アジアのNFTアートの祭典、日本初上陸!リアル展覧会も開催決定

アジアのNFTアートの祭典、日本初上陸!リアル展覧会も開催決定

アジアで開催されるNFTの祭典「Crypto Art Week Asia(クリプトアートウィーク・アジア、以下CAWA)」が、2021年7月9日(金)〜7月17日(土)に日本でも開催されることが決定した。

CAWAは、シンガポールで誕生したクリプトアーティスト・ファーストを掲げるフェスティバル・展覧会。

バーチャルだけでなくリアルでも開催され、リアルは本拠地であるシンガポールを中心に、アジア各地のサテライト会場、バーチャルはアジア100箇所以上のバーチャル会場にて同期間に開催される。

今回、CAWAがシンガポール、韓国、中国に加え日本初上陸。東京と大阪の2都市を含む全5会場で開催されることが決定した。

参加クリエイターは、アジアを拠点とするクリプトアーティスト総勢300名の中から、日本在住または海外に居住地を置く日本人アーティストの中から選抜されている。

東京会場は2021年7月9日(金)〜7月17日(土)の期間中、渋谷区の「CIRCUS Tokyo」において、リアルイベント・NFTアート展覧会を開催。

リアルの会場では、NFTアートがデジタルアートフレームや実際の形で展示され、国内NFTプロジェクトによる特別トークプログラム、そして7月16日(金)にはクロージングイベントとしてスペシャルライブが開催予定だ。

また、会場内ではJPYCとの共催により、日本円ステープルコイン「JPYC」でドリンクを買うことができる体験スペースも展開する。

Crypto Art Week Asia in Tokyo

NFTを売買するならCoincheckがおすすめ!

コインチェック

\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
アジアのNFTアートの祭典、日本初上陸!リアル展覧会も開催決定
最新情報をチェックしよう!
WRITER