JR東日本、常磐線で自動運転を初導入へ

JR東日本、常磐線で自動運転を初導入へ

JR東日本が2021年3月13日(土)より、自動列車運転装置(ATO)を常磐線で初めて導入することを発表した。

JR東日本でATO初導入

©JR東日本

JR東日本では鉄道の質的な変革の取組みとしてサービス、安全、保守、運行、環境など、さまざまな側面から「スマートトレイン」の実現を目指している。

今回導入される自動列車運転装置は、運転士が運転台の出発ボタンを操作することで、列車衝突などを確実に防止する「自動列車制御装置(ATC)」の信号の範囲内で、駅間の速度を自動制御するシステムとなっている。

JR東日本の路線における自動運転の導入は今回初。常磐線の各駅停車にて2021年3月13日(土)初電より、自動列車運転装置の使用を順次開始する。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
JR東日本、常磐線で自動運転を初導入へ
最新情報をチェックしよう!
WRITER