MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)

WILLERとインテル子会社が協業 日本で自動運転タクシー・シャトル商用化へ

WILLERとインテルの子会社であるモービルアイが7月8日(水)、日本・台湾・ASEANにおけるロボタクシーソリューションを提供するため協業を発表しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

2021年より公道で実証実験

今回の協業により2社はそれぞれの強みを活かし、国内においてロボタクシーや自動運転シャトルの商用化を目指すとしています。

モービルアイは自動運転技術と自動運転車両の提供、WILLERは地域やユーザーに合わせたサービスデザインと、地域における規制要件やモビリティの管理、運行会社向けのソリューション開発を実施していきます。

2021年に国内の公道において、自動運転走行でのロボタクシーの実証実験を開始予定。
2023年には完全自動運転によるロボタクシーと自動運転シャトルのサービス開始、そして台湾やASEANにおいてもサービス展開を目指していくとのことです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。