ゴールドカードおすすめ6選【2021年最新】
  • 更新:2021.03.30
  • 投稿:2021.01.25

ゴールドカードおすすめ6選【2021年最新】

クレジットカードのゴールドカードは一般カードより特典やサービスが充実しており、特に旅行や出張が多い方に向いています。しかし、ゴールドカードの種類が豊富です。

そこで、ゴールドカードを6種類厳選し、おすすめする理由などを含めて紹介していきます。

クレジットカード比較おすすめ2021年最新版

ゴールドカードのおすすめ6選を紹介

ゴールドカードとは、一般カードの上位に当たるクレジットカードの一種です。ゴールドカードに付帯されている特典やサービスが充実しているので、その特典やサービスを利用するためにゴールドカードを求める方は少なくありません。

しかし、ゴールドカードの種類が多く、どれを選べば良いのか分からない方はいます。そこで、編集部がおすすめするゴールドカードを6種類厳選しました。

なぜ厳選したのかという理由を含めて、特徴や年会費や、このカードにしかない強みなどを解説していきます。

dカード GOLD

dカード GOLD
申し込み資格満20歳以上で安定した収入がある方 ※学生は除く
年会費11,000円(税込)
国際ブランドVISA、Mastercard
ポイント還元率1.0%~4.5%
保険海外旅行傷害保険:最大1億円 自動付帯
国内旅行傷害保険:最大5,000万円 利用付帯
dカードケータイ補償:購入から3年間最大10万円
お買い物あんしん保険:年間300万円まで
利用限度額最大300万円
特徴
  • 電子マネー「iD」が使える。
  • 家族カードを1枚目無料で発行できるが、2枚目以降は年会費1,100円(税込)かかる。
  • ETCカードを無料で発行できる。1年間利用しなかった場合は年会費550円(税込)かかる。
  • 空港ラウンジ無料など、旅行に関するサービスが充実している。
  • 強み
  • ドコモのスマホやドコモ光を利用すると10%分のdポイントが還元される。
  • 利用すればするほど、お得なクーポンがもらえる。
  • ドコモショップなどで購入したドコモのスマホが破損・盗難の被害があった場合は、購入後3年間最大10万円まで保障してくれるdカードケータイ補償がある。
  • dカード GOLDがおすすめの理由

    dカード GOLDは、ドコモユーザーにおすすめできるゴールドカードです。どのような点がドコモユーザーにおすすめできるのか、ポイントは3つあります。

  • ドコモのスマホおよびドコモ光の利用料金が10%分、dポイントが還元される
  • dカードケータイ補償によって、スマホ・ガラケー購入後3年間最大10万円まで保障してくれる
  • 海外旅行保険など各種保険が付帯されており、日本の主要空港ラウンジ無料で利用できる
  • ドコモユーザーを優遇しているのが共通しています。ドコモ系のサービスを利用するのなら、dカード GOLDはおすすめです。

    楽天ゴールドカード

    楽天ゴールドカード
    申し込み資格20歳以上であること
    年会費2,200円
    国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
    ポイント還元率1.0%~5.0%
    保険海外旅行保険:最大2,000万円 利用付帯
    ※国内旅行保険は付帯されていない
    利用限度額最大200万円
    特徴
  • 楽天ポイントが貯まりやすい。
  • 国内主要空港ラウンジを年2回まで利用ができる。
  • ポイント還元率がクレジットカードの中で高い部類に入る。
  • 強み
  • 申し込み資格に「安定した収入があること」や「学生を除く」などの文言がない。
  • 楽天Edyと楽天Pay(ペイ)など、楽天が提供するキャッシュレス決済との相性が良い。
  • 楽天ゴールドカードがおすすめの理由

    楽天ゴールドカードは、他社のゴールドカードと比較すると格安の部類に入ります。

  • 年会費が安い
  • ポイント還元率が高い
  • 学生や専業主婦でも申し込みが可能
  • 年会費が安く、学生や専業主婦でも申し込みができるのが、楽天ゴールドカードの強みです。学生または専業主婦の身でありながら、短期間の海外旅行している方には、楽天ゴールドカードは向いています。

    アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

    アメックスゴールドカード 
    申し込み資格学生を除き、20歳以上で安定した収入があること ※パート・アルバイトは不可
    年会費31,900円(税込)
    国際ブランドAMEX
    ポイント還元率0.5%~1.0%
    保険海外旅行保険:最大1億円 利用付帯
    ※自動付帯の場合は最大5,000万円
    国内旅行保険:5,000万円 利用付帯
    ショッピング保険:年間最高500万円
    利用限度額審査によって利用限度額が決定される
    特徴
  • 家族カードの年会費が1枚だけ無料。
  • 保険など充実したサービスが備わっている。
  • マイルなど貯まったポイントの移行先が多い。
  • 強み
  • アメックス発行のプロパーカードにしてゴールドカードなのでステータスは高い。
  • プロテクションサービスが充実しているので安心。
  • プライオリティ・パスを年2回まで無料。
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードがおすすめの理由

    アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、アメックスの国際ブランドが発行するプロパーカードです。年会費が高いのがデメリットですが、相応のサービスや特典が付帯されているというメリットを持っています。

  • 保険やプロテクションサービスが充実している
  • 貯めたポイントをマイルに交換できる
  • AMEXが発行するゴールドカードなのでステータスが高い
  • 普段から海外旅行や海外出張している方には、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードがおすすめです。

    JCBゴールド

    JCBゴールド
    申し込み資格20歳以上で安定した収入がある方 ※学生の申し込みは不可
    年会費11,000円(税込) ※初年度無料
    国際ブランドJCB
    ポイント還元率0.3%~1.5%
    保険海外旅行保険:最大1億円 利用付帯
    ※自動付帯の場合は最大5,000万円
    国内旅行保険:5,000万円 利用付帯
    ショッピング保険:年間最高500万円
    利用限度額最大300万円
    特徴
  • 年会費が初年度に限り無料になる。
  • 1回32ドル支払えば世界1,100ヶ所以上の空港ラウンジを支払えば利用ができる、ラウンジ・キーのサービスがある。
  • QUICPay(クイックペイ)搭載型と非搭載型を選べる。
  • 強み
  • 全国にある対象の250店舗で飲食代金が20%OFFになる。
  • 最短翌日でカードが発行される。
  • Oki Dokiランドのポイントアップモールを利用すると最大20%のポイントが還元される。
  • JCBゴールドがおすすめの理由

    JCBゴールドは、日本産の国際ブランドであるJCBが発行するプロパーカードです。

  • 最短翌日でJCBゴールドが発行される
  • 年会費が初年度無料
  • 安い年会費で充実した特典やサービスを受けられる
  • 最短翌日でカードが発行される
  • 審査は厳しいという一面はありますが、申し込み資格を確認すると、20歳以上で安定した収入がある方なので、パート・アルバイトでも申し込みができます。国内と海外の旅行が好きだという方には、JCBゴールドがおすすめです。

    オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド

    オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールド
    申し込み資格20歳以上で安定した収入がある方 ※学生の申し込みは可能
    年会費1,986円(税込)
    国際ブランドMastercard、JCB
    ポイント還元率1.0%~2.5% ※電子マネー「iD」と「QUICPay(クイックペイ)」の利用の場合は0.5%
    保険海外旅行保険:最大5,000万円
    国内旅行保険:最大5,000万円
    ショッピング保険:年間最高100万円
    利用限度額最大300万円
    特徴
  • 年会費が安く、コスパが高い。
  • 入会後6ヶ月間はポイント還元率が2倍。
  • 電子マネー「iD」と「QUICPay(クイックペイ)」がカードに搭載されている。
  • 強み
  • Orico Club Offの会員として、対象のホテルやレストランなどを優待価格で利用できる。
  • オリコモールを利用することで最大15.0%がポイント還元される。
  • オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドがおすすめの理由

    オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドは、オリコが提供するゴールドカードです。

  • ゴールドカードでありながら年会費が格安であること
  • 電子マネー「iD」と「QUICPay(クイックペイ)」の2種類が搭載されている
  • 福利厚生のサービスを受けられる
  • 学生の身分でも安定した収入があれば申し込みが可能
  • ゴールドカードを安く持ち、福利厚生サービスを活用したいという方は、このゴールドカードがおすすめです。

    三井住友カード ゴールド

    三井住友ゴールドカード
    申し込み資格30歳以上で安定した収入がある方
    年会費11,000円(税込) ※初年度無料(オンライン入会)
    国際ブランドVISA、Mastercard
    ポイント還元率0.5%~2.5%
    保険海外旅行保険:最大5,000万円 利用付帯
    ※自動付帯の場合は最大1,000万円
    国内旅行保険:5,000万円 利用付帯
    ※自動付帯の場合は最大1,000万円
    ショッピング保険:年間最高300万円
    利用限度額最大200万円
    特徴
  • 「iD」や「Google Pay(グーグルペイ)」や「Apple Pay(アップルペイ)」など各種電子マネーに対応している。
  • ドクターコール24は24時間年中無休で医師に健康相談できる。
  • ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」を利用すると、初回で通常価格から7%引きの宿泊料金となる。2回目以降は5%引き。
  • 強み
  • ポイントUPモールを利用することでポイントが2倍~20倍貯まる。
  • インターネットで申し込むと年会費が初年度無料になる。
  • インターネットで申し込むと最短翌営業日でカードが発行される。
  • 三井住友カード ゴールドがおすすめの理由

    三井住友カード ゴールドは、三井住友フィナンシャルグループのひとつ、三井住友カード株式会社が発行するゴールドカードです。

  • 「iD」など各種キャッシュレス決済に対応できる
  • 各種保険が充実しており、特に海外旅行保険と国内旅行保険の両方に自動付帯が備わっている
  • 24時間年中無休、しかも無料で医師に健康相談ができる
  • インターネット経由で申し込むと年会費が初年度無料なり、最短翌営業日でカードが発行される
  • 普段から旅行や出張の機会が多い方で、健康に不安があるという方には、三井住友カード ゴールドがおすすめです。

    ゴールドカードを所有するメリットは?

    ゴールドカードを所有するメリットは?

    ゴールドカードを所有するメリットを解説していきます。

    海外旅行保険と国内旅行保険とその他保険が付帯されている

    ゴールドカードには、ほとんどが海外旅行保険と国内旅行保険とその他保険が付帯されています。

    全てのゴールドカードに付帯されているとは限らず、ゴールドカードを申し込む前に基本情報などを確認するようにしましょう。

    空港ラウンジを無料で利用できる

    ゴールドカードを持つ方は空港ラウンジを無料で利用できます。同伴者1名だけなら、その同伴者は無料で利用可能なのですが、2名以降だと料金がかかるのが注意点です。

    レストランやホテルなど割引優待を受けられる

    各社ゴールドカードが指定したレストランやホテルなどを利用すると、通常価格より割引された料金の優待サービスを受けられるというメリットを持っています。

    旅行する際は、旅行先に割引優待が受けられるレストランやホテルなどがあれば、割引優待を積極的に利用するのがおすすめです。

    ゴールドカードのおすすめをチェックしよう

    ゴールドカードのおすすめをチェックしよう

    おすすめのゴールカードを6種類紹介しましたが、年会費が高いゴールドカードほど特典やサービスが充実しているのが特徴です。

    自分の生活状況を理解した上で、ゴールドカードの利用を申し込みましょう。

    クレジットカードについて詳しくはこちら


    \メルマガ読者限定/

    毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

    デジタルな最新ニュースをCHECK!
    ゴールドカードおすすめ6選【2021年最新】
    最新情報をチェックしよう!
    WRITER