ホンダ、新型「レジェンド」は自動運転レベル3。高速道路の渋滞に対応

ホンダ、新型「レジェンド」は自動運転レベル3。高速道路の渋滞に対応

本田技研工業が、「Honda SENSING Elite(ホンダセンシングエリート)」を搭載した新型「LEGEND(レジェンド)」を、2021年3月5日(金)に発売する。

緊急時の停車支援にも対応

緊急時の停車支援にも対応

新型「LEGEND」に搭載された「Honda SENSING Elite」は、ホンダの車で展開されている安全運転支援システム「Honda SENSING」の中でも「Elite(精鋭・優れた技術)」の象徴として命名されている。

「トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)」は、特定の場所で自動運転を行う「レベル3」に適合。これにより、高速道路や自動車専用道の渋滞時に、システムがドライバーに代わって運転を行えるようになっている。

また、ドライバーがシステムからの操作要求に応じ続けなかった場合に、左車線へ車線変更をしながら減速・停車を支援する「緊急時停車支援機能」、ドライバーへ作動状態・走行状況・システムからの操作要求をわかりやすく瞬間的に認知させるインターフェイス「ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)」にも対応する。

価格は税込110万円で、100台の限定生産を予定している。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
ホンダ、新型「レジェンド」は自動運転レベル3。高速道路の渋滞に対応
最新情報をチェックしよう!
WRITER