楽天ウォレット、仮想通貨の現物取引サービス開始 Android版アプリ先行配信も

楽天ウォレット、仮想通貨の現物取引サービス開始 Android版アプリ先行配信も

楽天ウォレットが本日8月19日(月)、仮想通貨の現物取引サービス開始を発表しました。また同時に、楽天ウォレットのAndroid版アプリの先行配信も開始しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

iOS版アプリも9月上旬配信予定

仮想通貨の現物取引サービスは7:00〜翌6:55まで、所定および臨時のメンテナンス時間をのぞいた時間で利用可能です。ビットコイン(Bitcoin/BTC)ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)イーサリアム(Ethereum/ETH)がそれぞれ日本円とペアで取引ができるようになっています。

現物取引サービス開始と同時に、Android版アプリの配信も開始されました。
アプリでは24時間365日、仮想通貨の購入・売却や暗号資産取引口座への日本円の入出金、暗号資産の入出庫の手続きが可能。ユーザーが預託している資産やリアルタイムでのチャート・レートの確認といった、仮想通貨の運用における便利な機能も用意されています。
なお、iOS版の配信は9月上旬を予定しているとのことです。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
楽天ウォレット、仮想通貨の現物取引サービス開始 Android版アプリ先行配信も
最新情報をチェックしよう!
WRITER