電動キックボードのシェアリング「LUUP」と東北大学が共同で実証実験へ

電動マイクロモビリティのシェアリング事業のLuupは、東北大学未来科学技術共同研究センター(NICHe)と電動キックボードインフラの構築と給電システムに関する実証実験を実施します。
実証時期は、8月から9月のいずれかの日程を予定します。

【PR】PayPay、銀行口座登録でもれなく1,000円相当のPayPay残高をプレゼント

東北大学と電動キックボードインフラの構築と給電システムの実証実験

「LUUP」は、2018年に設立されたベンチャー企業のLuupが運営する電動キックボードのシェアリングサービスです。
街中にある「LUUP」の電動キックボードはアプリ上で貸し出し・返却が可能であり、好きな場所から好きなタイミングで電動キックボードに乗ることができるようになっています。

今回、電動キックボードインフラの構築と給電システムに関する実証実験を実施する東北大学の青葉山キャンパスは、敷地が広く道が整備されているため、電動キックボードをはじめとする電動マイクロモビリティの走行に適しています。また本実証実験は、Luupとしては電動キックボードの安全な社会実装に向けたデータ収集を、東北大学としては最先端技術の応用可能性の探索を目的としています。

おすすめ記事

この記事に関連するタグ

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!