マイナポイントとは?マイナンバーカードで25%還元の制度、使い方など徹底解説
  • 更新:2020.10.01
  • 投稿:4:31 PM

マイナポイントとは?マイナンバーカードで25%還元の制度、使い方など徹底解説

消費税率引き上げに伴い、増税分のマイナス影響を補填できるような「マイナポイント」が2020年9月から本格的にスタートしました。マイナポイント事業とは、マイナンバーカードとスマホ決済などを連動させてポイントを付与するという制度となっています。
この記事では、マイナポイント事業とはどういったものなのか、新たな消費活性化策について紹介します。

目次

マイナポイントとは

マイナポイント事業とは、マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、キャッシュレス決済サービスでチャージや買い物をするとポイントがもらえる制度です。マイナンバーカードを活用した消費活性化策として考えられています。

出典:マイナポイント 総務省 https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/promotion/

マイナポイント対象者は?

対象となるのはマイナンバーカードを取得して、マイキーIDを設定した方となります。

関連記事

2019年10月にスタートした消費税10%への引き上げ。この引き上げによって予想された景気低下を防ぐために「キャッシュレス・消費者(ポイント)還元事業」がスタートしました。キャッシュレス・消費者還元事業とは、クレジットカードや電子決済サ[…]

IMG

ポイント還元制度は期間限定

10月の消費税増税に伴い、キャッシュレス・消費者還元事業が2020年6月まで行われました。消費増税対策として導入されるのが「ポイント還元制度」です。

ポイント還元制度は令和元年10月~令和2年6月30日まで、2%~5%のポイントが還元されるという、9ヶ月間だけの期間限定の制度で現在は終了しています。

そのため、これに続くその後の景気対策としてマイナポイントが始まりました。マイナポイントの制度により、景気の落ち込みを防ぐ対策です。

マイナポイントにより消費の活性化を図りながら、マイナンバーカードの普及を促進する狙いもあるとされています。

出典:キャッシュレス・消費者還元事業 (ポイント還元事業)の概要 経済産業省https://cashless.go.jp/assets/doc/gaiyou_cashless_kessai.pdf

マイナポイントの仕組み

マイナポイントは全国共通であり、ポイントの原資は国費でまかなわれます。

民間のスマートフォン決済事業者と連携し、マイナンバーカードを持っている方がキャッシュレス決済を利用すると国費でポイントを上乗せする仕組みとなっています。マイナンバーカードの本人確認機能と「マイキーID」を利用して、マイナポイントを付与します。

公的認証サービス「JPKI」で本人確認

マイナンバーカードに記録されている電子証明書により、ネット上の手続きなどで本人確認ができます。公的認証サービス「JPKI」といい、マイナンバー自体は使用しません。

JPKI対応のICカードリーダーがあれば、自宅でも登録可能です。パソコンを接続してマイナンバーカードをセット後、マイキープラットフォームポータルサイトにて「マイキーID」を設定します。任意の英数字8桁を入力して設定されると、マイナポイント制度の対象者になります。

キャッシュレス決済を利用するとマイナポイントが付与される

マイキーIDを設定した方がキャッシュレス決済サービスを利用すると、マイナポイントが付与される仕組みです。

マイナポイントは、全国の提携する店舗やオンラインショップでの買い物に使うことができ、「Pay」各社の還元キャンペーンと併用できるとすれば、とてもお得に買い物ができます。

関連記事

マイナポイントはキャッシュレス決済サービスの利用額から還元される予定ですが、ポイントの付与率や連携する決済サービスは現時点では未定となっています。今回は、マイナポイントがもらえるスマホ決済について予想されるサービスを紹介していきます。[…]

IMG

マイキーIDの登録・設定方法

マイキーIDを設定する際に、マイナンバーカード取得時に設定した「利用者証明用電子証明書暗証番号(4ケタ)」が必要になります。

スマートフォンで登録する場合は「Google Play」から「マイキーマイページアプリ」をインストールします。

現在は、公的個人認証サービスに対応しているICカードリーダライタが必要になるなど、マイキーIDの取得が少々面倒です。そのため、総務省では、簡単に設定できるアプリを順次リリースすることを予定しています。

スマートフォン・パソコンどちらで登録しても手順は同じです。マイキーIDの作成・登録ができるコーナーを設けている自治体もあります。

関連記事

2019年10月1日から消費税10%に引き上げされたことに伴って、新たに「キャッシュレス・消費者(ポイント)還元事業」が開始されました。キャッシュレス・消費者(ポイント)還元事業とは、対象店舗においてキャッシュレス支払いを利用すると最大5[…]

IMG
関連記事

政府による消費者のための還元事業「キャッシュレス・消費者還元事業」が2020年6月に終了してしまいますが、2020年7月より新たな制度「マイナポイント」の申し込みが開始となります。マイナポイントも消費者の利益や消費活動活性化のための制度で[…]

IMG

マイナポイント制度を利用するには

マイナポイント制度を利用するには、電子マネーやクレジットカード、スマホ決済などのキャッシュレス決済を利用することが前提とされています。

参加方法は以下の通りです。

  1. マイナンバーカードの申請・取得
  2. マイキーIDの登録・設定
  3. マイキー管理ソフトのインストール
  4. マイナンバーカードの読み取り
  5. 暗証番号の入力
  6. マイキーIDの生成
関連記事

消費増税が行われてから、政府が大きく力を入れている事業として「キャッシュレス・消費者(ポイント)還元事業」があります。従来の現金払いから、クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済に変更することで最大で5%の還元を受けられる制度[…]

IMG

キャッシュレスの推進

日本ではキャッシュレス決済が増えているもののまだまだ普及していないことを受け、より推進するためにマイナポイント制度が活用されはじめています。

キャッシュレス・消費者(ポイント)還元事業においても、QRコード決済やクレジット決済・デビット決済・電子マネー決済が必要であり、キャッシュレスの推進ともいえます。

関連記事

キャッシュレス決済の普及が進み、キャッシュレス決済を行う各社がポイントバック等のキャンペーンを行っています。そんな中でいま一番注目したいのが、政府が2020年9月より開始する「マイナポイント」のポイント還元制度です。25%という高還元率[…]

IMG

マイナンバーカード所持の促進

「デジタル・ガバメント閣僚会議」において、マイナポイントによって官民共同利用型キャッシュレス決済基盤の構築を目指すという指針が示されました。

政府はキャッシュレスの促進とマイナンバーカード所持の促進を同時に進めるため、これらを連動させた施策を検討していいます。

マイナポイントを予約、登録する方法

マイナポイントは2020年7月から予約・申込を開始しているため、マイナンバーカードがあればすぐに申請を行うことができます。
ここではそれぞれのキャッシュレスサービスをマイナポイントに予約、登録する方法を紹介します。

関連記事

総務省が推進するマイナポイント事業は、マイナンバーカードを持っていれば大人から子供まで参加できる制度です。キャッシュレス決済サービスを登録することでポイント還元を受けられるのでお得に買い物をすることができます。この記事では、マイナポイン[…]

IMG

マイナポイントにSuica(スイカ)を予約、登録する方法

Suicaをマイナポイントに予約、登録する際の注意点として、申し込みをする前にJRE POINT(JREポイント)に登録しておく必要があります。
JRE POINTへの登録が完了したら、Suicaの情報を使ってマイナポイントの申し込みを行います。

Suicaをマイナポイントに予約、登録する詳しい方法は以下の記事からご確認ください。

関連記事

2020年9月から、新しい制度であるマイナポイントが始まります。 各キャッシュレス決済と紐付け、マイナポイントを使ってお得に買い物をすることができます。この記事では交通電子マネーSuicaでの予約・登録方法や、マイナポイントの魅力を把握し[…]

IMG

マイナポイントにWAON(ワオン)を予約、登録する方法

WAONをマイナポイントに登録するには、決済サービスIDとセキュリティコードの入力が求められます。
イオンのホームページでは、イオン店舗に設置されている「マルチメディアコピー機」からの申し込みできるので、買い物のついでに予約と登録を済ませてしまうこともおすすめです。

WAONをマイナポイントに予約、登録する詳しい方法は以下の記事からご確認ください。

関連記事

総務省は2020年9月1日に、マイナポイント事業の開始を発表しています。 予約と申し込みを済ませることで、キャッシュレス決済サービスのポイントを受け取ることができるのです。 この記事では電子マネーWAONを使った、予約と申し込みの方法を紹[…]

IMG

マイナポイントにPayPay(ペイペイ)を予約、登録する方法

PayPayを使っての登録には、決済サービスIDとセキュリティコードの入力が求められます。
それぞれの情報は、「PayPayアプリ」ホーム画面から「マイナポイント」のアイコンをタップし、「その他の方法で申込む」から表示される内容で確認可能です。

PayPayをマイナポイントに予約、登録する詳しい方法は以下の記事からご確認ください。

関連記事

マイナポイント事業には、対象のキャッシュレス決済をひとつ選んで登録する必要があります。 PayPayもその対象であり、登録することでいくつかのメリットを得ることが可能です。 この記事ではPayPayを使った予約・登録方法などを紹介します。[…]

IMG

マイナポイントにd払いを予約、登録する方法

d払いは、専用アプリの「d払い」からでもマイナポイント事業への登録を行うことができます。 普段からd払いのアプリを使っている場合には、その流れでマイナポイントへの登録を進めることもおすすめです。

d払いをマイナポイントに予約、登録する詳しい方法は以下の記事からご確認ください。

関連記事

総務省のマイナポイント事業では、制度の対象となるキャッシュレス決済をひとつだけ選ぶことができます。この記事では、d払いでの予約・登録方法を確認し、実際の申し込みの流れを紹介します。マイナポイントについて詳しくはこちら […]

IMG

マイナポイントに楽天カードを予約、登録する方法

楽天カードを登録する際には、決済サービスIDとセキュリティコードという2つの情報が必要です。基本的には、楽天カードアプリを使って、キャッシュレス決済の登録を行うので、アプリをダウンロードして登録に進みましょう。

楽天カードをマイナポイントに予約、登録する詳しい方法は以下の記事からご確認ください。

関連記事

総務省は2020年9月より、対象のキャッシュレス決済と紐付けることで、お得なポイント還元を受けることが可能なマイナポイント事業が始まります。この記事では楽天カードを使った予約・登録方法を確認していきます。 マイナポイントについて詳しくは[…]

IMG

マイナポイントに楽天Pay(ペイ)を予約、登録する方法

楽天Payはスマホアプリ以外での予約・登録は行えないようです。マイナポイント事業に参加する際には、スマホから作業を進めるようにしましょう。

楽天Payをマイナポイントに予約、登録する詳しい方法は以下の記事からご確認ください。

関連記事

マイナポイント事業ではキャッシュレス決済を予約・登録することで、ポイントの還元を受けることができます。この記事では楽天Payの登録方法を確認していくので、これから申し込みを行う方はぜひ参考にしてみてください。 マイナポイントについて詳し[…]

IMG

マイナポイントに楽天Edyを予約、登録する方法

楽天Edyの場合、スマホ、パソコン、その他対応可能な手続きスポットから予約・登録ができます。 また、2020年9月1日以降は、ATMからの申請も可能となります。

楽天Edyをマイナポイントに予約、登録する詳しい方法は以下の記事からご確認ください。

関連記事

マイナポイント事業は、 各種キャッシュレス決済と紐づけることでお得なポイント還元を受けることができます。この記事では楽天Edyの予約・登録方法を紹介します。 マイナポイントについて詳しくはこちら (adsbygoogl[…]

IMG

マイナポイントにnanaco(ナナコ)を予約、登録する方法

nanacoもアプリ、パソコン、マイナポイント手続きスポット、コンビニのマルチコピー機からの申請が可能なので、マイナポイントへの登録をnanacoで行いたい方は、すぐにでも申し込みが可能です。

nanacoをマイナポイントに予約、登録する詳しい方法は以下の記事からご確認ください。

関連記事

総務省のマイナポイント事業への登録には、キャッシュレス決済のnanacoを利用することもできます。マイナポイントの還元をnanacoポイントで受け取りたい場合には、この記事で予約や登録の方法を確認してみましょう。 マイナポイントについて[…]

IMG

マイナポイントにau PAYを予約、登録する方法

au PAYを使ってマイナポイントの予約・登録を行うためには、まず自身のマイナンバーカードを入手します。 郵送や各種インターネットから申し込みをし、マイナポイントの予約に必要な4桁のパスワードを設定しましょう。

au PAYをマイナポイントに予約、登録する詳しい方法は以下の記事からご確認ください。

関連記事

2020年9月から開始されるマイナポイント事業では、au PAYを登録することも可能です。この記事で、au PAYで予約・登録する方法を確認し、マイナポイントを利用する準備をしてみましょう。 マイナポイントについて詳しくはこちら[…]

IMG

マイナポイントにKyash(キャッシュ)を予約、登録する方法

マイナポイント事業でKyashを使うには、事前登録を行う必要があります。まず、Kyashのダウンロードを行い、会員登録を済ませておかなければいけません。ダウンロードした上でマイキープラットフォーム(マイナンバーカードでマイナポイントの予約をするフォーム)にログインし、キャッシュレス決済の中からKyashを選択するという流れになります。

Kyashをマイナポイントに予約、登録する詳しい方法は以下の記事からご確認ください。

関連記事

決済・送金アプリ「Kyash」はマイナポイント事業に登録できるキャッシュレス決済のひとつで、登録し利用することでポイント還元を受けることが可能です。 この記事では、Kyashを使ってマイナポイント事業に予約・登録する方法を確認します。 […]

IMG

マイナポイントにdカードを予約、登録する方法

dカードは、マイナポイント事業においては事前登録が必要ないキャッシュレス決済になります。 自分のアカウントさえあれば登録が進められるので、スムーズに申請を終わらせることができます。

dカードをマイナポイントに予約、登録する詳しい方法は以下の記事からご確認ください。

関連記事

総務省のマイナポイント事業の予約・登録に使えるキャッシュレス決済として、dカードは候補のひとつとして挙げられます。この記事では、dカードを使ってマイナポイント事業に申し込む方法と、キャンペーンなど紹介します。 マイナポイントについて詳し[…]

IMG

マイナポイントにイオンカードを予約、登録する方法

イオンカードでマイナポイントの予約と登録を行うには、まず決済サービスIDとセキュリィコードの確認が必要です。スマホアプリ、パソコンなどを中心に、各所にあるマイナポイント手続きスポットから予約と登録を行うことができ 、2020年9月1日からは、ATMでの申し込みも可能となります。

イオンカードをマイナポイントに予約、登録する詳しい方法は以下の記事からご確認ください。

関連記事

総務省は2020年9月より、マイナポイント事業のスタートを予定しています。 対象のキャッシュレス決済を登録することで、お得なポイント還元を受けることができるのです。 この記事ではイオンカードの予約・登録方法を確認し、実際の流れをチェックし[…]

IMG

マイナポイントの使い方

マイナポイントを予約してから使うまでの流れを紹介します。

  1. マイナンバーカードの取得
  2. マイキーIDの設定
  3. キャッシュレス決済サービスの選択
  4. キャッシュレス決済を利用してチャージ・決済
  5. ポイントを利用してお買い物が可能になる

還元されたポイントは、選択したキャッシュレス決済サービスのポイントとして付与されるので、買い物などで再び付与ポイントを利用することができます。

関連記事

2020年7月より、政府が行うポイント還元制度マイナポイントの申し込みが始まります。これは増税後の消費活性のために行われる政策の第二弾であり、全ての国民が対象となっています。しかしマイナポイントについて調べると、使い方についてのいろいろ[…]

IMG

マイナポイントの予約でエラーが出る原因と対処方法は?

予約・申し込みの際に起こるエラーは次のような例が挙げられます。

  • マイナンバーカードが読み取れない
  • 申し込みに関する情報が重複している
  • 「決済サービスID」か「セキュリティコード」が確認できない
  • マイナポイントの予約でエラーが出る原因は?

    ここではマイナンバーカードが読み取れない場合の原因を紹介します。

  • マイナンバーカードの読み取り位置が間違っている
  • マイナンバーカードの読み取り完了までスマホを正しくセットできていない
  • マイナポイントの予約でエラーが出た際の対処方法は?

    マイナンバーカードが読み取れない場合の解決策は、マイナンバーカードの読み取り方法を、改めて確認する必要があります。
    AndroidとiPhoneで読み取り方法に違いがあるので、以下の記事を参考に自分の持っているスマホでのやり方を確認してください。

    関連記事

    最大5,000円分のポイント還元が受けられることで話題となっているマイナポイントは、年齢制限もないため赤ちゃんからでも予約申し込みが可能です。 しかし、予約の段階で予期せぬエラーが出ることも多く、なかなか予約が進められないということもありま[…]

    IMG

    マイナポイントのキャッシュレス決済サービスごとのキャンペーンとは?


    いくつかのキャッシュレス決済事業者は、マイナポイントから還元される上限5,000円分に上乗せしてポイントをプレゼントするキャンペーンを開催しています。
    マイナポイント事業の上限5,000円分+αのポイントを獲得することも、キャッシュレス決済事業者によっては可能です。

    マイナポイントに関連する独自のキャンペーンを行っているキャッシュレス決済サービスは以下の通りです。

  • WAON
  • Suica(スイカ)
  • dカード
  • au PAY
  • nanaco(ナナコ)など
  • どのキャッシュレス決済サービスでマイナポイントに申し込もうか迷っている方は、このようなキャンペーンの有無で選んでみるのもおすすめです。

    関連記事

    いくつかのキャッシュレス決済サービスは、マイナポイント事業の開始に合わせてお得なキャンペーンをスタートし、ユーザーへのさらなる還元を実施中です。この記事では、マイナポイント事業に関するキャンペーンの詳細を、いくつかのキャッシュレス決済ごと[…]

    IMG

    マイナンバーカードとは

    マイナポイントの前に、マイナンバーカードとは何か今一度確認しておきましょう。

    個人につけられる番号

    マイナンバーカードは国内に住む方すべてに割り当てられた12桁のマイナンバー(個人番号)と、顔写真や住所・氏名・性別・生年月日が搭載されたICカードです。

    税金や保険、年金などを管理するためにマイナンバーの番号が使われています。国民一人一人に個別のナンバーを振り分けることで、行政の効率化、生活利便性の向上などのメリットがあり、マイナンバーカードの活用がデジタル社会の実現の鍵になるとして、政府は普及に向けて力を入れています。

    出典:内閣府ホームページ https://www.cao.go.jp/bangouseido/card/index.html

    マイナンバーカード申請方法

    マイナンバーカードの申請は、パソコン・スマホ・郵便・証明写真機から行えて無料です。マイナンバーカードの交付申請をして、市区町村からの交付通知書 (市区町村がマイナンバーカード交付の準備ができた旨をお知らせするもの) が発送されるまで約1ヶ月かかるため注意しましょう。

    また、交付申請書等に不備などがあった場合、1ヶ月以上かかることもあるようです。申請の際には、不備の無いよう注意しましょう。交付通知書が届いて市区町村へ引き換えに行くと(予約が必要な市役所もあります)、マイナンバーカードが交付されます。

    関連記事

    マイナンバーカードは個人番号が記載されたカードのことです。何のために発行するのかよく分からず、いまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。今回はマイナンバーカードのメリットや作り方について詳しく説明していきます。 […]

    IMG

    マイナンバーカードが便利に

    2019年の7月の時点でのマイナンバーカードの交付枚数は約1772万枚で、人口に対する交付率は約13.5%にとどまることを総務省が発表しています。

    マイナンバーカードは持っているけれど、あまり役立つことが無いと思う方は多いでしょう。しかし、今後マイナンバーカードが色々なところで役立ちます。

    令和3年には健康保険証としても使えるようになる

    先に紹介したポイント制度の導入のほかにも、マイナンバーカードを健康保険証として使えるようになります。さらに、お薬手帳機能が導入され、確定申告での医療費控除も簡単に手続きができるよう検討されています。

    健康保険証としての利用を普及させるための基金を設置し、全国約22万の病院や薬局にカードの読み取り端末の購入やシステム改修費用を助成するなど前向きな方針が検討されています。

    健康保険証としては、令和3年3月末から本格運用を開始予定とされています。また、令和5年3月末までに全ての医療機関などでの導入を目指す方針です。

    出典:首相官邸-マイナンバーカードの普及とマイナンバーの利活用の促進に関する方針(案) https://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/dgov/dai4/siryou1-2.pdf

    ほとんどの住民がマイナンバーカードを所有することを想定

    市区町村における交付の円滑化や、国家公務員や地方公務員・公立学校教職員らのマイナンバーカード取得の促進なども計画されています。国家公務員などには、被扶養者も併せて2019年度中のマイナンバーカードの取得を勧奨する考えです。

    マイナンバーカードの利便性を高めることにより普及を促すことを目的としています。菅義偉官房長官によると「22年度中にほとんどの住民が所有することを想定している」と、9月のデジタル・ガバメント閣僚会議後の記者会見で説明しています。

    ほとんどの住民がマイナンバーカードを所有することを目標に、2020年度にはマイナポイントを活用した消費者活性化策の導入などを取り入れる方針です。

    意外と知られていない自治体ポイント

    マイナンバーカードに既に導入されている「自治体ポイント」ですが、耳慣れないという方も多いでしょう。

    自治体ポイントとは

    自治体ポイントは、市町村・都道府県単位で導入されているものです。地域経済応援ポイント協力会社のポイントを好きな自治体ポイントへ交換したり、自治体の活動に参加することで、自治体ポイントが付与されます。

    貯めた自治体ポイントは地域や観光・オンラインで使用できますが限りがあり、日本全国での利用はできませんでした。自治体ポイントの有効期限はポイント交換成立より300日間という期限もあります。

    このような自治体ポイントとは異なり、現在検討されている「マイナポイント」の特徴は、全国共通ということです。全国で買い物などに使える便利なポイントだといえます。

    出典:自治体ポイントナビ https://www.point-navi.soumu.go.jp/point-navi/summary/point
    出典:マイキープラットホーム https://id.mykey.soumu.go.jp/mykey/html/MKCCS020.jsp

    キャッシュレス決済のポイント還元はいつから?

    マイナポイントでキャッシュレス還元されるのは、2020年のポイント還元終了後からです。令和2年10月からの制度導入が検討されています。

    マイナポイントの還元率は25%だそうです。例えば2万円入金すると、5千円分のポイントが還元されます。かなりの高還元率ですが、入金2万円に対して5千円分(25%)の還元を一人につき一回提供する案が有力です。

    マイナポイントの上限については、現時点では発表されていません。

    なおポイント還元制度を利用するには、QRコード決済やクレジット決済・デビット決済・電子マネー決済などが必要となります。

    マイナポイントが使えるお店は?

    選択するキャッシュレス決済サービスの種類により使える店は異なるので、詳しくはご自身のキャッシュレス決済サービスの公式サイトで確認してください。
    ここではその中からいくつか代表的なお店を紹介します。

    コンビニ

    セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ、ローソンなど

    スーパー

    イトーヨーカドー、ヨークマートなど

    ドラッグストア・薬局

    ウェルシア、コクミンなど

    レストラン・カフェ・ファストフード

    デニーズ、ガスト、くら寿司など

    百貨店・デパート

    パルコ、小田急百貨店など

    関連記事

    キャッシュレス決済の利用で最大5,000ポイントがもらえるお得な「マイナポイント」の申し込みが2020年7月に開始されます。お得なチャンスを逃したくないものの、「加盟店が少なく使える店が限られているのではないか」「使い道がないのではないか[…]

    IMG

    マイナポイントについての声・口コミ

    消費増税対策として高還元率が予測されているマイナポイントですが、いろいろな声が上がっています。

    マイナポイントへの不安

    「もしも電子マネーからマイナンバー情報が漏れた場合の保証について説明されていない」
    「マイナンバーを電子管理するのは不安がある」
    「スマートフォンを持っていないと対象外なのか」
    「消費税の逆進性を強めるのではないか」

    公式サイトの「よくある質問」や問い合わせで疑問点は払拭しておきましょう。

    マイナポイントへの期待

    「確定ではないが25%のポイント還元になるならありがたい」
    「上限なしで25%還元になるなら嬉しい。」
    「増税分のマイナスの影響を補填できるようなポイント還元にしてほしい」
    「消費意欲の低下を防ぐ効果が期待したい」
    など期待の声も多くありました。

    マイナンバーカードのセキュリティについて

    マイナンバーカードは個人情報が分かるものであり、そのセキュリティ性について心配なことも考えられます。どのようなセキュリティが施されているのか見てみましょう。セキュリティを確認しておくことで、安心してマイナンバーカードを利用することができます。

    マイナンバーカードを紛失した場合

    マイナンバーカードを紛失した場合、利用を一時停止することができます。コールセンターに電話することで、365日24時間いつでも一時停止することができます。

    文字の掘り方や彩文パターンなどにより、偽造防止を図っています。複雑な造りであるため、偽造することは困難です。ICチップにより必要最低限の情報のみ記録され、プライバシー性の高い情報は記録されません。例えば税金や年金などの情報は記録されない仕組みです。

    出典:地方公共団体情報システム機構 https://www.kojinbango-card.go.jp/faq/#funshitu

    セキュリティが高い

    不正な情報の盗取には対抗措置が取れるよう、盗取防止機能が搭載されており、不正な手法に対して、記録している情報を自動的に消去することができます。利用するには暗証番号が必要であり、紛失などの際にも暗証番号が分からなければ悪用できません。間違った暗証番号を一定回数入力すると、ロックがかるようになっています。

    大切な個人情報だからこそ、しっかりとしたセキュリティで守られています。もしも紛失してしまっても、慌てずにコールセンターに連絡しましょう。

    マイナポイントは魅力的な制度!マイナンバーカードを準備しておこう

    景気対策やマイナンバーカードの普及に向けて検討されているマイナポイントについて紹介しました。
    マイナポイント事業では、マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、選んだキャッシュレス決済サービスでチャージや買い物をすると、利用金額の25%分のポイント(最大5,000円分)がもらえます。

    マイナポイントがもらえる対象期間は、2020年9月1日から2021年3月31日までなので、マイナンバーカードを持っていない方や紛失してしまった方は、早めに取得し、予約・申込を検討しましょう。

    マイナポイントを動画で解説


    \メルマガ読者限定/

    毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

    デジタルな最新ニュースをCHECK!
    CATEGORY

    マイナポイント