QUICPay、4月4日で誕生15周年 ユーザー数1,500万人突破

QUICPay、4月4日で誕生15周年 ユーザー数1,500万人突破

電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」が、4月4日(土)で誕生15周年を迎えます。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

15周年記念ロゴを制作・公開

<QUICPay端末台数推移(万)>
<QUICPay会員数推移(万)>

QUICPayは、JCBが2005年より国内で提供している非接触決済サービスです。

店舗の端末にカードやスマートフォンなどをかざすだけで簡単に決済でき、コンビニ、スーパー、ドラッグストア、飲食チェーンや大型テーマパークなど全国約113万台の店舗の端末で利用可能。
現在、170社以上のカード会社が発行するカードがQUICPayに対応しており、所有するスマートフォンとカードがあればすぐに利用開始できるため、1,500万人以上に利用されています。

今回15周年を迎えるにあたり、JCBはQUICPayの15周年記念ロゴを制作。
今後、さまざまな場面で記念ロゴを活用していくとのことです。

QUICPayを利用するならJCBカード Wがおすすめ!


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
QUICPay、4月4日で誕生15周年 ユーザー数1,500万人突破
最新情報をチェックしよう!
WRITER