VANDLE CARD(バンドルカード) の類似サービスは?おすすめを紹介

VANDLE CARD(バンドルカード) の類似サービスは?おすすめを紹介

バンドルカードは、従来のプリペイドカードにはなかった、カードを発行せず利用できるサービスとして有名です。
実は、現在はバンドルカードと類似したサービスが多く登場しています。
ここでは、バンドルカードの類似サービスについて解説します。

VANDLE CARD(バンドルカード)について詳しくはこちら

VANDLE CARD(バンドルカード)とは?


バンドルカードは、基本的にスマートフォンを利用して取引できるサービスです。
スマートフォン内にバンドルカードのアプリをインストールして、その後バーチャルカードの発行手続きを行います。
簡単な情報の登録だけで、わずか1分程度でカードの発行が可能です。
バーチャルカードを発行すれば、ネットショッピング専用ですがVISAブランドのカード取扱店で利用することができます。
プリペイドカードのため、基本的に事前にチャージして利用することになります。
バーチャルカードだけでなく、リアルカードと呼ばれる実際にカードを発行して利用することも可能です。
今までありそうでなかったサービスとして、高い注目を集めています。

VANDLE CARD(バンドルカード)のメリットは?


バンドルカードでは、次のようなメリットがあるサービスとして知られています。

誰でもすぐに利用できる

クレジットカードやプリペイドカードは発行するための条件として、年齢制限があります。
例えば、クレジットカードの場合は18歳以上であったり、プリペイドカードの場合も会社によって年齢制限を設定する場合が多いです。
バンドルカードでは、年齢制限なく誰でもカードを発行できます。

年会費がかからない

有益なサービスを利用する場合、気になるのが年会費です。
どんなに便利でも、年会費がかかるとなると、利用する上で躊躇してしまいますよね。
その点、バンドルカードは年会費が無料のサービスです。

チャージ方法が充実している

プリペイドカードやキャッシュレス決済でも同じですが、意外と困るのがチャージです。
チャージする方法がある程度限定されているために、せっかく便利なサービスであっても利用する際に躊躇するというケースもあります。
バンドルカードは、以下のチャージ方法が用意されており、利便性の高いサービスです。

  • ポチっとチャージ
  • ドコモ払い
  • コンビニエンスストア
  • セブン銀行ATM
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • クレジットカード
  • ビットコイン
  • ギフトコード
  • VANDLE CARD(バンドルカード)に類似しているサービスでおすすめは?


    バンドルカードと似たサービスとしては、次のようなサービスがあります。

    LINEプリペイドカード

    LINEプリペイドカードは、基本的にコンビニエンスストアなどでカードを購入して使用するスタイルのサービスです。
    カードには、1,000円、3,000円、5,000円の金額固定タイプと、1,500円から50,000円までの好きな金額で購入できるバリアブルタイプがあります。
    カードを購入したら、アプリ上でチャージ処理することで、LINE上でスタンプを購入することも可能です。
    また、LINE STOREでも使用できたりと、多くの使用するシーンがあります。

    dカードプリペイド

    dカードプリペイドは、クレジットカードで有名なdカードのプリペイドカード版となっています。
    バンドルカードと違って、物理カードが発行されて、プリペイドカードとして利用できます。
    マスターカードブランドですので、世界各国で利用できるサービスです。
    また、iDにも対応しているので、Apple Payに登録しておけばカードレスでも利用できます。
    利用金額に応じてdポイントが貯まるなど、使ってお得感があるカードでしょう。

    dカードプリペイドへのチャージはdカードがおすすめ!
    今なら8,000円相当のポイントももらえる!

    PayPay(ペイペイ)


    PayPayは、日本のキャッシュレス決済を引っ張る存在として有名です。
    PayPayでは、バンドルカードと同じくカードレスのサービスであり、チャージして利用することになります。
    PayPay登録のお店で利用することができて、コード払いやバーコードの読み込みによって支払いができます。
    オンラインショッピングなどでは、利用できるシーンが少ないですが、キャッシュレス決済では圧倒的に利用できる店舗が多いのが魅力的です。

    PayPayの詳細をみる

    店舗様必見

    PayPay加盟店お申し込みはこちら

    楽天Pay(楽天ペイ)


    楽天Payは、楽天市場で有名な楽天が提供しているサービスです。
    楽天Payの場合、カードが発行されずにスマートフォンのアプリ上でコードを表示させたりQRコードを読み込むことで利用できます。
    バンドルカード同様に、オンラインでも利用できるシーンが多く、また楽天のIDを使用して決済できるので、お買い物の際に住所などの情報入力を省略できる場合があります。

    利用金額に応じて、楽天スーパーポイントが貯まるという点も魅力的です。
    また、Suicaへのチャージでもポイントが貯まるようになり、さらにお得感が強いサービスになります。

    楽天ペイについて詳しくはこちら

    楽天ペイとあわせてオススメ
     

    楽天ペイと合わせてお得な楽天カード
    今なら5,000円相当のポイントがもらえる!

    Kyash(キャッシュ)


    Kyashは、バンドルカードと同じくカードレスで利用できるサービスと、カードを発行して利用できるサービスです。
    カードレスの場合、バンドルカードと違うのはVISA加盟のオンラインショッピングだけでなく、QUICPay+加盟店であれば実店舗でも利用できる点にあります。
    また、リアルカードを発行すれば決済、送金、出金も行えます。
    チャージはクレジットカードなどで行えますし、ポイント制度もあって利便性が高いサービスです。

    メルペイ


    メルペイは、iD決済に対応しているのでコンビニ、飲食店、ドラッグストアなどの全国のお店で使用できるキャッシュレス決済です。
    一部のネットショップでの利用や、メルカリの販売で得た利益をチャージすることも可能です。
    メルカリアプリで支払いすることができます。

    メルペイについて詳しくはこちら

    今なら決済手数料が0%、さらに決済金額の5%がキャッシュバック

    メルペイ加盟店お申し込みはこちら(無料)

    d払い


    d払いは、dカードプリペイドとは違い、キャッシュレス決済ができるサービスです。
    面倒な申込みは一切不要で、ドコモユーザーであればクレジットカードの登録も必要ありません。
    かんたんで安心安全に利用を開始できます。
    利用金額に応じてdポイントが貯まり、キャッシュレス決済としては利用できる店舗が多くあります。
    他にも、お得なクーポンが配信されており、毎日のお買い物などで利用できます。

    d払いはこちら


    VANDLE CARD(バンドルカード)に類似してるサービスも合わせてチェックしよう


    バンドルカードは魅力的なサービスではありますが、類似するサービスにもそれぞれ特徴があり、利便性が高いものが多いです。
    バンドルカード自体がすべての店舗で利用できるわけではないので、類似しているサービスも併用して利用することもおすすめです。


    \メルマガ読者限定/

    毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

    デジタルな最新ニュースをCHECK!
    VANDLE CARD(バンドルカード) の類似サービスは?おすすめを紹介
    最新情報をチェックしよう!
    WRITER