Uber、空飛ぶタクシー「Uber Air」提供開始

Uber Technologiesが7月9日(火)より、新サービス「Uber Air(ウーバーエア)」の提供を開始しました。

【PR】PayPay、新規登録でもれなく500円相当のPayPay残高をプレゼント

Uberの「空飛ぶタクシー」が登場

「Uber Air」はヘリコプターを利用した移動サービスであり、ケネディ空港とロウアー・マンハッタンの間で展開されています。Uberによると、「Uber Air」を利用することで車で最大2時間かかっていた移動時間を30分まで短縮できるといいます。なお、ケネディ空港とロウアー・マンハッタン間の移動時間は約8分とのことです。

利用料金は200ドル(約21,790円)。ポイントプログラム「Uber Rewards」で「プラチナ」「ダイヤモンド」ランクであるユーザーが「Uber Air」を利用できます。

また、オーストラリア・メルボルンにおいても2023年に「Uber Air」のサービスが開始される予定です。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。