MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)

スマートバリュー、トヨタとソフトバンクの「MONETコンソーシアム」に参画 住民ID活用で最適な交通手段を提案

スマートバリューが、トヨタとソフトバンクが共同で設立したモビリティサービス企業であるMONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)の「MONET(モネ)コンソーシアム」に参画しました。

【PR】PayPay、銀行口座登録でもれなく1,000円相当のPayPay残高をプレゼント

GaaSを融合したモビリティサービス展開へ

スマートバリューではモビリティサービスにおいて、法人向け運行管理システム「CiEMSシリーズ」やテレマティクス保険(自動車のカーナビやドライブレコーダーから運転情報を取得し、料金を算出する保険)、シェアリングサービスなどを展開しています。法人向け運行管理システムは約16,600台以上の車両に導入されており、事故の削減や環境負荷の低減に貢献しています。
デジタルガバメントの分野では2019年5月より石川県加賀市において、ブロックチェーンを活用し行政サービスをデジタル化する住民ID基盤「GaaS(Government as a Service)」を開始しています。

スマートバリューはGaaS上で管理される住民IDに応じて最適な移動手段を提供し、地方の交通弱者へのサービス提供を推進するとしています。これにより、MONETコンソーシアムの目的である「移動における社会課題の解決や新たな価値創造」の実現を目指していくとのことです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!