ヤマハ、立ち乗りの小型電動モビリティ「TRITOWN」実証実験を実施へ

ヤマハ発動機が7月13日(土)~8月11日(日)に新潟県長岡市「国営越後丘陵公園」で、フロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティ「TRITOWN(トリタウン)」の実証実験を実施します。

【PR】PayPay、新規登録でもれなく500円相当のPayPay残高をプレゼント

TRITOWNで「ラストワンマイルの移動をワクワク楽しい時間に」

TRITOWNはLMW(Leaning Multi Wheel/リーニング・マルチ・ホイール。モーターサイクルのように傾斜し旋回する3輪以上の車両)機構を備えているフロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティであり、体を傾けることで進む方向を調整することができます。「ラストワンマイルの移動をワクワク楽しい時間にする」というTRITOWNは「東京モーターショー2017」「CES 2019」でも出品されており、会場で大きな話題になりました。

今回実施する実証実験ではTRITOWNを用いて「国営越後丘陵公園」のガイドツアーとなり、サービスの有用性、集客性、商品性の検証を実施するとのことです。税込2,500円で「TRITOWN」に乗車することができ、免許制限なしで16歳〜69歳まで参加可能です。

ヤマハ発動機では2018年12月に2030年に向けた成長戦略として「ART for Human Possibilities」というスローガンを掲げています。今回はその中のひとつである「Transforming Mobility(モビリティの変革)」を目指す取り組み一環とのことです。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。