金融市場AI予測のAlpaca、証券業参入「アルパカ証券」

金融市場AI予測のAlpaca、証券業参入「アルパカ証券」

金融市場向けのAI予測システム「AlpacaRadar」などを手がけるAlpacaJapanが、2021年4月20日(火)付で第一種金融商品取引業者として登録が完了したことを発表した。

金融アドバイザーとともに資産形成をサポート

金融アドバイザーとともに資産形成をサポート

AlpacaJapanは、金融市場向けのAI予測システムを手がけるスタートアップ企業。
同社のAI予測システムはこれまでに、三菱UFJ銀行や東京海上日動火災保険でも採用されてきた。

今回、第一種金融商品取引業者の登録が完了したことに伴い、2021年夏に証券サービスを公開すべく準備を進めている。証券サービスの名称は「アルパカ証券」とすることを明らかにした。

「アルパカ証券」では、AlpacaJapanがこれまで培ってきた技術を生かしながら、ユーザーの資産形成を金融アドバイザー(IFA)と一体となってサポート。

ユーザーはチャットでIFAへいつでも相談でき、ユーザーに寄り添うコンシェルジュタイプの証券サービスを目指す。

IFAが目指すミッションに合わせて、ユーザー向けサービスをそれぞれ個別に共同制作。ユーザーのさまざま投資・情報ニーズに対応できるカスタマイズ機能も搭載する。

また、チャット機能に限らず、IFAの営業体制・報告体制・コンプライアンス体制をデジタル化できる、ワンストップ型の証券プラットフォームを展開していく。

金融市場AI予測のAlpaca、証券業参入「アルパカ証券」
最新情報をチェックしよう!
WRITER