DiDi(ディディ)

タクシー配車DiDi、経費精算・管理クラウド「Concur Expense」を導入

12月7日(土)より、DiDiのアプリ内決済を利用すると利用明細と電子領収書が「Concur Expense」に自動で入力されるようになりました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

経費精算の時間が短縮され業務効率化に繋がる

DiDiのアプリでログイン時に「Concur Expense」と連携させ、アプリ内決済のビジネス利用を選択させることで、「Concur Expense」に自動的に情報が送られます。

これにより、経費精算の際にタクシーの乗車区間や金額、日付などを入力する必要がなくなるため経費精算にかかる時間が大幅に短縮され、業務効率化に繋がります。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
お得なクーポンやキャンペーン情報から話題のキャッシュレス、スマホ決済、仮想通貨、信用スコアなど新時代の金融・投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信しています!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。