QUICPay+(クイックペイプラス)について徹底解説!
  • 更新:2020.05.26
  • 投稿:2020.05.14

QUICPay+(クイックペイプラス)について徹底解説!

キャッシュレス化の波に乗って、電子マネーを利用される方が多くなってきました。
電子マネーと言ってもさまざまなものがあり、それぞれに魅力があります。
JCBが運営しているQUICPayは、事前チャージが不要で専用端末にスマホかカードをかざすだけの簡単な支払いが魅力的です。そのQUICPayがさらに便利になったQUICPay+をご存知でしょうか。
QUICPay+が、QUICPayからどのように進化したのか解説します。

QUICPay(クイックペイ)について詳しい記事はこちら

QUICPay(クイックペイ)とは?


QUICPayとは、JCBが運営している簡単で便利な電子マネーです。
お買い物の際に、レジでお店の端末にカードかスマホをかざすだけのスマートでスピーディーな支払いが魅力です。

QUICPay(クイックペイ)の特徴

QUICPayは事前チャージが不要な電子マネーです。お買い物のときに残高を気にすることなく、レジでスマホかカードを専用端末にかざすだけで支払いが完了します。
ApplePayかGooglePayの機能を搭載しているスマホであれば、スマホ決済が可能です。スマホ決済ができない場合はカードタイプをご利用ください。カードタイプでの支払いも専用端末にカードをかざすだけで、暗証番号は不要です。
QUICPayにはキーホルダータイプのものもあり、これも特徴的と言えます。

チャージも暗証番号も不要なQUICPayは、電子マネーでありながらクレジットカードと同様で後払いで、盗難や紛失時の補償もあります。
クレジットカードと電子マネーのいいとこどりしたのがQUICPayの特徴と言えるでしょう。

QUICPay(クイックペイ)の仕組み

QUICPayを使うには、QUICPayに対応したカードが必要です。スマホ決済の場合もカードは必要になります。
QUICPayに対応しているカード会社は170社以上あるので、カードを持っている方はお手持ちのカードが、QUICPayに対応しているか確認してください。
QUICPayに対応しているカードを持っているのであれば、対象のカード会社のホームページで手続き方法に従い、QUICPayの仕様申し込みをしてください。QUICPay対象のカードを持っていなければ、QUICPayに対応しているカードを作りましょう。なお、カードタイプにはクレジットカードとの一体型とQUICPay専用のカードから選べます。

QUICPayが使えるのは、全国のQUICPayマークがついている店舗や施設になります。各種店舗や施設での会計時に「QUICPayで支払います」と伝え、専用端末にスマホかカードをかざして支払いは完了します。

決済のタイミングはクレジットカードの利用金額と同時に引き落とされる後払いで、支払い前に事前チャージする必要はありません。ただし、支払い金額の上限があり、原則2万円までです。

QUICPay+(クイックペイプラス)とは?


QUICPay+とは、QUICPayをさらに使いやすく便利にした電子マネーです。QUICPayでは支払い額が2万円まででしたが、それ以上の支払いが可能になりました。また、QUICPayはクレジットカードでしか対応していませんでしたが、QUICPay+ではデビットカード、プリペイドカードでも使えるようになりました。

QUICPay+(クイックペイプラス)の特徴

QUICPay+の特徴としては、QUICPayと違いスマホ決済のみ可能でカードでは支払うことができないことが挙げられます。使えるスマホは、QUICPayと同様にApplPayかGooglePayの機能を搭載しているスマホになります。

QUICPay+(クイックペイプラス)の仕組み

基本的にはQUICPayと同じですが、使えるのはQUICPay+マークのあるお店になります。
QUICPayではクレジットカードのみの対応でしたが、QUICPay+はデビットカードとプリペイドカードでも使えるようになり、支払い上限金額が2万円以上でも可能になりました。

QUICPay+が使えるカード

QUICPay+を利用するためには、QUICPayに対応しているカードが必要です。QUICPay+に対応しているカード発行会社は170社以上あります。

QUICPayに対応しているカード会社の一部を紹介します。

クレジットカードリクルートカード・アメリカン・エキスプレス・オリエントコーポレーション・クレディセゾン・ジェーシービーグループ・ビューカード・楽天カード・ワイジェイカード など
プリペイドカードKyash・KDDI・ジェーシービーグループ・ミクシィ・LINE Pay
デビットカードauじぶん銀行・ジェーシービーグループ・みずほ銀行

QUICPay+に対応しているカードはこちら

QUICPay+(クイックペイプラス)のメリット

QUICPay+の主なメリットを紹介します。

  1. レジでスマホをかざすだけなので支払いがスピーディで簡単
  2. 支払いに指定しているカードのポイントやマイルがたまる
  3. クレジットカード、プリペイドカード、デビットカードで利用できる
  4. QUICPay+の支払いに指定したカードと同じ保障が受けられる
  5. QUICPayでは、利用金額が2万円までだったが、2万円以上でも使える
  6. 事前チャージが不要

QUICPay+(クイックペイプラス)とQUICPay(クイックペイ)の違いは?

QUICPay+はQUICPayがより使いやすくなったサービスですが、何が違うのでしょうか。
比較してみましょう。

QUICPayQUICPay+
支払い方法クレジットカードクレジットカードデビットカード
プリペイドカード
利用可能店舗
1回の利用金額2万円まで2万円まで2万円以上2万円以上

QUICPay+(クイックペイプラス)が使えるスマホは?


QUICPay+を使うためには、スマホにQUICPay+の登録が必要です。しかし、すべてのスマホにQUICPay+を登録できるわけではありません。
QUICPay+が使えるスマホはQUICPayと同様、ApplPayかGooglePayの機能を搭載しているスマホになります。

使用可能な機種
iPhone端末iPhone7以降
Android端末Android5.0以降かつFeliCa搭載端末おサイフケータイ アプリ6.1.5以上

iPhone端末、Android端末それぞれの設定方法を紹介します。

QUICPay+(クイックペイプラス)をiPhone(Apple Pay)で使う方法

Apple Payを使うには、Walletアプリへのカード登録が必要です。iPhone7以降のiphone端末にはWalletアプリが搭載されているので、ダウンロードする必要はありません。Walletアプリを起動して、QUICPay+を利用するカードを設定するとすぐに使えるようになります。

Walletアプリへの設定と使い方を説明します。

Walletアプリを起動して設定

WalletアプリにQUICPay+が使えるカードの設定を行います。

  1. iPhone画面上にあるWalletアプリのアイコンをタップして起動します。
  2. 「カードを追加」をタップします。
  3. iTunesアカウントに登録済みのカードをセキュリティコードの入力で登録するか、カードをカメラでスキャンして登録します。あとは画面の表示に従ってください。

iTunesアカウントにQUICPay+対応のカードを登録

Walletアプリでのカード追加方法で、セキュリティコードの入力で登録する場合は、iTunesアカウントにQUICPay+対応のカードの登録が必要です。

  1. 設定APPを開き、「iTunes StoreとApp Store」をタップします。
  2. 「Apple ID」(通常はメールアドレス)をタップします。
  3. 「Apple IDを表示」をタップします。サインイン画面が表示される場合があります。
  4. 「お支払い方法を管理(お支払情報)」をタップします。
  5. 「お支払い方法を追加」をタップして、カード情報を登録してください。

QUICPay+での支払い

QUICPay+での支払い方法は、QUICPay+マークのあるお店で、支払い時に「QUICPay+で支払います」と伝え、スマホを専用端末にかざすだけです。

QUICPay+は、指紋認証のTouchID、顔認証のFaceIDで使うことができ、自分以外の人は使えません。本人認証は、iPhoneの機種により認証方法が違います。

機種認証方法
iPhone7、8TouchIDに指を乗せたままリーダーにかざす。
iPhoneXサイドボタンをダブルクリックして、FaceIDで認証してからリーダーにかざす。

上記の方法で本人認証が終わると、レジの端末が緑色に点灯し「クイックペイ」という決済音が鳴ります。これで支払い完了です。

QUICPay+(クイックペイプラス)をAndroid(Google Pay)で使う方法

GooglePayを使用するためには、Android端末にGooglePayをダウンロードして、QUICPay+を利用するカードを設定すれば、すぐに使えるようになります。

GooglePayへの設定と使い方を説明します。

Google Payをダウンロードして設定

  1. GooglePlayからGooglePayをダウンロードします。
  2. iPhone画面上のダウンロードしたGooglePayのアイコンをタップして起動します。
  3. 「支払い」をタップします。
  4. 「+お支払い方法」をタップします。
  5. 「クレジット/デビット/プリペイド」をタップします。
  6. 追加したいカードをカメラで読み込みます。もしくは、カード情報をデバイス上に入力して、画面の指示に従って、最後にメール、SMS、電話のいずれかで本認証を行います。

QUICPay+での支払い

QUICPay+での支払い方法は、QUICPay+マークのあるお店で、支払い時に「QUICPay+で支払います」と伝え、スマホを専用端末にかざすだけです。

QUICPay+(クイックペイプラス)が使える店


QUICPay+が使える店をジャンルごとに紹介します。

コンビニエンスストア

セブンイレブン、デイリーヤマザキ、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン、ローソンストア100、セイコーマート、など

スーパーマーケット

イオングループ、イトーヨーカドー、オーケー、まいばすけっと、MaxValu、など

ドラッグストア

ウエルシア薬局、ツルハグループ、ココカラファイン、サンドラッググループ、スギ薬局、マツモトキヨシ、など

グルメ

いきなり!ステーキ、エクセルシオールカフェ、温野菜、ガスト、かっぱ寿司、カフェ・ド・クリエ、カレーハウス CoCo壱番屋、木曽路、牛角、餃子の王将、珈琲所コメダ珈琲店、サガミチェーン、すき家、タリーズコーヒー、デニーズ、ドトールコーヒーショップ、バーミヤン、マクドナルド、モスバーガー、吉野家、ロイヤルホスト、リンガーハット、ロッテリア、和食さと、など

タクシー

SKタクシー無線センター、国際自動車、宝交通、チェッカーキャブ、東京無線タクシー、日本交通、日の丸自動車、など

家電・本・服飾

OUTLET-J、エディオン、3coins、紀伊国屋書店、コジマ、Joshin、Sofmap、TSUTAYA、PC DEPOT、ビックカメラ、しまむら、Mac-House、ユニクロ、ヨドバシカメラ、Right-on、など

百貨店・モール

赤レンガ倉庫、ANNEX、ウイステ、ヴィーナスフォート、エビスタ西宮、表参道ヒルズ、近鉄百貨店、グランフロート大阪、ゲートウォーク、静岡駅ビルパルシェ、新丸ビル、阪急三番街、ポルタ、プレミアムアウトレット、ラフォーレ原宿、六本木ヒルズ、など

レジャー・アミューズメント

マクセルアクアパーク品川、アドベンチャーワールド、快活CLUB、キッザニア、コロナワールド、京セラドーム大阪、札幌ドーム、ジャンカラ、東京タワー、東京ディズニーランド、東京ドーム、名古屋ドーム、白馬岩岳スキー場、阪神甲子園球場、福岡ヤフオク!ドーム、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、横浜・八景島シーパラダイス、など

空港施設

ANA FESTA、大分空港、大阪国際空港(伊丹空港)、関西国際空港、神戸空港、新千歳空港ターミナルビル、中部国際空港セントレア、成田空港、福岡空港、など

その他ショッピング

アヤハディオ、auショップ、大阪シティエアターミナル、カクヤス、菓匠三全、GLOBAL GATE、ディズニーストア、ナップス、フジ・コーポレーション、眼鏡スーパー、ロワイヤルテラッセ、など

その他サービス

アップルストア、アミスタホテル、エスカ、など

進化したQUICPay+(クイックペイプラス)で買い物の幅が広がる


レジでの支払いは早く済ませたいものです。長蛇の列ができる混雑時は、なおさらのことです。
スマホをかざすだけで会計が終わるQUICPay+は、混雑時にも一瞬で支払いを済ませられるのでとても便利です。さらに、QUICPayでは、1回の利用金額の上限が2万円まででしたが、2万円以上の買い物も可能になりました。
利用できるカードもクレジットカードだけでなく、デビットカードやプリペイドカードが加わり、ますます使い勝手がよくなっています。
スマホ決済をお考えの際は、QUICPay+を候補に入れることをおすすめします。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
QUICPay+(クイックペイプラス)について徹底解説!
最新情報をチェックしよう!
WRITER