シェアサイクルのCharichari、7月中旬より名古屋でサービス開始へ

シェアサイクルのCharichari、7月中旬より名古屋でサービス開始へ

neuetが提供するシェアサイクルサービス「Charichari」が7月中旬より、愛知県名古屋市でサービスを開始することが発表されました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

名古屋市内最大となる200台でサービス開始へ

​「Charichari」は2018年2月に福岡市でサービスを開始し、累計200万回以上・月間17万回以上利用されています。
2020年4月からは福岡市との共同事業として新たに採択され、現在は約280箇所のポートと1,200台以上の自転車で展開しています。

今回、名古屋市において「Charichari」のサービスが展開されることが発表されました。
名古屋市、笹島、栄などが対象エリアで、名古屋市内では最大規模となる自転車200台でサービスを開始するとのことです。

名古屋市では従来から「とめる」「走る」「利用する」の3点を重点政策とした放置自転車対策や走行空間づくりが進んでおり、豊富な駐輪スペース確保のほか、全国でも数少ない大都市中心部における豊富な自転車道・自転車専用通行帯が整備されています。

「Charichari」では「とめる」「走る」の次に求められる「利用する」に着目し、名古屋市内での本格的なシェアサイクルサービスとして展開していくとしています。

シェアサイクルのCharichari、7月中旬より名古屋でサービス開始へ
最新情報をチェックしよう!
WRITER