Visaのタッチ決済、横浜のバス実証実験対象路線を拡大。運賃の50%還元も

Visaのタッチ決済、横浜のバス実証実験対象路線を拡大。運賃の50%還元も

三井住友カード、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、QUADRAC、小田原機器が、横浜市交通局、横浜銀行と共同実験中のVisaのタッチ決済を利用した運賃収受実証実験について、2021年12月1日(水)より4路線にも拡大することを発表した。

6社は2021年10月より、109系統特急便においてVisaのタッチ決済を利用した運賃収受実証実験を開始。

バス車内にある運賃箱にVisaのタッチ決済の読取機器が設置されており、Visaのタッチ決済に対応したカードやスマートフォンなどをかざすことで運賃の支払いが可能だ。

今回新たに実証実験の対象となる路線は、横浜の人気観光スポットをめぐる「BAYSIDE BLUE」「あかいくつ」「ピアライン」「ぶらり三溪園BUS」の4路線。

観光や日常利用を問わず、4路線にてVisaのタッチ決済を利用して乗車すると、乗車運賃の50%相当分をキャッシュバックする取り組みも実施する。

なお、路線バスにおけるキャッシュバックの取り組みは、全国初とのことだ。

Visaのタッチ決済を使うなら三井住友カードがおすすめ!

Visaのタッチ決済、横浜のバス実証実験対象路線を拡大。運賃の50%還元も
最新情報をチェックしよう!
WRITER