LINE Blockchain、ZEPETOのNFT基盤技術に採用

LINE Blockchain、ZEPETOのNFT基盤技術に採用

LINEの暗号資産事業とブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、LINEが独自開発したブロックチェーン「LINE Blockchain」が、アジア最大のメタバースプラットフォーム「ZEPETO(ゼペット)」から販売されるNFTの基盤技術に採用されたことを発表した。

ZEPETOは、世界中で2.5億人以上のユーザーを誇るアジア最大のメタバースプラットフォーム。

2021年11月25日(木)より販売開始となる、ZEPETO WORLDにおける桜のデジタルデータ「ZEPETO WORLD 桜 1-12」は、ZEPETOが国内で初めて販売するNFTとなっている。

NFTの基盤技術には、LINEが独自開発したブロックチェーン「LINE Blockchain」が採用された。

NFTアイテムは専用のウォレットで取り扱う必要があるが、「LINE Blockchain」基盤のNFTはLINEのアカウントですぐに登録できる「LINE BITMAX Wallet」で保管できるため、ユーザーは簡単にNFTアイテムを取り扱うことが可能だ。

NFTを売買するならCoincheckがおすすめ!

コインチェック

\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
LINE Blockchain、ZEPETOのNFT基盤技術に採用
最新情報をチェックしよう!
WRITER