浮世絵師・葛飾北斎の「富岳三十六景」がNFTアートに

浮世絵師・葛飾北斎の「富岳三十六景」がNFTアートに

浮世絵のデジタル処理と所蔵を手がける映像作家の中田耕市氏とライブ・パブリッシングが、世界最高峰の浮世絵師である葛飾北斎の「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」のNFTアート化作品を、NOBORDER.zが開発するAR/VR対応のNFTマーケットプレイス「XANALIA(ザナリア)」にてリリースした。

「神奈川沖浪裏」などで有名な「冨嶽三十六景」は、1831〜34年に版行された葛飾北斎による富士図版画集。

今回リリースされた作品は葛飾北斎の世界初の公式NFTであり、中田氏が所蔵するデジタル静止画、中田氏がモーション処理を施した全46図で構成されている。

NOBORDER.z独自の28年におよぶ浮世絵画像修復で得た技術、著作権確保、古美術所有者とのネットワークを活かし、さまざまな版をスキャニングして修整・修復・改正されており、初版に最も近いデジタルアートとの評価を得ているという。

なお、作品はNOBORDER.zが開発するNFT仮想空間「XANA(ザナ)」のヴァーチャルミュージアムにも展示され、VRやスマートフォンで観覧できる予定だ。

NFTを売買するならCoincheckがおすすめ!

コインチェック

\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
浮世絵師・葛飾北斎の「富岳三十六景」がNFTアートに
最新情報をチェックしよう!
WRITER