オイル交換の頻度や値段、おすすめサービスを徹底解説
  • 更新:2020.12.10
  • 投稿:11:35 AM

オイル交換の頻度や値段、おすすめサービスを徹底解説

車を安全に走行するために、エンジンオイルの交換は不可欠です。しかし、オイル交換はどんなタイミングでどこに依頼すれば良いのか、オイル交換をしないとどうなるのかなど、意外と知らないことが多いという方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、オイル交換はなぜ必要なのか、値段の相場や適切な頻度をはじめ、オイル交換についてさまざまな視点から紹介していきます。オイル交換におすすめのネット予約サービスについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

お得にオイル交換!今ならTポイントが貯まる

オイル交換とは?

オイル交換とは、車のエンジンオイルを交換することを言います。
エンジンオイルには、エンジン内のパーツを滑らかにする「潤滑作用」、オイルで隙間を埋め密封性を高める「密封作用」、エンジン内部が高温になりすぎることを防ぐための「冷却作用」、燃焼によって発生した汚れを洗浄する「洗浄作用」、エンジンの金属面が水滴や酸素などと直接触れ合うことを防ぐことで錆びの発生を防ぐ「防錆作用」という5つの大切な役割があります。

また、エンジンオイルはエンジン内を循環しているため、基本的には減ることがありませんが、エンジンブレーキをかけた場合など、オイルがガソリンと一緒に燃えてしまうことがあります。そのため、長く車に乗っていると、エンジンオイルは少しずつ減少していくのです。
エンジンオイルが規定量よりも減ってしまったり、汚れがひどくなったりすると、5つの役割を十分に果たせなくなってしまい、エンジンにトラブルが起こることがあります。

安全に車を走行するためには、必ず定期的にオイル交換を行いましょう。

オイル交換にかかる値段はいくら?

オイル交換の値段は、エンジンオイルの値段+工賃で決まりますが、エンジンオイルの値段は1,000円以下のものから1万円を超えるものまで、オイルの種類や性能によって異なります。

ここでは、エンジンオイルの種類や特徴、工賃の相場を紹介します。オイル交換にかかる値段の目安として把握しておきましょう。

化学合成油の値段や特徴

エンジンオイルの一種である化学合成油は、オイルの純度が高く、値段も高めのオイルです。
化学合成油の値段はメーカーや種類によって異なりますが、5,000円~10,000円くらいの価格帯のものが多いでしょう。

化学合成油には、冬でもエンジンの始動が良い、オイルが劣化しにくいなどの特徴があります。ただし、車種によって化学合成油のエンジンオイルが使用できない車がありますので、自分の乗っている車に適合するエンジンオイルの種類を確認しておきましょう。

鉱物油の値段や特徴

鉱物油の特徴は、エンジンオイルの種類の中で最も値段が安いことです。2,000円~4,000円くらいの価格帯のものが多いでしょう。

化学合成油と比べると耐熱性能や酸化に弱く、エンジンの始動性や燃費などは劣ります。しかし、適切な頻度でオイル交換をしていれば支障が起きることはありませんし、値段が安いため気軽に手に入れやすいオイルです。

部分合成油の値段や特徴

部分合成油とは、化学合成油と鉱物油をブレンドしたオイルです。値段も、化学合成油と鉱物油の中間くらいの価格帯のものが多くなっています。

化学合成油と比較すると安定性や耐久性は若干劣りますが、性能的にも値段的にもバランスがよく調整されているため、使いやすいのが特徴です。

オイル交換にかかる工賃の相場

オイル交換にかかる値段は、一般的に工賃込みで3,000円~6,000円くらい、工賃だけの値段は500円~1,000円くらいが相場となるでしょう。
オイル交換の値段はどのエンジンオイルを選ぶかによって変わってきますが、高いエンジンオイルを使えば必ずしも車の性能が上がるというわけではなく、車によって適合するエンジンオイルの種類は異なります。

また、オイル交換の工賃は、どこで依頼するかによって変わってきます。ディーラーにオイル交換を依頼すると工賃が高くなる傾向にありますので、値段を安く抑えたいという方は、ガソリンスタンドやカー用品店で行うのがおすすめです。

関連記事

そろそろオイル交換をしたほうが良いかもしれないと感じている方にとって気になるのが、オイル交換にかかる値段ではないでしょうか。この記事では、車のオイル交換にかかる値段やネット予約と店舗予約の値段の違いについて紹介します。大切な車を快適な状態[…]

IMG
関連記事

オイル交換を初めて行うという方の中には、オイル交換の費用相場が気になるという方も多いのではないでしょうか。この記事では、オイル交換の費用相場やできるだけ安く抑えるコツについて紹介していきます。オイル交換は、ディーラーやガソリンスタンド、[…]

IMG

オイル交換の適切なタイミングや頻度

オイル交換の適切なタイミングや頻度は、前回のオイル交換からどれくらい経過しているか(期間)や、走行距離によって判断するのが一般的です。しかし、オイル交換の車の種類や使用状況によって、適切なタイミングは異なります。

そのため、以下を目安としておきながら、車の点検時などにオイル交換をすすめられた場合には、早めの交換を検討してみても良いでしょう。

軽自動車の場合

ターボ車であれば3,000kmまたは6ヶ月、ターボ車以外であれば10,000kmまたは6ヶ月が目安となります。

普通自動車の場合

ターボ車であれば、3,000kmまたは6ヶ月、ターボ車以外であれば10,000kmまたは6ヶ月が目安となります。

ディーゼル車の場合

3,000km~5,000kmまたは3ヶ月~6ヶ月が目安となります。

関連記事

オイル交換の必要性は理解していても、オイル交換のタイミングやどれくらいの頻度で行ったら良いかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、オイル交換の目安やタイミング、頻度について紹介します。また、オイル交換がネット予約[…]

IMG

オイル交換のやりすぎは車に良くない?

オイル交換をやりすぎると車に良くないという話を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
しかし、オイル交換の目安となる時期よりも前にオイル交換をしたからといって、それが原因で車が故障するようなことはありません。

しかし、オイル交換をやりすぎることで、余分な費用が発生してしまいます。オイル交換はやればやるほど性能が上がるというものでもありませんので、適切なタイミングで行うのがおすすめです。

関連記事

オイル交換をやらなくてはいけないという認識はあっても、オイル交換の適切な時期や、もし交換時期を過ぎてしまうとどうなるのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、オイル交換の適切な時期や、オイル交換の時期を過ぎてしま[…]

IMG

オイル交換をしないとどうなる?

オイル交換は、やりすぎても問題ありませんが全くしないのは問題があります。
オイル交換の目安となる時期を過ぎてしまったからといって、すぐにエンジンが故障したり、車が動かなくなってしまうなどのトラブルが発生するわけではありません。

しかし、車に異常がないからといってオイル交換をしないまま車を使い続けると、エンジンが始動しなくなってしまったり、エンジンが焼き付いて完全に使えない状態になってしまったりする原因になります。

エンジンの焼き付きとは?

エンジンオイルの交換をしないとエンジンが焼き付くという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
エンジンの焼き付きとは、エンジンが高温のため焼けてしまい、融けた部品がくっ付いてしまう現象のことで、エンジンオイルが正常な機能を果たさなくなったことが原因で起こる車のトラブルです。

エンジンオイルには、エンジン内部が高温になりすぎることを防ぐための冷却作用があります。しかし、エンジンオイルが汚れたり減少したりして冷却作用が正常に働かなくなってしまうと、エンジン内部の部品が融けてくっ付いてしまい、エンジンが停止してしまうのです。

エンジンの焼き付きが起こると、修理することが不可能なことが多く、修理ができない場合はエンジンを入れ替えなければならなくなります。エンジンの入れ替えには高額の費用が必要となり、修理代よりも新車を購入した方が安くなることもあるため、注意が必要です。

オイルランプの警告灯が点灯したら

エンジンオイルの量が規定量よりも減少したり、オイルの粘度が低下したりすると、車内にあるオイルランプの警告灯が点灯することがあります。

万が一、車の走行中にオイルランプの警告灯が点灯したら安全な場所を探してただちに車を停止させましょう。オイルランプの警告灯は、エンジンに大きなトラブルが起きていることを知らせています。オイルランプの警告灯が点灯したままの状態で走行を続けると、エンジンの焼き付きや、最悪の場合は車両火災が発生する可能性もあります。

安全な場所を見つけたら、車の速度を落とし、ただちに車を停止させます。高速道路では車を停止させることは原則禁止されていますが、車の走行が不可能になりそうな緊急事態が発生した場合は、車を路肩や路側帯に停止させて、ハザードランプや三角表示板、発煙筒などで後続車に注意を促しましょう。

車を安全な場所に停止させ、後続車に注意を促したら、ロードサービスなどに連絡して安全な場所で待機するようにしてください。

関連記事

オイル交換が定期的に必要だという認識はあっても、なぜオイル交換が必要なのか、オイル交換をしないとどうなるのかはよく分からないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、オイル交換をしないと車はどうなるのか、オイル交換が必要な理由につ[…]

IMG

オイル交換の所要時間はどれくらい?ネット予約だと早い?

オイル交換をできるだけ短時間で済ませたいという方には、事前のネット予約がおすすめです。
続いては、オイル交換にかかる所要時間の目安や、おすすめのネット予約について紹介します。

オイル交換の所要時間

オイル交換の所要時間は、カー用品店の場合は15分程度、ガソリンスタンドなどの場合は30分程度を目安にすると良いでしょう。

しかし、事前予約なしで店舗に行く場合、すぐに作業をしれもらえるかどうかは、混雑状況によって異なります。混み合っている店舗の場合、オイル交換にかかる作業時間以上に待ち時間がかかる場合もありますので、時間には余裕を持っておくようにしましょう。

ネット予約だと早い?

オイル交換を事前にネット予約しておくと、店舗での待ち時間を短縮することができます。
待ち時間がかからない場合、オイル交換の作業自体は15~30分程度で終わりますので、所要時間を短縮することが可能です。

雪予報のときは特にネット予約がおすすめ

いつもの年よりも早く雪が降る予報が出ると、冬用のスタッドレスタイヤへの交換を希望する方でガソリンスタンドやカー用品店は大変混み合います。

このような時期は、待ち時間が長くなるだけではなく当日の作業を断られてしまうこともありますので、特にネット予約がおすすめです。

関連記事

オイル交換は、定期的に行う必要があると分かっていても、忙しくてなかなか時間が取れないという方も多いでしょう。オイル交換にかかる実質の時間はそれほどかかりませんが、家から店舗までの移動時間や待ち時間を含めると、ある程度まとまった時間を確保する[…]

IMG

オイル交換はどこでするのがおすすめ?自分でできる?

オイル交換は自分で行うこともできますが、ディーラーや自動車修理工場、ガソリンスタンドやカー用品店などに依頼することもできます。手軽にオイル交換をしたいという方は、ネット予約を利用して業者に依頼するのがおすすめです。

続いては、オイル交換はどこでするのが良いのか、オイル交換ができる業者別に特徴を紹介していきます。

ディーラーでオイル交換をする場合

ディーラーでオイル交換を依頼すると、自社の車を熟知している整備士に作業をしてもらうことができるため、安心して任せられるというメリットがあります。また、オイル交換だけでなく、簡単な車の点検をしてもらうことができるのも嬉しいポイントです。

しかし、ディーラーにオイル交換を依頼すると、ガソリンスタンドやカー用品店よりも費用が高くなることが多いです。なぜなら、ディーラーでは純正のオイルを用いてオイル交換を行うため、エンジンオイルの値段自体が高くなるのです。また、その他の業者と比較すると、オイル交換の工賃も高くなります。

ただし、規定の回数分のオイル交換が無料になるディーラーのメンテナンスパックに加入している方は、ディーラーでオイル交換をした方がお得です。

修理工場でオイル交換をする場合

自動車修理工場では、ディーラーと同じく整備士に作業をしてもらうことができます。また、地元で営業している自動車修理工場があれば、縁を作っておくと、車で心配なことがあったときに気軽に相談ができるようになるでしょう。

しかし、自動車修理工場でオイル交換をする場合、修理工場によってはネット予約が使えなかったり、営業時間が短かったりすることがあるため、いつでも気軽にオイル交換が依頼できるとは限りません。
また、オイル交換の値段は修理工場によって異なりますので、できるだけ安く済ませたいという方は、事前に料金を確認しておくことをおすすめします。

ガソリンスタンドでオイル交換をする場合

ガソリンスタンドでは、給油のついでにオイル交換を依頼することができます。地域に関係なく店舗数も多いため、気軽に立ち寄りやすい点もメリットと言えるでしょう。

ただし、すべてのガソリンスタンドでオイル交換ができるわけではないため、オイル交換ができるかどうかは事前の確認が必要です。

カー用品店でオイル交換をする場合

カー用品店でもオイル交換を依頼することができます。カー用品店は、ディーラーや自動車整備工場などに比べて店舗数が多いため、自宅近くのお店が見つかりやすいでしょう。
また、大手カー用品店ではオイル交換のネット予約ができるため、土日や祝祭日など店舗が混み合うことが予想される日でも、事前にネット予約をしておくことでスムーズにオイル交換をしてもらうことができます。

多くのカー用品店では会員向けのサービスを提供しています。会員になるとオイル交換の工賃が無料になったり、ポイントが貯まって他のカー用品や安く購入できるようになったりと、お得な会員特典を利用することができるため、近くにカー用品店があるという方は、ぜひ利用してみてください。

ただし、事前の予約がないと店舗での待ち時間が長くかかることがありますので、カー用品店のオイル交換を利用する際は、ネット予約を活用しましょう。

自分でオイル交換をするときの注意点

オイル交換は自分でも行うことができます。自分でオイル交換をすれば、好きなタイミングでいつでも作業を始めることができますし、自分の好きなオイルを使用することもできます。

しかし、自分でオイル交換をする場合は、作業に必要な道具を揃えたり、汚れたオイル(廃油)を自分で処分したりしなければならないため、意外と手間がかかります。また、廃油の処分方法は自治体によって決まっているため、事前に処分方法を確認し、適切な処分を行いましょう。

関連記事

オイル交換に行く時間がない方やできるだけ安くオイル交換をしたい方の中には、オイル交換を自分でやれないかと考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、オイル交換は自分でできるのか、オイル交換は自分でやるのとネット予約[…]

IMG
関連記事

オイル交換を定期的に行う必要があるということは知っていても、どこでやれば良いのか、どんなサービスを選べば良いのかが分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、オイル交換はどこでできるのか、選び方のポイントや便利でお[…]

IMG

オイル交換の人気サービスを紹介

オイル交換の作業時間は15~30分程度ですが、待ち時間が長くなると時間がかかってしまうことがあります。待ち時間が長くなるとその分時間がかかりますので、ネット予約を利用して事前に予約をしておくと便利です。
ここからは、オイル交換のネット予約ができる人気のサービスを紹介します。

オートバックス

オートバックスでは、オートバックス ピットサービスまたはアプリを利用してオイル交換のネット予約ができます。
オートバックスは直営、FCを合わせて全国に560店舗以上ある大手カー用品店ですので、近くの店舗が見つけやすいでしょう。近くの店舗が見つかったら、作業内容、日付を選んで簡単にネット予約が完了します。

さらに、オートバックスでは、会員特典として、オイル交換の工賃が無料になるサービスも提供しています。オイル交換だけでなく、タイヤ交換やタイヤパンク修理の工賃が無料になったり、車の無料点検が受けられたりなど、さまざまな会員特典が利用できるのも人気の理由です。

オートバックスについて詳しくはこちら

タイヤ交換、オイル交換、車検ならTポイントも貯まるオートバックスがおすすめ!

イエローハット

オートバックスと同じく大手カー用品店のイエローハットは、全国に約700店舗あります。
イエローハットでは、イエローハット公式サイトにある「オイル交換を予約」からネット予約が可能です。
ただし、イエローハットは都道府県によって店舗の数にかなりの差がありますので、利用しやすい店舗が近くにあるかを確認してから予約するのがおすすめです。

出光昭和シェル(ガソリンスタンド)

ガソリンスタンドでオイル交換のネット予約がしたいという方には、出光昭和シェルのPit in +(ピットインプラス)がおすすめです。
ピットインプラスは、通常のネット予約だけでなく、オイル交換の当日予約が可能な店舗を検索することができるため、急いでオイル交換をしたい方におすすめです。

GooPit(グーピット)

グーピットは、全国の車整備専門店を検索することができるサイトです。
整備店の中にはネット予約限定の割引クーポンを発行しているところもありますので、お得にオイル交換したいという方は、ぜひチェックしてみましょう。

ただし、掲載されているすべての車整備専門店がネット予約に対応しているわけではないため、ネット予約に対応していない車整備専門店に予約をしたいときには、電話で予約の連絡をするようにしましょう。

関連記事

オイル交換は、ディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドや自動車整備工場など、さまざまな場所で行うことができるため、どこに依頼するとお得なのか、おすすめのサービスがあるのか知りたいという方も多いのではないでしょうか。この記事では、オイル交換[…]

IMG

オイル交換は安全な走行のために重要

車の安全な走行のために、オイル交換は欠かせません。ネット予約をしてスムーズに作業ができれば、オイル交換作業にかかる所要時間は15分~30分程度ですので、忙しい方でも隙間時間に行いやすいのではないでしょうか。

この記事で紹介したオイル交換のネット予約サービスを利用すれば、店舗での待ち時間がかからないだけでなく、お得な割引が受けられることもあります。オイル交換を検討中の方だけでなく、今すぐオイル交換が必要ではないという方も、オイル交換のネット予約サービスを活用して近くの業者を見つけておきましょう。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
CATEGORY

オイル交換