ビューカードで「えきねっと」を利用して新幹線チケット購入!お得にポイントを貯めよう!
  • 更新:2021.06.28
  • 投稿:2019.09.19

ビューカードで「えきねっと」を利用して新幹線チケット購入!お得にポイントを貯めよう!

ビューカードは数あるクレジットカードの1つであり、Suicaと連携することが可能です。
そしてえきねっとを使った新幹線チケットの購入にも使うことができ、上手に活用することで日々の支払いがお得になります。
今回はビューカードで新幹線チケットを購入する方法やえきねっとの使い方について紹介していきます。

ビューカードとは

ビューカードとはJR東日本グループが発行するクレジットカードブランドで、電車の定期券や回数券はもちろんのこと、新幹線のチケット購入にも利用可能です。
JR東日本グループのクレジットカードということもあり、新幹線などJRが関係するサービスの利用でお得になることが多いメリットがあります。
他にもさまざまな会員限定特典が利用できるなど、日常利用でも大変便利なクレジットカードの1つです。

ビューカードについて詳しくはこちら

ビューカードで新幹線のチケットを購入する方法

ビューカードを使って新幹線チケットを予約する場合はえきねっとを利用します。まずはえきねっとで新幹線チケットを購入する方法について解説していきます。

えきねっとにビューカードを連携させる

ビューカードをえきねっとアカウントに紐付けていない場合は、あらかじめ紐付けて連携しておく必要があります。
ビューカードをえきねっとに紐付けていない場合は以下の手順で行なってください。

  1. マイページの会員メニューから「登録情報の確認・変更/退会」を選択します。
  2. ページ右下の「クレジットカード情報」を選択します。
  3. 新規登録する場合はクレジットカード番号と有効期限を入力する項目があるので、それぞれ入力します。
  4. 入力し終わったら「次へ」を押して間違いがないのことを確認したら変更を確定します。

これでえきねっとにビューカード登録できます。有効期限の更新の際も同じ手順で変更できるので覚えておいてください。

えきねっとから新幹線チケットを申し込む

えきねっとにビューカードを登録できたら、次は新幹線チケットの申し込みです。

  1. きっぷ予約ページの「きっぷ予約」を選択します。
    ログインしていない場合はログイン画面が表示されるので、ID・パスワードを入力してログインしてください。
  2. 「指定席」を選択します。
  3. 乗りたい新幹線がある路線を選択します。
  4. 乗車日・出発時刻・利用区間を入力します。利用区間とは出発駅と降車駅のことを指していますので、こちらも間違えないように入力してください。
  5. 入力が完了すると、指定した条件に合う列車の一覧が表示されます。その中から乗車する新幹線と設備状況(禁煙の有無など)、乗車人数を選択します。
  6. 乗車人数や選択した列車によって座席位置の指定やその他の希望内容が選べるので、それぞれ選択・入力します。
  7. 最後に申し込み内容に間違いがないかどうか確認してから申し込みを完了します。

これで申し込み手続き完了です。

みどりの券売機・みどりの窓口・指定席券売機で受け取る

えきねっとで申し込みした新幹線チケットは以下に示す6路線のみどりの券売機・みどりの窓口・指定席券売機のいずれかで受け取れます。
・東北新幹線
・秋田新幹線
・北海道新幹線
・上越新幹線
・山形新幹線
・北陸新幹線
これら以外の路線で新幹線チケットを受け取れるところはほとんどないため、関東から関西・九州に向かう際は、帰りのチケットもまとめて受取るようにしてください。
一番簡単に受け取りたい場合はみどりの窓口に行き、窓口の案内に従ってクレジットカードによる支払いを済ませるだけです。
この際に使用できるクレジットカードはえきねっとに登録したクレジットカードのみですので注意してください。

ビューカードで支払うメリットは?

JRE POINT(ポイント)とえきねっとポイントが同時に貯められる

現金ではなくビューカードで支払うことによってJRE POINTを貯められます。また、えきねっとから購入するのでえきねっとポイントも同時に貯めることができます。さらに、購入後にJR東日本のみどりの窓口や指定席券売機でチケットを受け取るとJRE POINTは1,000円(税込)につき15ポイント貯まります。
新幹線のチケット購入を含む、ビューカード利用でポイントが1,000円(税込)につき15ポイントになるのは以下のときです。

・ビューカードで乗車券・定期券・回数券・特急券の購入
・ビューカードでJR東日本国内ツアーの購入
・ビューカードでSuica定期券の購入
・ビューカードのSuicaで支払ったとき
・ビューカードでSuicaにチャージしたとき
・オートチャージで残高をチャージしたとき
・モバイルsuica・Suicaアプリケーションでビューカードを使ったとき

これらの使い方をした場合は、いつも以上にポイントがもらえるので覚えておくと良いでしょう。
また、えきねっとポイントをJRE POINTに交換することができるのでお得にポイントを貯めることができます。

高額紙幣を持ち歩く必要がない

新幹線のチケットを現金で買うとなると、数万円規模で銀行やコンビニから引き出して財布に入れることになります。
ですがビューカードがあればわざわざ銀行やコンビニでお金を下ろす必要がなく、カード1つで支払いが完了します。
それだけでなく支払い時のお札の計算や細かなお釣りを受け取る手間もないので、すぐに支払い手続きが完了します。

えきねっとの使い方

えきねっとでできることは新幹線チケットの購入だけではありません。
他にもさまざまな使い方ができるので紹介していきます。

チケットの予約を変更する方法

予約の変更は1回のみ可能です。1度変更したあとにまた変更したい場合はキャンセル・払い戻しののち、新規予約が必要になります。
えきねっと使った予約の変更方法は以下の通りです。

  1. きっぷ予約ページの「きっぷ予約」を選択します。
  2. ログインしていない場合はID・パスワードを入力してログインします。
  3. マイページにアクセスしたら「予約内容の確認・変更・払戻」を選択します。
  4. 次に画面左の「予約内容の確認・変更・払戻」の「きっぷ未受取分を確認する」を選択します。
  5. 予約しているチケットの一覧が表示されるので変更したいチケットの右にある「変更」をクリックします。

ここまで進んだところで、「乗車日・列車・座席位置」「人数・乗車・列車・座席位置」「人数のみ」のどれを変更するか選べるので、変更したい内容に合わせて選択してください。
ちなみに乗車日のみ変更したい場合は「乗車日・列車・座席位置」を選択して、乗車日のみ変更して確定するだけで問題ありません。
予約の変更は一回しかできないので間違いがないのを確認してから予約変更内容を確定させててください。

宿泊先も同時に予約する方法

えきねっとは新幹線チケットの購入だけでなく、ホテルの予約も可能です。
新幹線チケットと宿泊先をセットで予約することで料金がお得になることがあります。
宿泊先も同時に予約する場合はえきねっとのJR東日本国内ツアー検索ページで行ってください。
このページで出発地と宿泊地(到着地)や申し込み人数・宿泊日を設定して検索します。すると対応している宿泊先がチケットが表示されるので自分にあったものを選択します。
ただしこの機能は朝4:30~5:30は利用できないので注意してください。

ビューカードでお得に新幹線を乗りこなそう

ビューカードは電車や新幹線などの交通機関の利用に強いクレジットカードです。
ポイント還元率が上がるだけでなく、ホテルやレジャー施設の利用料金は割引されるといったビューカード会員限定特典を多数用意されているので、旅行好きには最適です。
また、ビューカードに紐付いたETCカードを発行することも可能であり、交通機関を使わない車での移動との相性にも優れています。
JR東日本グループが発行しているクレジットカードということもあり、関東などの東日本での利用に強いので、東京など東日本に住んでいる方は申し込んでみてはどうでしょうか。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
ビューカードで「えきねっと」を利用して新幹線チケット購入!お得にポイントを貯めよう!
最新情報をチェックしよう!
WRITER