、オリジナル番組も人気があります。
また、FODはAmazonや楽天といったECショップのアカウントでログインできるシステムを採用しています。
普段使っているアカウントで支払いができるので、新たにクレジットカードなどを登録する必要がありません。
この手間の無さも人気の理由の一つになっています。

Paravi(パラビ)

利用料金月額925円(税抜)
動画本数約10,000本
支払い方法・クレジットカード
・キャリア決済
無料トライアル期間14日間
ダウンロード機能
(オフライン再生)
あり
PPV(ペイパービュー)あり
同時視聴不可

パラビとはTBS、テレビ東京、WOWOW、日本経済新聞社、電通、博報堂DYメディアパートナーズの6社が設立し、プレミアム・プラットフォーム・ジャパン が運営するサービスです。
国内のTBS、テレビ東京、WOWOWのドラマやバラエティ番組もが充実していています。また、VODサービスの中でも珍しくビジネス系の番組も配信しているので、幅広い年齢層から人気のVODサービスです。
毎月500円分のParaviチケットが貰えるので、こちらを利用して対象のレンタル作品を見ることが可能です。

Netflix(ネットフリックス)

利用料金ベーシック:月額800円(税抜)
スタンダード:月額1200円(税抜)
プレミアム:月額1800円(税抜)
動画本数非公開
支払い方法・クレジットカード
・デビットカード
・キャリア決済
・プリペイドカードなど
無料トライアル期間なし
ダウンロード機能
(オフライン再生)
あり
PPV(ペイパービュー)なし
同時視聴スタンダード:2台まで
プレミアム:4台まで

Netflixはアメリカの企業が運営をしているVODサービスです。このサービスの特徴はなんといってもオリジナル番組の豊富さです。
全裸監督やテラスハウス、ストレンジャー・シングスなど、オリジナル作品が見たいという理由で契約する人が非常に多いのです。
また、たくさんのVODサイトの中で唯一英語字幕に対応しているので、英語を勉強したい人にもおすすめです。

VOD(動画配信サイト)の無料サイト

これまで月額定額制のVODを紹介してきましたが、実は無料で利用できるサイトもあります。
無料とはいえ、非常にクオリティの高いVODサイトばかりです。
いくつか紹介しますので、ぜひ利用してみてくださいね。

TVer(ティーバー)


TVerはテレビ番組の最新話を無料で配信するサービスです。
日テレ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビが共同で運営しています。
配信期間が決まっていて、地上波で放送後7日間は見逃した番組を手軽に見ることができるのです。
テレビ番組の録画をする必要がなくなるとても便利なサービスです。

AbemaTV


AbemaTVは映画やアニメの配信だけでなく、オリジナル番組も人気の無料VODサイトです。
ゲームチャンネルや釣りチャンネルといった専門性の高い番組も人気です。
AbemaTVは動画を選べる仕組みと、テレビのように番組表の時間通りに動画を流す仕組みを両方取り入れています。
番組を選ぶのが手間に感じる方にもおすすめです。

VOD(動画配信サイト)でアニメを見るならU-NEXTがおすすめ


たくさんアニメを見るのであれば、U-NEXTがおすすめです。去作品から最新の作品まで幅広いジャンルのアニメが配信されています。
毎月もらえるポイントを使えば最新のアニメ映画なども見られるので、ぜひ活用していきましょう。

VOD(動画配信サイト)で洋画・邦画を見るならAmazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)がおすすめ


VODのメインコンテンツと言っても過言ではない映画。映画を見るならAmazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)がおすすめです。
洋画や邦画どちらも有名どころは余すことなく配信されています。
またPPVを使えば、最新の人気作品もたくさん見ることができます。

VOD(動画配信サイト)で海外・国内ドラマを見るならHulu(フールー)がおすすめ


ドラマ作品をたくさん見るのであれば、Huluがおすすめです!
海外の企業が運営しているため、海外ドラマの配信数と更新頻度が非常に高いのです。
もちろん国内のドラマもかなりの数が配信されていますから、ドラマ全般に強いVODです。

VOD(動画配信サイト)で韓国ドラマを見るならdTVがおすすめ


女性に大人気の韓国ドラマをたくさん見るのであればdTVがおすすめです。
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」や「ピノキオ」など過去の大人気作品が見放題で配信されています。
さらに、古い作品だけでなく昨年放映されたばかりの作品も見ることができます。

VOD(動画配信サイト)で英語を勉強するならNetFlix(ネットフリックス)がおすすめ


英語を勉強したいのであれば、Netflixがおすすめです!
なぜなら、配信されている海外のドラマや映画に英語字幕をつけることができるからです。
英語上達のための練習方法なら英語の字幕がおすすめってよく言いますよね。
Netflixは海外のユーザーも多いので、ぜひこのサービスで英語をマスターして、海外の方と作品について語りましょう。

VOD(動画配信サイト)は洋画やアニメなど種類豊富!


VODについて詳しく紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
VODを使うことでDVDを借りて見るという手間がなくなって、これまで以上に映画やドラマを楽しむことができるようになります。
ただこれまで紹介したように、サイトごとに特徴とか強みがあります、そのため、あなたと相性が良いVODサイトを選ぶことが非常に重要です。快適で楽しいVODライフを送るためにも、ぜひこのページで紹介した内容を参考にあなたに合ったVODサイトを見つけてくださいね。

CATEGORY

VOD

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。