bitFlyer、次世代高速ブラウザのBraveと仮想通貨ウォレット領域で日本初提携

bitFlyer、次世代高速ブラウザのBraveと仮想通貨ウォレット領域で日本初提携

仮想通貨取引所のbitFlyerが、次世代高速ブラウザ「Brave」を提供するBrave Software,Incの子会社Brave Software International SEZCとの業務提携を発表しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

「Brave」ユーザー向けのウォレットを開発へ

「Brave」では、高速なブラウジングとバッテリーの節約が可能なブラウザであり、サイトや動画に表示される広告をブロックできる機能「Brave Shields」も搭載しています。
また、広告を閲覧することで仮想通貨「ベーシックアテンショントークン(BAT)」が獲得できる「Brave Rewards」も提供しています。

bitFlyerでは4月よりBATの取扱いを開始していますが、今回さらなる連携強化を目的とし、「Brave」のユーザー向けに仮想通貨ウォレット機能を共同開発していくとしています。

さらに、共同でマーケティング活動を開始し、仮想通貨及びブロックチェーン技術の更なる普及とユーザーの利便性向上を目指すとのことです。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
bitFlyer、次世代高速ブラウザのBraveと仮想通貨ウォレット領域で日本初提携
最新情報をチェックしよう!
WRITER