デリバリー(宅配・配達)

デリバリー・テイクアウトのmenu、ユーザー数が1月の12.5倍に

デリバリー・テイクアウトアプリ「menu(メニュー)」が、2020年1月から5月の対比でユーザー数が12.5倍に増加したことを発表しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

5月の新規申し込み店舗数は約17,000店舗に

「menu」はアプリから食べたいメニューの事前注文・決済ができるサービスです。

店舗で注文した商品が受け取れるテイクアウトに加えて、4月からはデリバリーにも対応。2019年4月のテイクアウト開始以降、サービスの拡大が進み2020年1月から5月の対比でユーザー数が12.5倍に増加しました。
さらに、5月の新規申し込み店舗数は約17,000店舗、2020年1月と5月の対比で約116倍を記録しました。

また、都心部を中心に展開していたデリバリーは急速にエリア拡大を進めており、6月17日(水)からは駒込、練馬、西日暮里、板橋などでもサービスが利用できるようになりました。
今後は全国展開も視野に入れており、ユーザー向けのキャンペーンも豊富に実施していくといいます。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。