リクルート、還元率1.5%の法人カード「Airカード」提供開始

リクルート、還元率1.5%の法人カード「Airカード」提供開始

リクルートとジェーシービー(JCB)が2021年1月26日(火)より、法人・個人事業主向けのカード「Airカード」の提供を開始した。

経営者の経費管理をかんたんに

経営者の経費管理をかんたんに

「Airカード」のポイント還元率は、業界No.1の1.5%。貯まったポイントはPontaポイントへ交換することも可能だ。
備品の購入、光熱費など事業を行うために必要な支払いを「Airカード」にすることで、より多くのポイントを貯められるようになっている。

また、領収書の保管や管理、立替金清算の申請や振込作業などの手間を減らすことができ、支払い明細から法人利用分だけを仕分けるといった、個人のカードで行っていた処理が不要に。
カードの利用状況はパソコン、スマートフォンからいつでも確認できるため、支出管理が簡単に行える。

カードブランドはJCB、年会費は5,500円で利用者を1名追加する場合は3,300円が発生する。

リクルートの調査によると、経営者の9割は法人カードについて「名前は知っている程度」「知らない」と答えており、現金振込や個人のキャッシュカードなど法人カード以外の決済手段で支払っているという声が多くみられたという。

リクルートとJCBは「法人カードの普及を通して店舗の経費管理の煩わしさを解消したい」という課題認識が一致しており、「Airカード」を法人カード導入のきっかけとするほか、経費管理を少しでも楽にすることで、本来集中したい業務に時間をかけられるよう支援したい考えだ。

0円で導入!リクルートのPOSレジアプリ「Airレジ」

リクルート、還元率1.5%の法人カード「Airカード」提供開始
最新情報をチェックしよう!
WRITER