スマホ決済の導入方法を徹底解説!

スマホ決済の導入方法を徹底解説!

多くの店舗では、すでにキャッシュレス決済導入が進んでいる事実があります。これは大手チェーン店だけでなく、中小の店舗でも身近な存在になっているのです。

では、実際にスマホ決済を導入しようとした際に、どのような方法で行えば良いのでしょうか。この記事では、スマホ決済の導入方法について解説します。

スマホ決済の導入方法は?

スマホ決済の導入方法は?

スマホ決済を導入するにあたっては、まずはスマホ決済とはどのようなものを理解してから行うことが重要です。便利な一面ばかりがクローズアップされますが、実際には導入費用やランニングコストがかかります。

また、決済手数料は導入するスマホ決済サービスによって異なります。消費者側からすれば気になることはないのですが、店舗側からすればなるべく手数料が低いサービスを導入したいものです。他にも、サポート体制なども充実しているサービスを選ぶのがベターです。

このように、実際に導入するにあたって不安に思う点がいくつかあるので、まずは気になるスマホ決済サービスがあれば、事前に問い合わせや相談を行うようにしましょう。サービス開始した後に後悔することを防止できます。

実際に導入することが決定したら、まずは申し込みを行います。申し込み自体は、ほとんどのサービスでインターネット経由で行うことが可能です。

申し込みが完了した後に、スマホ決済サービス側で審査が行われます。決済に関わることですので、信用に関連する各種情報などを鑑みて総合的に判断され、最短で数日、長い場合で2週間程度かかるケースもあるのです。

審査を通過すると、スマホ決済サービス側からスターターキットとして、カードリーダーや説明書類、ステッカーなどが配布されます。

専用の決済端末が実質無料!

スマホ決済の導入手続きに必要なものは?

スマホ決済の導入手続きに必要なものは?

スマホ決済の導入手続きにおいては、必要となる書類があります。この書類は、個人事業主と法人では異なります。また、導入したいスマホ決済サービスによっても異なるので注意しましょう。

個人事業主の場合

個人事業主の場合は、以下の書類が必要です。

  • 運転免許証
  • 在留カードおよび特別永住者証明書
  • 個人番号カード
  • 日本国パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住所を確認できる書類(住民票写しなど)
  • 法人登録の場合

    法人登録の場合は、以下が必要になります。

  • 運転免許証
  • 在留カードおよび特別永住者証明書
  • 個人番号カード
  • 日本国パスポート
  • 各種健康保険証
  • 法人番号
  • スマホ決済の導入に必要な機械は?

    スマホ決済の導入に必要な機械は?

    実際にスマホ決済を始めようとしたときに、以下の準備が必要です。

  • スマートフォンやタブレット端末
  • インターネット環境
  • 決済用端末
  • レシートプリンタ
  • スマートフォンやタブレットは、iOSに対応しているものが多いです。その他、決済用端末やレシートプリンタは、スマホ決済サービス側で無料もしくは有料で提供してもらえます。

    ただ注意したいのは、インターネット環境だけは自分自身でどうしても整備しなければならないという点です。ほとんどのサービスがクラウド上で提供されているために、決済を行う際にはインターネット環境が必須です。通信速度などは問わないものの、常時接続できる光回線などを整備してから申し込んでください。

    専用の決済端末が実質無料!

    スマホ決済の導入方法で気をつけるべき注意点は?

    スマホ決済の導入方法で気をつけるべき注意点は?

    スマホ決済は便利な反面、導入時に注意すべきポイントがあります。

    導入費用を確認する

    スマホ決済サービスを導入するにあたって、各種機器の準備が必要です。サービスによっては無料で提供されたり、レンタルでの導入ができる場合があります。

    ただ、有料である場合はその費用を見込んでおく必要があります。特にカードリーダーなどは高価であるので、なるべくコストをかけずに導入できるのが理想です。

    正しい情報を提供する

    申し込みする際には、必要な書類をすべて正しく提供する必要があります。また、意図的ではないにしても、誤った情報を提供するのは避けてください。

    信用が重視されるために、もし誤った情報が提供されると審査落ちすることも考えられます。

    サポート体制が充実しているサービスを選ぶこと

    昨今、スマホ決済サービスでもセキュリティ面などの不具合によるトラブルが発生しています。もしトラブルが発生した場合、迅速に対応してくれるサービスを選ぶのがベターです。

    また、新規導入時も同様で、導入まで手厚くサポートしてくれるという観点で選ぶのも良いでしょう。

    JMS営業社員と専用デスクが安心サポート

    店舗向けスマホ決済サービスおすすめ3選

    多くのスマホ決済サービスがある中で、特におすすめしたいのは以下の3つです。

    PayPay(ペイペイ)

    PayPayロゴマーク

    PayPayは、日本において最もメジャーなスマホ決済サービスです。主にQRコード決済に対応していますが、Yahoo!を筆頭としてオンラインショッピングでも利用できます。

    圧倒的に導入店舗数が多く、知名度の高さが魅力的です。

    PayPay(ペイペイ)がおすすめの理由

    PayPayは、各種キャンペーンを随時展開していて、利用することでよりお得に決済が可能となります。これもあって、多くの利用者がいることで、導入することで購買意欲を高めることができます。

    また、過去大きなトラブルが発生した事例がなく、安定したサービスである点も魅力的です。

    決済システム利用料や入金手数料が0円に設定されていて、最短翌日の入金にも対応しているので、資金繰りを気にする経営者にもおすすめのサービスです。

    電話でのサポートも充実しているために、気軽に相談できる環境も整備されています。

    au PAY

    au PAY

    au PAYは、元々はau walletと呼ばれていたサービスです。KDDIグループが手掛けていて、中核サービスとして期待されています。

    QRコード決済とスキャンによる決済、そしてオンライン決済でも利用できます。

    au PAYがおすすめの理由

    au PAYはKDDIグループのサービスとあって、安定した経営基盤があるのが魅力的です。

    また、各種キャンペーンも積極的に展開しており、販促効果が期待できます。さらに、機器の導入費用を免除するキャンペーンなどもあって、導入しやすい環境が整っています。

    決済アプリには、使えるお店検索という機能があり、その情報に自社の店舗も掲載されるので新しいお客様との接点を増やすことも簡単です。

    LINE Pay(ラインペイ)

    LINE Pay ラインペイ ロゴマーク

    LINE Payは、SNSサービスとして有名なLINEが手掛けるスマホ決済サービスです。LINE自体が圧倒的にユーザー数の多いアプリですので、そのユーザーの多くが利用しているLINE Payは魅力的な存在です。

    QRコード決済、スキャンによる決済、オンライン決済など機能が充実しています。

    LINE Pay(ラインペイ)がおすすめの理由

    LINE Payでは、決済機能だけでなく販促メッセージの送信やクーポンの送信など、多様な機能を搭載した加盟店様専用スマートフォンアプリを利用可能です。加盟店登録完了後からすぐに利用可能で、設定も簡単です。

    特にクーポンは、消費者意欲を掻き立てる効果があり、売り上げアップを期待できます。
    LINEからすぐにお問い合わせが可能で電話での連絡にも応じています。 各種マニュアルも用意されているので安心です。

    WeChat PayやNAVER Payにも同時に対応できるので、中国や韓国といった海外のお客様に向けた決済サービスも簡単に導入できる点も評価できます。

    スマホ決済の導入方法をマスターしておこう!

    スマホ決済の導入方法をマスターしておこう!

    スマホ決済サービスは、比較的手軽に導入できるのが魅力的です。ただ、実際に導入するにあたっては費用がかかりますし、アプリの設定なども行わなければなりません。

    実際に導入するにあたっては、事前に導入方法をマスターしておくことをおすすめします。

    1億人の楽天会員があなたのお店のユーザーに

    キャッシュレス決済店舗導入について詳しくはこちら


    \メルマガ読者限定/

    毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

    デジタルな最新ニュースをCHECK!
    スマホ決済の導入方法を徹底解説!
    最新情報をチェックしよう!
    WRITER