バイクシェアリング

バイクシェアリングの利用料金はどれくらい?サービスごとに徹底比較!

バイクシェアリングサービスは自転車持っていないときに、少しだけ自転車を借りられるサービスとしてとても便利です。
そんなバイクシェアリングサービスは日本でも徐々に普及し始めており、サービスによって対応エリアや料金も異なります。

今回はバイクシェアリングサービスの料金設定やサービスごとの利用料金について詳しく紹介していきます。

バイクシェアリングサービスとは

バイクシェアリングサービスとは乗り捨てできる自転車を格安で利用できるサービスです。
乗り捨てできるといっても、どこでも自由に乗り捨ていいわけではなく、エリア内に設置されている専用駐輪場に停めて返却する必要があります。
ただし対応エリア内であれば専用駐輪場は数多く用意されているため、実質好きなところに乗り捨てることが可能です。

借りられる自転車も電動アシスト付きであることが多いため、坂道が多いエリアでもストレスフリーで利用できます。

バイクシェアリングの料金はどれくらい?

バイクシェアリングサービスは一つではなくたくさん存在します。たくさん存在するということはサービスにより利用料金も異なり、どのように料金が発生するのも違ってきます。

分単位レンタル

多くのバイクシェアリングサービスが対応しているのが分単位でレンタルできるサービスです。
1日レンタルと比べると無駄な料金が発生しないため、一番気軽に利用できる料金タイプです。
ただし分単位で借りられると言っても、

・1分単位
・15分単位
・30分単位

というようにサービスによって異なります。
それだけでなく、最初の30分は〇〇円、延長は15分単位というように利用料金が加算されるタイミングが途中から変わってくることもあるので、サービスごとの料金設定の確認しておくことは大切です。

1日レンタル

観光などで1日間自転車を利用する場合は、1日レンタル対応のバイクシェアリングサービスを使うのがおすすめです。

短時間での利用だと損してしまう代わりに、利用料金を分単位や時間単位に直すと非常にお得になるケースがほとんどです。
一般的なバイクシェアリングサービスの場合、分単位に直すと1~2円/分という料金で利用できることも多いため、1日使う場合は分単位で借りるよりも1日レンタルしたほうが良いでしょう。

ただし24時間レンタルと1日レンタルは異なるため注意が必要です。
1日レンタルの場合は利用日毎に料金が発生するため、当日22時にレンタルして、翌日2時に返却した場合、利用時間は4時間しかありませんが、2日間レンタル扱いとなるため、かなり無駄な費用が発生してしまいます。

それに対して24時間レンタルの場合は借りた時間から24時間レンタルとなるため、夜に借りて次の日の夕方に返却するという使い方が可能です。

月額利用

月額プランを提供しているバイクシェアリングサービスもあります。
毎日のようにバイクシェアリングサービスを利用する場合にはかなり便利ですが、完全無制限に借りられるわけではありません。

月額プランでは「最初の30分のみ無料。以降30分毎に〇〇円」ということが多く、1回の利用時間が30分以上だと結局追加料金がかかってしまいます。

頻繁に利用する場合であれば1回あたり30分無料のメリットがあるためお得になりますが、そうでない場合は損してしまう可能性があるので、一ヶ月あたり何回ぐらい利用するのか考えてから月額プランを検討するならおすすめです。

ただし、複数の駐輪場経由して1回のレンタル時間を30分以内に抑えられれば延長料金が発生しないというコツがあるため、少しでもお得に利用したい場合は駐輪場の場所を把握しておくといいでしょう。

それではここからは料金帯別でバイクシェアリングサービスをまとめて紹介します。

分単位で借りられるバイクシェアリングサービス

 料金(1分あたり)最低利用時間
メルチャリ4円1分~
バイクシェアサービス5円~30分~
HELLO CYCLING4円30分~
PiPPA3円~15分~

分単位で借りたいのであればメルチャリがおすすめです。1分あたりの料金で言うと、この表の中ではPiPPAが一番安いですが、15分切り上げで料金が計算されるため、5分しか使わない場合でも15分相当の料金が発生します。

メルチャリであれば5分使ったら5分だけというように無駄な料金が発生しない仕組みになっているため、短時間での利用であればメルチャリがおすすめです。

1日単位で借りられるバイクシェアリングサービス

 料金(1日あたり)
バイクシェアサービス1500円
COGICOGI2400円
HELLO CYCLING1000円~
PiPPA300円~

一日単位で自転車を借りられるバイクシェアリングサービスも多いです。
その中でもずば抜けて安いのがPiPPAです。PiPPAは1分ごとの料金に直すと1円未満であり、非常にお得です。

さらに借りた時間から24時間レンタルという形になるため、レンタル中に日をまたいでも2日分の請求されることはありません。
日常的に利用する方向けに最大30日間のデイパス(3000円)が用意されているため、バイクシェアリングを常用することにとってとても便利なサービスです。
PiPPAは対応エリアによって多少利用料金にばらつきがあるものの、他のサービス比べると圧倒的に安いため1日利用したい場合はPiPPAがおすすめです。

月額プランでお得に利用できるバイクシェアリングサービス

 料金(1ヵ月あたり)備考
バイクシェアサービス2000円1回の利用時間が30分以内なら無料
以降30分毎に100円の追加料金が発生
PiPPA1500円~1回の利用時間が30分以内なら無料
以降30分毎に100円の追加料金が発生

月額プランを提供している有名なバイクシェアリングサービスはドコモのバイクシェアサービスとPiPPAです。

どちらも月額プランに加入したからといって無制限に乗り放題になるわけではなく、1回のレンタルにつき最大30分まで無料となる仕組みです。
そのため40分使った場合、最初の30分は無料化されますが残りの10分は延長料金の加算対象となるので覚えておきましょう。

自分に合ったプランでバイクシェアリングサービスを選ぼう

ちょっとした片道移動であれば分単位でレンタルできるサービス、観光などで1日中使える自転車が欲しい場合はデイパス対応サービスというように、自分に合ったバイクシェアリングサービスを選ぶことが大切です。

ただし自分に合ったプランがあるサービスといっても、利用したい地域に対応していないと全く利用できないのがバイクシェアリングサービスのデメリットです。
ですので、自分が使いたいエリアに対応しているバイクシェアリングサービスを見つけて利用してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。