カーシェアリングは乗り捨てできる?予約方法や使い方を紹介
カーシェアリング

カーシェアリングは乗り捨てできる?予約方法や使い方を紹介

カーシェアリングはお得で便利なサービスですが、「アプリを使用しての予約は難しそう」「仕組みや使い方がよく分からない」という意見も多いようです。
そこでこの記事では、そんなカーシェアリング初心者のお悩みを解決します。

カーシェアリングについて詳しくはこちら

カーシェアリングとは

カーシェアリングとは新しい車の利用方法の一つです。マイカーを所有したりレンタカーを利用するといった方法とは違い、自分で所有しないので駐車場代や維持費が必要ない、レンタカーよりも短い時間から気軽に使えるといった特徴があります。

料金の安さと利便性の高さが魅力なため年々利用者数が増加中です。

カーシェアリングの仕組み

カーシェアリングは、次のどちらかの関係で成り立っています。

・サービスを提供する会社が所有している車を貸す
・一般ユーザー(車のオーナー)が車を貸す

双方の都合が合えば、サービス利用者は好きな車を好きな時間だけ料金を支払って借りることが可能です。

基本的に料金はサービス利用会社に支払いオーナーが個人の場合は会社から金額が振り込まれます。また、利用予約時に1日自動車保険の申し込みがされる仕組みのため自分で保険加入をする手間もありません。

カーシェアリングの一般的な使い方

カーシェアリングの一般的な使い方を説明します。サービスによって多少の違いはありますが概ね以下の流れです。

事前に入会をする

カーシェアリングを利用するには、事前に入会が必要です。何も個人情報を知らない相手に車を貸すことはリスクがあります。最低限の個人情報の登録や、料金の引き落としに必要なクレジットカードの情報も入力しておきましょう。

使いたい日時と利用時間を指定して予約

アプリやWebページから使う日時と利用時間を指定します。パックを指定した場合、時間内に返却できなければ延長料金が発生する可能性があります。そのため、余裕を持って指定するのがおすすめです。

希望車種や、保険加入の有無を選択

日時と利用時間を決めたら車種や保険加入の有無を選択しましょう。サービスによっては、車を先に選ぶこともできます。とくに個人間でカーシェアリングを行うサービスの場合は、乗りたい車を先に選択するのが一般的です。

保険については次の2種類があります。

・自動で申し込みされるサービス
・自分で加入の有無を選ぶサービス

自動車の保険は、万が一自己負担となると大変高額の支払いが必要です。車を利用する人は加入しておく方が無難だと言えます。

乗る前に傷やヘコミをチェック

車のあるステーションもしくは、受け渡し場所についたら車に傷やヘコミがないかチェックしておきましょう。

貸してくれる相手がいれば一緒に確認しておいて、できれば写真を撮っておくと安心です。そうすれば万が一返却後に、元からあった傷の指摘をされても証明できます。

カードやスマートフォンをかざして解錠

ステーションにある予約した車は、専用のカードかスマートフォンをかざすことで鍵を開けられます。乗り込んだら、あとは普通の車と同様の操作ができます。

同じステーションに返却

車を利用したあとは、同じステーションに返却しましょう。後日、指定したクレジットカードから利用料金が引き落としされます。

カーシェアリングで乗り捨てはできるのか

カーシェアリングでは、基本的に乗り捨て(別のステーションへの返却)ができません。レンタカーでは可能な場合がありますが、今のところカーシェアリングでそういったサービスは一般化していません。

ただし、現在実験的に乗り捨てができるTimes Car Plus × Ha:moという企画が実施されています。

超小型のCOMSという車種で、都内7区に20以上のステーションのどこにでも返却可能というもの。

海外ではすでに成功例があり、日本でも上手くいく可能性は充分にあります。乗り捨てサービスが普及すれば、さらに快適に利用できるようになるでしょう。

カーシェアリングの意外な使い方

カーシェアリングは、通常では車を運転するために利用されますが、中には変わった使い方をしている人もいるようです。

休憩・仮眠・車中泊

よくある使い方としては、寝床代わりにするというもの。カーシェアリングのステーションは立地も良いことが多くよく目につきます。

とくに都内などでは、街中で休みたいのにカフェが混雑しているということも。そこで気軽にゆったり休めるとしてカーシェアリングの車内で休む人もいるそうです。

実際、急な雨や終電を逃したときなどにも便利に使うことができます。

着替えやコインロッカー代わり

街中で着替えをしたいときや荷物を預けたいときにも、カーシェアリングが重宝します。車内であれば人目もある程度は気になりませんし、複数人で利用すればコインロッカーよりも収納できて安いということも。

電話をするため

カーシェアリングの車を電話するときに使うという人もいるようです。確かにうるさい場所では電話をかけるのに適していません。快適で静かな車内で落ち着いて話す方が良い場面もあるでしょう。

カーシェアリングのお得な使い方


カーシェアリングの車は基本的に予約の数分前(5〜15分前)から解錠することができます。課金は利用開始時刻からなので、実は予約前の数分間は無料で使用可能です。15分単位で料金の掛かるカーシェアリングを数分無料で利用できるのは、とてもお得だと言えます。

カーシェアリングを利用してみよう

カーシェアリングの基本的な使い方や仕組みなどについて解説しました。難しくなく、誰にでも利用できることがご理解頂けたのではないでしょうか。

車を所有する、レンタカーを利用するのとは異なるカーシェアリングには、料金の安さや利便性の高さといったメリットがあります。

ぜひ、使いこなしてカーシェアリングの良さを体感してみてください。

カーシェアリングは乗り捨てできる?予約方法や使い方を紹介
最新情報をチェックしよう!