BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク/PoS)とは?仕組みやメリット・デメリットを解説!

仮想通貨やビットコインについて調べたことがある方は、Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
Proof of Stakeは、仮想通貨の仕組みやルールのようなものなので、仮想通貨を利用するなら、ぜひ覚えておきたいところです。
今回は仮想通貨の重要ワード、Proof of Stakeについて詳しく解説します。

コンセンサスアルゴリズムについて

PoSを一言で表すと、コンセンサスアルゴリズムの一種になります。ブロックチェーンは、様々な仮想通貨に採用されていますが、全て同様の仕組みで動いているわけではありません。

その仕組みの根本となる部分がコンセンサスアルゴリズムで、日本語にすると合意の仕方というような意味を持っています。コンセンサスアルゴリズムは仮想通貨において非常に重要な仕組みです。

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)とは

PoSは、Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク/PoW)というコンセンサスアルゴリズムの欠点を補うものとしてスタートした経緯があります。
PoWは、ビットコインの仕組みとして有名ですが、簡単に説明すると計算量によって承認者を決定する仕組みです。

そのため、高い計算力を実現するための資本に左右されやすい傾向があり、特定の団体だけがマイニングによる利益を得やすくなっています。
この欠点を補うために、Proof of Stakeが開発されたのです。

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)の仕組み

PoSでは、計算量ではなく、コインの保有量や保有期間によって、マイニング報酬を得る権利が与えられます。
一見この仕組みではコイン保有量が多い特定の団体が連続でマイニング報酬を獲得しそうですが、一度マイニングに成功すると、マイニング報酬の権利を得るために必要な評価値が下げられるのでその点は心配ありません。
これにより、特定の人物が連続でマイニング報酬を得る問題点を回避しているのです。

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)のメリット

Proof of Stakeのメリットは、PoWに比べると、圧倒的に電気代を安くできる点です。PoWの電気代が高いというデメリットを解消するために、PoSは生まれたので、このメリットは当然といえば当然だと言えるでしょう。

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)のデメリット

PoSは、膨大な電力が必要というPoWの欠点を解消しましたが、富の再分配については問題点が改良されていないので、この点がデメリットと言えるでしょう。PoSの仕組みは、全て同じではないものの、基本的にはコインの保有量が重要になってきます。そのため、結局は、資本の大きさによってマイニング報酬の権利が決まってしまう傾向を払拭できてはいません。
また、コインの保有量や保有期間によってマイニングの承認権が決定してしまうので、コインの流動性の低下を招きやすいというデメリットもあります。

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)を採用する通貨は?

PoSを採用している仮想通貨の中で、日本で最も有名なのはLisk(リスク)でしょう。日本の取引所にも上場している通貨です。

また、ブロックチェーン上でSNSを構築する構想のSteemにも採用されています。
さらに、主要アルトコインとして知られるイーサリアムでは、PoWからPoSに移行するという構想も発表されています。

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)は保有量をもとに承認するアルゴリズム

日本では投資に関連する情報ばかりが注目されるので、仮想通貨が持つテクノロジーはあまり注目されることがありません。しかし、コンセンサスアルゴリズムはブロックチェーンの根幹を支える仕組みです。
これを機会にProof of Stakeについて、学んでみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP