デビットカードで契約・支払いできる格安SIM(スマホ)を紹介
  • 更新:2020.04.22
  • 投稿:2020.04.11

デビットカードで契約・支払いできる格安SIM(スマホ)を紹介

格安SIMの契約について、デビットカードが使えるのかどうか気になっている方のために、この記事ではデビットカードで契約できる格安SIMについてメリット・デメリット、おすすめの会社について解説します。

デビットカードについて詳しくはこちら

デビットカードとは


デビットカードとは、クレジットカードと同様に買い物やレストランなどの飲食時の支払いに使える決済カードです。クレジットカードと違うところは、都度即時決済のため使った分だけ紐づいている口座から引き落とされるという点です。裏を返せば、自分の口座残高以上の買い物ができないということです。そのためクレジットカード作成のための信用力審査等はなく、15歳以上であれば気軽にカードを発行することができます。現金に近い性質を持っている決済カードといえるでしょう。

デビットカードのメリット

デビットカードは原則発行に審査が不要で、15歳以上であれば作ることができます。海外でもネットショッピングでも使用することができ、決済した金額応じてポイントが貯まります。クレジットカードと異なり、即時決済で紐ついている銀行口座の残高から代金が支払われます。口座に残高がなくても決済ができるわけではないので、現在持っていないお金に対して使いすぎるということはありません。

デビットカードのデメリット

クレジットカードとは異なり都度払い・一括決済システムなので分割払いやリボ払いに対応していません。さらに一部のサービス(航空機内の買い物)等では利用できません。万一、カードが不正利用された際の保証もクレジットカードより低めに設定されており、クレジットヒストリーをつくれないこともデメリットの一つです。大きな買い物をするというよりは、現金の代わりにお財布に入れておけるカードとしてイメージするとよいかもしれません。

格安SIM(スマホ)とは


「格安SIM」とは、大手携帯キャリアよりも安くインターネットや音声通話が利用できるようになるSIMのことです。インターネットの使用のみ用途の「データ専用SIM」それに加えて通話もできる「音声通話SIM」の二種類があり、近年、さまざまな企業が、SIMカードを使ったインターネットや通話のサービスを提供しています。

一般的に大手携帯キャリアでは、基地局への設備投資や人件費が月々のスマートフォン通信料に上乗せされるので、通信料が高くなる傾向にありますが、格安SIMは設備投資をせず、大手キャリアの回線を借り、人件費もおさえているので、通信料を割安におさえることできます。

デビットカードを格安SIM(スマホ)の支払いで使うことはできる?


多くの格安SIMの契約・支払いにはクレジットカードが必須で、デビットカードで契約できるものは少ないのが現状です。しかし、「楽天モバイル」や「Nifmo」「ロケットモバイル」などはデビットカードでも格安SIMを契約ができ、支払いに使える会社です。

デビットカードが格安SIMの契約に使えない主な会社は「LINEモバイル」「QTモバイル」「U-mobile」などです。「Y!mobile」や「UQ-mobile」などは口座引き落としに対応しています。

楽天モバイルの格安SIM(スマホ)


会社によって、使用できるデビットカードの種類は違いますが、ここでは特典も魅力的な楽天モバイルを例にして解説します。

楽天モバイルのポイント還元

楽天モバイルで使えるデビットカードは、楽天銀行のデビットカードです。楽天銀行のデビットカードは世界で最大の加盟店数を誇るVISAと日本発のJCBから選ぶことができます。
楽天銀行のデビットカードは特にポイント還元が魅力です。
楽天モバイルの利用100円についてもポイントが1ポイント付きます。携帯電話料金が5,000円と仮定すると、楽天デビット(50ポイント)楽天モバイル(50ポイント)の合わせて100ポイントが還元されることになります。1ヶ月で100ポイントがスマートフォンの利用で貯まると仮定すると、年間で1,200ポイントもの還元を受けることができます。
楽天モバイルでは様々なキャンペーンを行っていますので、デビットカードを検討されている方はチェックすることをおすすめします。

楽天モバイルについて詳しくはこちら

【動画】デビットカードで契約・支払いできる格安SIMを紹介!

ここまで解説したようにデビットカードで格安SIM(スマホ)の支払いをすることには
さまざまな特徴・メリットがあります。
動画でも詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

デビットカードで格安SIM(スマホ)の支払いをするメリットデメリット


ここからはデビットカードで格安SIM(スマホ)の支払いをするメリットデメリットについて解説していきます。

デビットカードで格安SIM(スマホ)の支払いをするメリット

デビットカードで格安SIM(スマホ)の支払いをするメリットはポイント還元です。口座引き落としと比較するとポイントの還元率が上がります。ポイント還元がある分だけ口座引き落としよりも得をすることができます。

デビットカードで格安SIM(スマホ)の支払いをするデメリット

デビットカードで格安SIM(スマホ)の支払いをするデメリットは口座残高が足りない場合には支払いができないということです。デビットカードは口座の残高以上の決済ができないので、口座の残高が足りない場合には支払いができません。支払い遅延が起こると良好なローンや高レベルのクレジットカードを保有することができなくなりますので、口座の残高を確認する必要があるでしょう。

デビットカードで格安SIM(スマホ)の支払いをする際の注意点


デビットカードで格安SIM(スマホ)の支払いをする注意点は以下になります。

  • 格安SIMの会社によってはデビットカードでの契約が不可な場合がある
  • 使えるデビットカードが限られている
  • 口座の残高が不足すると支払いができなくなってしまう
  • デビットカードで格安SIMを契約・支払いしたい場合は、よく調べてから契約するようにしましょう。デビットカードを持っていない場合は楽天銀行のデビットカードと楽天モバイルの組み合わせならばポイント還元を最大限得ることができます。

    デビットカードでも格安SIM(スマホ)の契約・支払いはできる!


    デビットカードでも、格安SIM(スマホ)の契約・支払いは可能です。「楽天モバイル」ではデビットカードを利用したらよりお得です。デビットカードはスマートフォンの決済以外にも多くの場所で便利に使える決済用カードなので、持っていない方は様々な発行会社(銀行)を比較して自分ぴったりのデビットカードを作ってみてはいかがでしょうか。


    \メルマガ読者限定/

    毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

    デジタルな最新ニュースをCHECK!
    デビットカードで契約・支払いできる格安SIM(スマホ)を紹介
    最新情報をチェックしよう!
    WRITER