LINE Pay(ラインペイ)はAmazon(アマゾン)で使える?使い方やメリットを紹介

LINE Pay(ラインペイ)はAmazon(アマゾン)で使える?使い方やメリットを紹介

さまざまな支払いに利用できるLINE Pay(ラインペイ)は、ネットショッピングや動画・音楽配信サービスなどで人気のAmazonでも使うことができます。Amazonでの買い物にLINE Pay を使うと、さまざまなメリットが得られます。

この記事では、AmazonでのLINE Payの使い方や、どんなメリットがあるのかについて紹介していきます。

LINE Payについて詳しくはこちら

LINE Pay(ラインペイ)はAmazon(アマゾン)でも使える?

さまざまな買い物や支払いに使えるLINE Payは、Amazonでの買い物にも使えます。
ただし、AmazonでLINE Payを使うためには、事前にLINE公式のクレジットカードである「Visa LINE Payクレジットカード」を発行するか、またはLINE Payのプリペイドカードを発行する必要があります。LINE Payのプリペイドカードには、オンライン専用のバーチャルカードと、店舗でも使えるプラスチックカードの2種類があります。

LINE Pay(ラインペイ)のバーチャルカード発行方法

LINE Payのバーチャルカードを発行してAmazonで使う方法を紹介していきます。
まずは以下の手順に沿って、LINE Payバーチャルカードを発行しましょう。

  1. LINEアプリ内の「ウォレット」をタップ
  2. LINE Payの残高などが書いてある欄の「+」をタップ
  3. 「お支払い」内にある「LINE Payカード」をタップ
  4. カードを申込の中にある「バーチャルカードを発行」をタップ
  5. パスワードを入力するか、タッチIDでの認証を行う
  6. 発行完了

認証が完了した時点でバーチャルカードの番号が発行されるため、即時利用が可能です。
LINE Payのバーチャルカードの発行が完了した後は、AmazonでLINE Payを使うことができるようになります。

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

0円バナー

LINE Pay(ラインペイ)をAmazon(アマゾン)で使う方法

LINE Payバーチャルカードの発行が完了したら、Amazonで買い物をするときの支払い方法として、発行したLINE Payバーチャルカードを登録します。

Amazonへの支払い方法にLINE Payのバーチャルカードを登録する手順は以下の通りです。

  1. Amazonのメニュー内にある「お支払い方法」をタップ
  2. 「新しいお支払い方法を追加」から「カードを追加」をタップ
  3. LINE Payバーチャルカードの情報を入力する
  4. 「クレジットカードを追加」をタップ
  5. 登録完了

LINE Payのバーチャルカード情報を登録する場合、LINE Payバーチャルカードの名義は「LINE MEMBER」となっていますが、Amazonの「カード名義人」欄にはこのまま入力しましょう。

登録が完了したら、「ご登録のクレジットカード」を確認して正しく登録されているか確認します。登録が完了したら、LINE Payを使ってAmazonで買い物をすることができます。

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

0円バナー

LINE Pay(ラインペイ)をAmazon(アマゾン)で使うメリット

Amazonでの買い物にLINE Payを使うと、どのようなメリットがあるのでしょうか。AmazonでLINE Payを使うメリットについて、いくつか紹介していきます。

LINE Pay(ラインペイ)加盟店でなくても使える

実店舗の場合、LINE Payは加盟店でしか使うことができません。
ですが、Amazonの場合は支払い方法の1つとして設定できるため、LINE Payの加盟店であるか否かは関係なく、LINE Payを使うことができます。
実店舗ではLINE Payが使えない商品をLINE Payで買いたいという場合は、Amazonを通して購入するのがおすすめです。

商品の購入以外の支払いにも使える

AmazonでのLINE Payの使い方は、商品の購入だけではありません。
プライム会員の年会費やKindle unlimitedなど、Amazonが提供するサービスの利用料もLINE Payで支払うことができます。

Amazonのサービス利用料をLINE Payで支払う方法は、ネットショッピングでの使い方と同じです。LINE Payカードを「支払い方法」に設定しておくだけで年会費などの支払いに使えます。

LINE Pay(ラインペイ)残高をAmazonギフト券にチャージできる

LINE Payの残高はAmazonギフト券にチャージできます。
1円単位でチャージ可能ですので、端数の残高はAmazonギフト券にしてしまうのがおすすめです。

LINE Pay(ラインペイ)残高をAmazonギフト券にチャージする手順

LINE Pay残高をAmazonギフト券にチャージする場合も、支払い方法をLINE Payカードに設定する必要があります。支払い方法の設定が完了したら、Amazonギフト券へのチャージに進みましょう。
チャージの手順は以下の通りです。

  1. メニューボタンをタップして、メニューから「Amazonギフト券」をタップ
  2. 「チャージする」をタップ
  3. チャージする金額を入力して「次へ」をタップ
  4. 支払い方法でLINE Payカードを選んで「次に進む」をタップ
  5. チャージする金額などの内容を確認して間違いがなければ「注文を確定する」をタップ
  6. チャージ完了

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

0円バナー

LINE Pay(ラインペイ)が使えるAmazon(アマゾン)以外のサイトは?

LINE PayはAmazon以外にも、さまざまなオンラインショップで使うことができます。LINE Payが利用できるオンラインショップの一部を紹介します。

ラクマ

楽天の運営する「ラクマ」は、数多くのアイテムが出品されている人気のフリマアプリです。ブランドアイテムや人気の商品がお値打ち価格で購入できることもあります。ラクマでも、LINE Pay払いが使えます。

ZOZOTOWN

7951個ものブランドを取り扱う「ZOZOTOWN」は、「ツケ払い制度」など独自の制度を打ち出したことでも話題を集めました。数多くのアイテムが揃い、お気に入りが必ず見つかるファッション通販サイトです。ZOZOTOWNでも、LINE Pay払いが使えます。

honto

オンライン書店の「honto」は、電子書籍はもちろん紙の本の通販にも対応しており、さまざまなツールで本を読むことができます。少し古い書籍やマイナーな書籍の取扱いもありますので、探していた本が見つかる確率が高いと人気の書店です。hontoでは、電子書籍を購入する際にLINE Pay払いが使えます。

HMV ONLINE

CDや本、DVDなどが購入できるHMVは、新譜はもちろん中古の取扱いもあり、懐かしい音楽にも出会える可能性も高いオンラインショップです。HMV限定の予約特典があるCDも多くあり、実店舗が近くにない方には重宝するサイトでしょう。音楽や書籍だけでなく、ゲームソフトやアーティスト・アニメグッズなども取り扱っています。HMV ONLINEでも、LINE Pay払いが使えます。

ワタシプラスオンラインショップ

資生堂が運営している「ワタシプラス」のオンラインショップも、LINE Payを利用できるショップです。オンラインショップ限定のお得なキャンペーンもあるため、普段から資生堂のコスメを利用している方は必見です。
さらに、コスメの販売だけでなく肌に良い料理のレシピや男性向けの美容事典など、オンラインショップならではの読み物も楽しめます。ワタシプラスでも、LINE Pay払いが使えます。

紹介したオンラインショップ以外にも、たくさんのショッピングサイトで続々とLINE Payが使えるようになっています。LINE Payに対応しているショップの情報は、LINE Payの公式サイトで定期的に確認してみてください。

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

0円バナー

LINE Pay(ラインペイ)を利用してAmazon(アマゾン)で買い物を楽しもう

AmazonでのLINE Payの使い方について紹介してきました。Amazonで買い物を楽しむなら、簡単に発行できるプリペイド式のLINE Payバーチャルカードを使うのがおすすめです。

LINE Payのプリペイド式バーチャルカードを発行すれば、Amazonで商品を買うだけでなく、Amazonプライム会員の年会費やKindle unlimitedなど、Amazonが提供するサービスの利用料もLINE Payで支払うことができます。
これを機会に、Amazonでの買い物にはLINE Pay を使ってみてください。

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

0円バナー

\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
LINE Pay(ラインペイ)はAmazon(アマゾン)で使える?使い方やメリットを紹介
最新情報をチェックしよう!
WRITER