PayPalがビットコイン、イーサリアムなど暗号通貨の売買に対応へ

PayPalがビットコイン、イーサリアムなど暗号通貨の売買に対応へ

オンライン決済サービスのPayPalが現地時間の2020年10月21日(水)、PayPalアカウントから暗号通貨(仮想通貨)を購入・保持・販売できるサービスの開始を発表した。

加盟店で支払いにも対応へ

本サービスは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインといった暗号資産を購入・保持・販売できるというものであり、まずはアメリカのPayPalアカウントで対応を開始する。

さらに、2021年初頭からはPayPalの加盟店である2,600万店において、暗号資産を利用した支払いが利用できるようになるとのことだ。

また、PayPalはNYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)より、条件付きで初めてビットライセンスの認可を受けた。

この一環として、PayPalのユーザーへ暗号資産のエコシステム、暗号資産への投資に関連するリスクと機会、そしてブロックチェーンテクノロジーに関する情報の理解に役立つ教育コンテンツを提供していくという。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
PayPalがビットコイン、イーサリアムなど暗号通貨の売買に対応へ
最新情報をチェックしよう!
WRITER