dTV

dTVの登録方法とは?知っておきたいメリット・デメリットから使い方までを紹介

  • 2020年3月12日
  • 2020年3月17日
  • dTV

ここ数年で、Google ChromecastやFire TVなどの動画ストリーミングデバイスが広がったことにより、好きな時間に好きなコンテンツを見る形が主流になってきました。

その流れの中核を担っているのが、ビデオオンデマンドサービスであり、国内外を含めて数多くのサービスが展開されています。

この記事では、数多くあるビデオオンデマンドサービスの中から、圧倒的な作品数を取り扱っているdTVを取り上げて、概要から登録方法までを解説します。

dTVについて詳しくはこちら

dTVとは


dTVとはエイベックス・グループが運営を担当し、NTTドコモが提供している日本の動画配信サービスを指します。
NTTドコモが提供していますが、携帯電話がドコモユーザーでなくても登録可能です。

配信動画数は12万本以上であり、映画・ドラマ・アニメの他にも、コンサート映像やカラオケまで楽しめます。
31日間の無料お試しキャンペーンも行われており、サービス初心者の方もお試しで利用することが可能です。

dTVのメリット・デメリット


ここまでは、dTVの概要について簡単に説明しました。
次に、dTVのメリット、デメリットをいくつか解説します。

ワンコインで利用可能!料金の安さは業界最安値

dTVの大きな特徴は、動画配信サービスの中でも圧倒的な月額料金の安さです。
例えば、作品数が業界最大のU-NEXTは月額1,990円(税抜き)、Huluでは月額933円(税抜き)であるのに対して、dTVは月額500円(税抜き)で利用できます。

この圧倒的な値段設定が、dTVの一つの大きな魅力と言えるでしょう。

圧倒的なラインナップ

dTVの強みはとにかくラインナップが多い点です。
U-NEXTと比較すると、ラインナップの量は負けますが、月額500円という値段設定でこれだけのラインナップを楽しめるのはお得と言えます。

過去の作品では、「ターミネーター1」などの昔の作品まで網羅しており、どの年代でも幅広く受け入れられる動画配信サービスです。

オフライン視聴に対応している

dTVではスマホ、タブレット等のモバイル端末に配信されている動画をダウンロードして、オフライン環境で視聴することが可能です。Wi-Fiなどの通信環境が利用できない飛行機内などで長時間のフライト時間を過ごすのに、おすすめの機能と言えるでしょう。

他の動画配信サービスのオンライン視聴を見ると、「Hulu」「Netflix」はオフラインに対応していません。「U-NEXT」も一部の動画にしかオフライン視聴は対応していないため、dTVがこの点では優秀と言えます。

同時再生はできない

他の動画配信サービスで利用できる機能の中に、複数端末で同時に再生することができるサービスも存在します。
しかし、dTVでは複数端末で同時に再生することはできません。

再生に使用できる登録台数が5台までになっていることから、この点は気を付けましょう。

dTVの登録方法は簡単


ここまでは、dTVを他のサービスと比較した際のメリット・デメリットを解説しました。
低価格で多くのコンテンツを楽しめるdTVですが、次に、dTVに実際に登録する手順を解説します。

公式サイトから「31日間無料おためし」を選択

dTVの公式サイトにアクセスし、「31日間無料おためし」ボタンを選択します。

dアカウントを利用してログイン

dTVでは、dアカウントでログインを行います。
その為、dアカウントを所持していない場合は、新規発行でアカウントを作成する必要があります。

dアカウントは、ドコモの携帯回線を持っていなくても、作成可能です。

支払い情報を登録

実際にdアカウントでログインを行なった後は、支払い情報を登録します。
ドコモ携帯を所持している方は、携帯料金と合算で請求することが可能です。

ドコモ回線を所持していない方は、クレジットカードの支払い情報を入力します。

利用規約に同意する

支払い情報を入力した後には、利用規約と注意事項が表示されます。
内容をすべて確認した上で、「上記の利用規約/注意事項に同意する」にチェックを入れ、「申込みを完了する」ボタンを選択します。

手続き完了

利用規約に同意後、受付日時と受付番号が表示されます。
これらが表示されたら登録完了です。

dTVの使い方


ここまでは、dTVの登録方法について具体的に解説しました。
次にdTVの使い方などに焦点を当てて、解説します。

シンプルな操作で誰でも簡単!

dTVで動画を見る際に使うのは「早送り」「早戻し」「再生」「一時停止」の4つのボタンのみです。
画質調整などは、インターネット通信速度に合わせて調整してくれるため、細かな設定はユーザー自身で行う必要はありません。

具体的な動画の見方とは?

dTVでは以下の手順で動画を視聴することができます。

見たい作品を探す

トップページから注目作品を探したり、カテゴリを絞って見たい番組を探したり、自身にあった検索方法で見たい作品を探しましょう。

作品を楽しむ

見たい作品を選択した後は、見たいエピソードを選択します。
実際に再生ボタンをタップして作品を楽しみましょう。

関連作品をチェック

作品を見終えたら、同じ作品を見ている人たちに人気の関連作品が表示されます。
また、次に見たい作品があれば、「お気に入り」ボタンを押しておくと、次回からはメニューの「マイリスト」から検索不要で簡単に視聴可能です。

dTVの解約方法


ここまでは、dTVの動画の見方や楽しみ方について簡単に説明しました。
数多くある動画ストリーミングサービスの中で、まずは無料トライアルでdTVを利用して、他のサービスも試したいと感じている方は多いのではないでしょうか?

dTVの解約は以下の手順で行います。

スマートフォンから解約する

①ブラウザ版dTVにアクセスします。
②「メニュー」を選択します。
③「退会」を選択します。
④「利用規約に同意し解約する」を選択します。
⑤dアカウントIDとパスワードを入力してログイン
⑥「dTVの注意事項に同意する」にチェックを入れます。
⑦「次へ」を選択
⑧「手続きを完了する」を選択します。

パソコンから解約する

①ブラウザ版dTVにアクセスします。
②「アカウント」を選択します。
③「退会」を選択します。
④「利用規約に同意し、解約する」を選択します。
⑤dアカウントIDとパスワードを入力してログイン
⑥「dTVの注意事項に同意する」にチェックを入れます。
⑦「次へ」を選択
⑧「手続きを完了する」を選択します。

手軽な料金で始めやすい!dTVに登録しよう


この記事では、dTVの概要から登録方法までを詳細に解説しました。
dTVの魅力は何と言っても、料金の安さと圧倒的なコンテンツ配信数です。
初めてビデオオンデマンドサービスを使う方には、おすすめのサービスと言えるでしょう。

新生活に合わせて、dTVをお試しで始めてみるのもおすすめです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
お得なクーポンやキャンペーン情報から話題のキャッシュレス、スマホ決済、仮想通貨、信用スコアなど新時代の金融・投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信しています!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。