Uber(ウーバー)

Uber、空飛ぶタクシー「Uber Air」提供開始

Uber Technologiesが7月9日(火)より、新サービス「Uber Air(ウーバーエア)」の提供を開始しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

Uberの「空飛ぶタクシー」が登場

「Uber Air」はヘリコプターを利用した移動サービスであり、ケネディ空港とロウアー・マンハッタンの間で展開されています。Uberによると、「Uber Air」を利用することで車で最大2時間かかっていた移動時間を30分まで短縮できるといいます。なお、ケネディ空港とロウアー・マンハッタン間の移動時間は約8分とのことです。

利用料金は200ドル(約21,790円)。ポイントプログラム「Uber Rewards」で「プラチナ」「ダイヤモンド」ランクであるユーザーが「Uber Air」を利用できます。

また、オーストラリア・メルボルンにおいても2023年に「Uber Air」のサービスが開始される予定です。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。