楽天ウォレットとは?使い方や評判、キャンペーン情報まで徹底解説
  • 更新:2021.07.28
  • 投稿:12:04 PM

楽天ウォレットとは?使い方や評判、キャンペーン情報まで徹底解説

楽天ウォレットは、ビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)の取引が行える販売所として注目を集めています。

この記事では、暗号資産取引の初心者でも簡単に始められる楽天ウォレットの特徴を紹介します。

楽天ウォレットとは?

楽天ウォレットとは?

楽天ウォレットとは、ネットショッピングやネットバンキングなどで有名な楽天グループが運営している暗号資産販売所です。

もともとは2016年12月に設立された「みんなのビットコイン」を楽天グループ傘下として運営していましたが、2019年4月から新サービスとして立ち上げた暗号資産取引業がこの楽天ウォレットです。

大手企業が運営する暗号資産販売所としての安心感や、楽天ポイントを使っての取引などさまざまな特徴に注目が集まっています。

運営会社楽天ウォレット株式会社
取引所or販売所販売所
取引手数料無料
出金手数料300円
取扱通貨5種類
通貨の種類BTC、ETH、XRP、LTC、BCH
取引方法現物取引、証拠金取引
最低購入額通貨により異なる

楽天ウォレットの手数料はいくら?

楽天ウォレットの手数料はいくら?
楽天ウォレットの使用における取引手数料は、基本的に無料となっています。
そのため暗号資産の取引においては、特定の手数料を気にせずに売買が可能です。

1日に複数回取引をする場合なども、コスト的な負担が少なくなる点がメリットになるでしょう。

一方で、楽天ウォレットは暗号資産の取引を企業と個人で行う「販売所」スタイルになっているため、スプレッドが比較的広く設定されています。

買値と売値に差額が発生するため、結果的にその差が実質的な手数料になると考えられるでしょう。

現物取引の手数料

楽天ウォレットにおける現物取引の手数料は次の通りです。

口座開設・管理手数料無料
現物売買手数料無料
日本円入金手数料無料(振込元金融機関の手数料は利用者負担)
日本円出金手数料300円
暗号資産入庫手数料無料
暗号資産出庫手数料0.001 BTC/0.01 ETH/0.001 BCH
解約手数料無料

証拠金取引の手数料

楽天ウォレットにおける証拠金取引の手数料は次の通りです。

口座開設・管理手数料無料
取引手数料無料
ロスカット手数料無料
建玉管理料0.00%(変更の可能性あり)
入金手数料無料(振込元金融機関の手数料は利用者負担)
出金手数料300円
解約手数料無料
関連記事

楽天ウォレットで暗号資産の取引をしたいけれど、手数料が気になっているという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、楽天ウォレットの手数料について解説します。口座開設、暗号資産取引、入出金などあらゆる手数料をチェックするので、ぜひ参考[…]

IMG
関連記事

暗号資産(仮想通貨)に注目が集まる中で、どこで取引すれば良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。最近では日本の多くの取引所で暗号資産を取引できるようになっており、特に楽天ウォレットのような新規サービスも続々と誕生しています。この[…]

IMG

楽天ウォレットの評判

楽天ウォレットの評判

楽天ウォレットを実際に使っている方は多く、ネットを中心にさまざまな評判が確認できます。

実際の評判を参考にすることで、楽天ウォレットの魅力を客観的に把握することが可能です。

良い評判

楽天ウォレットの良い評判としては、次のようなものが挙がっています。

楽天ポイントでビットコインを購入!

ポイントをビットコインに出来るの良いね!少しずつ積み立てよう

安心感がある!

楽天ポイントで元手がなくても暗号資産が購入できます。
二段階認証が面倒ではありますが、安心感があって良いと思います。

楽天ポイントで暗号資産を購入できる点や、二段階認証を用いたセキュリティ面に満足している評判が多いです。

楽天サービスで貯めた楽天ポイントをそのまま楽天ウォレット内で使えるため、元手がなくても暗号資産の購入ができます。

ローリスクに取引を始められることは、楽天ウォレットの魅力の一つです。

暗号資産はこれまでに流出などのトラブルが多々発生してきた歴史があるため、セキュリティ面も利用の際には重要視されます。

楽天ウォレットでは不正利用を防ぐために、ログイン、日本円出金、暗号資産出庫のときには二段階認証が必須となっているので、安心感を持って取引が行えるでしょう。

悪い評判

一方で、楽天ウォレットの評判のなかには悪いものもあります。
どのような点に不満を感じる方が多いのかも、チェックしておきましょう。

出金手数料がかかる

楽天ウォレットで楽天ポイントを仮想通貨にしてみたが、こりゃだめだ。スプレッドも条件悪いし、出金に300円手数料。
少額の楽天ポイントを抜くには適さないな。

スプレッドが広い

スプレッドが広いので短期間で利益出せない。FXのように売りから入れなさそう。
楽天ポイントで運用できるのは良いと思います。

これらの評判によると、暗号資産の取引時に発生するスプレッドの広さを不満に感じる方が多いようです。

スプレッドが広めだと、短期間で買って売るといったトレードがやりづらくなるでしょう。

レートの変動に合わせて細かく売買をしたい場合には、暗号資産をユーザー同士でリアルタイム売買ができる「取引所」スタイルのサービスを使うことがおすすめです。

一方で、楽天ウォレットのスプレッドの広さは、長期的な運用を前提にすることでそのデメリットを小さくできます。

暗号資産はボラリティが高いという特徴があるため、スプレッド幅以上の値動きが発生する機会も多くなると予想可能です。

余剰資金を長期間投資し続ける方法なら、スプレッドの広さがそこまでネックにならない形で利用できます。
使い方次第で不満を解消しやすいのも、楽天ウォレットの魅力です。

関連記事

楽天ウォレットは多くのユーザーを抱える暗号資産の販売所として、さまざまなサービスを提供しています。暗号資産取引に興味がある多くの方々におすすめできますが、「実際にどんな評判になっているの?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。そこで、[…]

IMG

楽天ウォレットでビットコイン取引をする方法

楽天ウォレットでビットコイン取引をする方法

楽天ウォレットで暗号資産の取引をする方法は、とても簡単な流れになっています。
暗号資産取引の初心者でも問題なく利用できるので、これから取引経験を積んでいきたいという方にもおすすめです。

ここからは、楽天ウォレットで暗号資産取引をする方法を解説します。
ビットコインを例にして基本的な流れを見ていくので、楽天ウォレットを使うときにはぜひ参考にしてみてください。

口座を開設する

楽天ウォレットでビットコインの取引をする際には、まず自分専用の口座を開設します。
楽天ウォレットの口座開設を行う流れは、次の通りです。

  1. 楽天ウォレットの公式ページで「口座開設はこちら」をクリック
  2. 楽天会員のIDとパスワードでログイン
  3. 各種交付書面に関する規定を確認し、チェックボックスにチェックを入れて「同意して次へ」をクリック
  4. 楽天ウォレットに登録するメールアドレスとパスワードを設定する
  5. そのほか、必要情報の入力を行う
  6. 本人確認を行う

楽天ウォレットの口座開設は、最短で即日に完了します。
スピーディーに暗号資産の取引を始めることができるので、現在のトレンドに乗りたい場合にも魅力です。

一方で、口座開設における審査は原則平日に行われているため、土日や夜に申し込みをした場合には翌日以降になる可能性もあります。

その他、確認すべき事項が発見された場合には電話やメールにて連絡が来る場合があります。

必要情報の入力時に不備があると確認が求められることがあるため、個人情報の入力は間違いのないように注意しましょう。

アプリをダウンロードする

楽天ウォレットの口座開設が終了したら、続いて専用アプリのダウンロードに進みます。

楽天ウォレットアプリはApp StoreやGoogle Playから、無料でダウンロードが可能です。

証拠金取引をする場合には、「楽天ウォレット Pro」のアプリをダウンロードします。

ダウンロード後は口座開設の際に登録したメールアドレスとパスワードを入力し、アプリにログインしましょう。

アプリにログインできないときには、次の理由が考えられます。

  • 口座開設が完了していない
  • 楽天ウォレットがメンテナンス中
  • 入力したメールアドレスかパスワードが間違っている
  • アプリ利用の推奨環境(iOS 11.0以上、Android 5.0以上)を満たしていない
  • これらの条件を確認したうえで、改めてアプリのログインをしてみましょう。

    楽天ウォレットアプリには、暗号資産取引をスムーズにする機能が多数備わっています。

    アプリの機能は次章で詳しく解説するので、合わせて確認してみてください。

    ビットコインを購入する

    ビットコインを購入するためには、まず日本円の入金を行います。
    楽天銀行口座との連携ができている場合、資産状況から入金をタップすることでリアルタイム入金が可能です。
    楽天銀行以外を使用する場合、楽天ウォレットアプリやマイページから「お客様専用振込口座」を確認し、各種ネットバンキングから振り込みを行います。

    日本円の入金後は、次の手順でビットコインの購入を行います。

    1. 楽天ウォレットのアプリにログインし、資産状況でビットコインを選択
    2. 「購入」をタップ
    3. 購入するビットコインの数値と日本円の金額を入力
    4. 概算レートを確認し、「次へ」をタップ
    5. 注文内容に問題がなければ、そのまま「購入」をタップ

    以上で、ビットコインを購入することができます。
    過去の取引履歴は、アプリの資産状況からそれぞれの暗号資産をタップすることで確認ができます。

    関連記事

    楽天ウォレットでは、手軽に各種暗号資産の売買を行うことができます。しかし、これまでに暗号資産(仮想通貨)の取引経験がない場合、どうやって売買をするのかイメージがしづらいこともあるでしょう。そこでこの記事では、楽天ウォレットでの取引方法を[…]

    IMG
    関連記事

    楽天ウォレットでは楽天ポイントを暗号資産(仮想通貨)に交換でき、楽天市場で買い物をする際に暗号資産を活用できるなど、さまざまな使い方ができます。取り扱われている通貨は現物取引3種類、証拠金取引5種類とそれほど多くありませんが、楽天ウォレッ[…]

    IMG

    楽天ウォレットアプリには機能が豊富

    楽天ウォレットアプリには機能が豊富

    楽天ウォレットアプリには、さまざま機能が備わっています。
    各機能を上手に使うことができれば、日常的な暗号資産トレードがさらにやりやすくなるでしょう。

    ここでは、特に魅力的な楽天ウォレットの機能を紹介します。

    ポイント交換機能

    楽天ウォレットでは、楽天ポイントを使って暗号資産の購入を行うことができます。

    楽天ポイントが貯まっている場合には、ポイント交換機能を使うことでコストをかけずに暗号資産取引が始められます。

    楽天ポイントと暗号資産を交換する手順は、次のようになっています。

    1. 楽天ウォレットのアプリにログインして「資産状況」をタップ
    2. 「ポイント交換」をタップ
    3. 「楽天ポイント」の画面で交換したい暗号資産をタップする
    4. 注文したい数量に合わせてポイントを入力して「次へ」をタップ
    5. 「注文内容」の画面で内容を確認し、「確定」ボタンを押す
    6. 注文が実行されたことを確認する

    楽天ポイントの交換に手数料はかからず、1ポイント=1円相当で利用できます。
    最低100ポイントの少額から利用できるので、お試しで交換してみることもおすすめです。

    楽天ポイントの交換には利用上限があり、楽天会員ランクごとに異なっています。

    ランク楽天ポイントの利用可能上限
    ダイヤモンド会員以外30,000ポイント/1注文
    100,000ポイント/1ヶ月
    ダイヤモンド会員50,000ポイント/1注文
    500,000ポイント/1ヶ月

    ダイヤモンド会員になっていない場合、利用できるポイントの上限が低くなるので注意が必要です。

    1ヶ月の利用上限はほかの楽天グループで使った分も含まれるので、トータルの利用分をチェックしておきましょう。

    また、期間限定ポイントや他サービスのポイントから交換した楽天ポイントは、暗号資産への交換に使えません。
    ポイントの種類によっては交換対象にならないことも、事前に確認しておきましょう。

    その他、楽天ポイントは日本円と併用して利用することはできません。
    楽天ポイントと日本円の注文はそれぞれ別で行う必要があるので、まとまった単位で暗号資産と交換したいときには注意してください。

    関連記事

    暗号資産(仮想通貨)の取引が行える楽天ウォレットは、アプリで手軽に取引が行える暗号資産販売所です。日本円だけでなく楽天ポイントを使って暗号資産を交換できるのが特徴で、より手軽な利用が可能となっています。この記事では、楽天ポイントを使った[…]

    IMG

    総資産の確認が簡単に行える

    楽天ウォレットアプリでは、日本円と暗号資産をどれだけ所有しているのかが簡単に確認できるので、無理のない形で管理が可能です。

    暗号資産は日本円の換算レートも併記されているため、そのときの価値が分かりやすくなっています。

    楽天キャッシュにチャージできる

    楽天ウォレットで所有している暗号資産は、アプリから楽天キャッシュにチャージして普段の買い物に使うことができます。

    楽天市場などのネットショップや、楽天ペイなどが使える実店舗での買い物に利用できるので、暗号資産がより日常的なものになるでしょう。

    「所有している暗号資産を売却して日本円にし、銀行に出金してから引き出して使う」というこれまでの流れを省略できます。

    楽天キャッシュチャージによる楽天ペイでの支払いでは、楽天ポイントが1%還元されるので、買い物がお得になるのも魅力です。

    気軽に暗号資産を所有できるきっかけになるので、必要に応じて楽天キャッシュへのチャージも行ってみましょう。

    暗号資産のチャートの確認

    楽天ウォレットアプリは、暗号資産のチャートを確認するためにも使えます。

    スマホ画面で今のチャートを簡単に確認できるので、計画的に暗号資産の取引を行うことができるでしょう。

    暗号資産のチャートは、楽天ウォレットアプリにログインし、資産状況の画面で暗号資産を左にスワイプすることで表示できます。

    楽天ウォレット Proの場合、チャートに「トレンド」と「オシレーター」のテクニカル設定をすることもできます。
    チャート分析をしながら取引を行うこともできるので、慣れてきたらテクニカル設定を試してみることもおすすめです。

    関連記事

    楽天ウォレットアプリは、暗号資産(仮想通貨)の購入といった基本機能以外にも、さまざまな魅力を持つアプリです。各機能を上手に使いこなすことができれば、普段の暗号資産取引にも大きなメリットを見出せるでしょう。この記事では、楽天ウォレットのア[…]

    IMG

    楽天ウォレットで出た利益には確定申告が必要?

    楽天ウォレットで出た利益には確定申告が必要?

    楽天ウォレットの取引によって利益が発生した場合、確定申告が必要です。

    暗号資産の売買によって獲得した利益は、所得税や住民税の課税対象となるので、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。

    楽天ウォレットでは、確定申告の際に損益計算がしやすくなる「確定申告用(CSV)」を提供しています。

    ダウンロードしておくことで確定申告時に必要なデータを簡単に把握できるので、チェックしておきましょう。

    確定申告用(CSV)は、マイページにて「現物取引 取引報告書の閲覧確定申告用CSVの作成」か「証拠金取引 取引報告書の閲覧確定申告用CSVの作成」を選択し、確定申告用(CSV)を検索することでダウンロードができます。

    関連記事

    楽天ウォレットで暗号資産(仮想通貨)の取引を行うと、価格の変動によって利益が出ることがあります。取引によって利益を獲得した場合には、税金の支払いが求められることがあるため、確定申告などの処理が必要になるでしょう。この記事では、楽天ウォレ[…]

    IMG

    楽天ウォレットのお得なキャンペーン

    楽天ウォレットのお得なキャンペーン

    楽天ウォレットでは、お得なキャンペーンが開催されています。

    例えば2021年7月現在、楽天ウォレットの新規口座開設と取引を行うことで、楽天ポイントが500ポイントもらえるキャンペーンが実施されています。

    2021年8月2日(月)9:59までがエントリー期間となっているので、この機会に楽天ウォレットを始めてみるのも良いでしょう。

    過去には楽天ウォレットでポイント交換をすると、ポイント交換利用額の10%分の楽天ポイントが付与されるキャンペーンなども実施されました。

    今後もさまざまなキャンペーンが実施される可能性があるので、楽天ウォレットの最新情報はこまめにチェックしてみてください。

    ※紹介しているキャンペーンは、2021年7月時点の情報です。現在は終了している場合もありますので、詳細は楽天ウォレットの公式ホームページにてご確認ください。

    関連記事

    楽天ウォレットは、楽天サービスと連携できる暗号資産販売所として注目を集めています。楽天ウォレットは充実した機能だけでなく、お得なキャンペーンも頻繁に実施されているため、上手に活用することでメリットが大きくなるでしょう。この記事では、楽天[…]

    IMG

    楽天ウォレットで暗号資産(仮想通貨)取引に挑戦しよう

    楽天ウォレットで暗号資産(仮想通貨)取引に挑戦しよう

    楽天ウォレットは、暗号資産の取引をしたことがない初心者でも使いやすい暗号資産販売所です。

    この機会に概要を確認して、実際の取引に挑戦してみてはいかがでしょうか。


    \メルマガ読者限定/

    毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

    デジタルな最新ニュースをCHECK!
    CATEGORY

    楽天ウォレット