スマホ決済を飲食店に導入したい!おすすめはどれ?

スマホ決済を飲食店に導入したい!おすすめはどれ?

キャッシュレス決済がスタンダードになる中で、キャッシュレス決済導入できるかが売上にも大きく直結する傾向にあります。特に、飲食店などでは比較的大きな金額を支払うことも多いので、スマホ決済を利用したいと考えているお客様が多いのが実情です。

この記事では、飲食店におすすめのスマホ決済を紹介します。

スマホ決済を飲食店に導入したい!おすすめは?

スマホ決済と言っても、数多くのサービスが存在します。その中で、特におすすめしたいサービスとして、以下があります。

Airペイ(エアペイ)QR

Airペイ QR

Airペイは、さまざまなキャッシュレス決済を手軽に導入できるサービスとして有名です。業界最安水準の手数料で導入できるとあって、手軽に導入したい方に向いたサービスです。

Airペイは、キャッシュレス決済だけでなくポイントサービスも導入できます。PontaやTポイントなど、メジャーなポイントサービスが導入できれば、より購買意欲を高めることが可能です。

そのAirペイのスマホ決済サービスとしてAirペイQRがあります。国内でメジャーなPayPayを筆頭として、中国系のスマホ決済であるAlipayなども対応しているので、海外のお客様をターゲットとできるのが魅力的です。

用意するのは、iPhoneまたはiPadだけなので、導入しやすいサービスであります。

Airペイ(エアペイ)QRが飲食店におすすめの理由

AirペイQRは、圧倒的に多くの決済サービスに対応しているのが魅力的です。特に、観光地などで海外のお客様に向けてサービスを提供する飲食店では、簡単に決済ができるのでおすすめです。

また、レストランボードと呼ばれる無料で簡単に利用できる、集客と接客に効く予約台帳アプリがあるので、予約管理も簡単です。

あわせて読むとおすすめ
 

編集部が選ぶQRコード・スマホ決済おすすめ最新アプリ決定版【2021】

JMSおまかせサービス

JMSおまかせサービスロゴ

JMSおまかせサービスは、主要国際ブランドだけでなく、国内ブランドも一度の契約でお取り扱いが可能なサービスです。

多くのクレジットカードで利用できますし、UnionPayに対応しているのも評価できます。
JMSおまかせサービス早期(月6回)払いによって、最大月6回の振込にも対応しているので、店舗運営資金を確保しやすいという特徴があります。

Smart Codeと呼ばれる、加盟店とコード決済事業者をつなぐサービスがあり、LINE Payなどのスマホ決済で利用できます。

JMSおまかせサービスが飲食店におすすめの理由

JMSおまかせサービスでは、クレジットカードだけでなく電子マネーもまとめて契約できて、振込明細書や入金、問い合わせまで一元管理が可能です。これによって、飲食店の売上管理も簡単に行えます。

導入までの手続きがスムーズで、すぐに利用開始できるのも評価できます。

STORES 決済(旧:Coiney)

STORES 決済(旧:Coiney)

STORES 決済は、WeChat Payが利用できるサービスです。

店舗を新規開業する方向けの「はじめてのキャッシュレス決済応援ガイド」が公開されており、初めてスマホ決済を導入される方にも安心です。

STORES 決済(旧:Coiney)が飲食店におすすめの理由

STORES 決済では、ハンディ連携、オーダーステーション機能があることが魅力的です。これによって、オーダーをキッチンとレジと連動させることができるようになります。

また、売上分析や複数店舗管理などの機能もあって、チェーン店の飲食店ではより利便性が高まります。

PayPay(ペイペイ)

PayPayロゴマーク

PayPayは、日本で最も有名なスマホ決済サービスです。2021年3月時点で加盟店は300万ヶ所突破しており、圧倒的な知名度があります。

また、各種キャンペーンを展開しており、キャンペーン目当てでPayPayを利用するユーザーも多くいます。

PayPay(ペイペイ)が飲食店におすすめの理由

PayPayは、飲食店向けにも多くのキャンペーンを展開しています。これによって、普段利用されない方も利用してもらえるチャンスが広がります。

また、単純にユーザー数が多いので導入すれば利用される可能性が高いというのも見逃せません。

au PAY

au PAY

au PAYは、大手携帯キャリアであるauが手掛けるスマホ決済です。auユーザーでなくても使用できるのが魅力的で、会員数は業界最大の2,500万人を突破しています。

導入費用や入金手数料、決済手数料はすべて無料で、飲食店側としても導入のハードルが低いのも評価されています。24時間のサポート体制が整っているので、安心感もあります。

au PAYが飲食店におすすめの理由

au PAYも、PayPay同様に飲食店向けのキャンペーンを多く提供しているのでおすすめです。

手数料がゼロであり、売上が少なくてもお店の利益率が高まるというメリットもあります。

スマレジ

スマレジロゴ

スマレジは、クラウドPOSレジを提供しており、89,000店舗の導入実績があります。

お店の無人化や非接触化をスマートに実装できますし、券売機として使えるiPadセルフ会計システムの導入も進んでいます。アフターサポートも充実しており、安心感も高いです。

スマレジが飲食店におすすめの理由

スマレジでは、常にアップデートされるので安定感があるのが魅力的です。

また、飲食店向けにモバイルオーダー(テイクアウト)システムの導入が進んでおり、ウェブから注文を受けて待ち時間なしでテイクアウトできる機能が利用可能です。

飲食店の方がスマホ決済を導入する際のポイントは?

飲食店の方がスマホ決済を導入する際のポイントは?

飲食店の方がスマホ決済を導入する際に気をつけたいポイントとして、以下の3つがあります。

導入後の利用停止にならないように注意する

スマホ決済は、比較的導入しやすいのが魅力的ですが、一方で利用する中で規約違反などを犯すと、すぐにアカウント停止になる可能性があります。これは、導入審査を簡略化しているために、逆に利用する上での違反を厳しくしているという側面があるのです。

利用規約をしっかりと遵守して、利用することが望まれます。

サポート体制

スマホ決済では、過去トラブルが発生した事例が多々あります。中には、決済ができないというだけでなく、不正利用された事例もあるのです。

飲食店側としても、不正利用されると印象は悪くなるものです。最悪の場合、お客様の信用を失いかねませんので、もしトラブルが発生した場合に適切にサポートする体制があるかを確認しておきましょう。

利用者の多さ

スマホ決済を導入しても、利用するユーザーが少なくては意味がありません。特に観光地にある飲食店などでは、海外のユーザーでも利用できるスマホ決済を導入することが重要です。

導入時には、どのスマホ決済に対応しているのかを確認しておきましょう。

1億人の楽天会員があなたのお店のユーザーに

おすすめのスマホ決済を飲食店に導入しよう

おすすめのスマホ決済を飲食店に導入しよう

スマホ決済は、導入することで売上を伸ばすことも可能です。また、付帯機能として売上分析や複数店舗の管理などもスムーズに行えます。

飲食店でも、スマホ決済を積極的に導入してみてはいかがでしょうか。

キャッシュレス決済店舗導入について詳しくはこちら


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
スマホ決済を飲食店に導入したい!おすすめはどれ?
最新情報をチェックしよう!
WRITER