LINE証券はLINE Pay(ラインペイ)から入金できる?メリットや利用手順を紹介

LINE証券はLINE Pay(ラインペイ)から入金できる?メリットや利用手順を紹介

LINE証券の口座へLINE Payで入金したいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、LINE証券にLINE Payを利用して入金する方法や利用手順について解説します。

LINE証券について詳しくはこちら

LINE証券はLINE Pay(ラインペイ)から入金できる?

LINE証券の口座には、LINE Payから入金することができます。
電子マネーとしてLINE Payを利用している方であれば、LINE証券の入金をする際にもLINE Payが使えるので便利です。
特にインターネットバンキングを利用していない方の場合は、わざわざ銀行に行かなくてもLINE Payから簡単にLINE証券の口座に入金ができるため、おすすめの入金方法となっています。

LINE証券にLINE Pay(ラインペイ)から入金するメリット

LINE PayからLINE証券に入金することで、手数料を節約することができます。
インターネットバンキングを利用してLINE証券に入金する場合の手数料はLINE証券の負担となりますが、銀行口座からLINE証券に入金する際の手数料は利用者側の負担になります。

LINE Payからの入金は手数料無料

LINE Payに銀行口座を登録しているのであれば、登録している銀行口座からLINE Pay残高にチャージを行い、チャージした金額内でLINE証券に入金すれば、手数料がかかりません。
LINE証券への入金は、手数料が無料で、しかも簡単に入金できるLINE Payがおすすめです。

LINE証券にLINE Pay(ラインペイ)などを利用して入金する方法

LINE証券に入金する方法は、LINE Pay以外にも、クイック入金、銀行口座からLINE証券の口座に振り込むという3つの方法があります。
LINE証券に入金する方法として、3つの入金方法それぞれの手順を紹介していきます。

LINE証券にLINE Payから入金する手順

LINE証券にLINE Payから入金する手順は以下の通りです。

  1. LINEを起動
  2. 画面下部の「ウォレット」をタップ
  3. 「証券」をタップ
  4. 「入金」をタップ
  5. LINE Payから入金をタップ
  6. 入金額を入力し、「入力する」をタップ

LINEの画面からの操作方法を説明しましたが、LINE Payの入金の画面からも操作を行うことができます。

LINE証券にクイック入金を行う手順

クイック入金とは、LINE証券が提携する金融機関のインターネットバンキングから即時入金するという方法です。手数料は無料ですが利用できる銀行が限られているため、注意しておきましょう。

また、事前にインターネットバンキングの契約が必要です。インターネットバンキングを契約していない場合は、クイック入金を行うことができませんので、こちらも注意が必要です。

LINE証券にクイック入金する手順は以下の通りです。

  1. LINEを起動
  2. 画面下部の「ウォレット」をタップ
  3. 「証券」をタップ
  4. 「入金」をタップ
  5. 「クイック入金」をタップ
  6. 入金に利用する銀行を選択
  7. 入金する金額を入力し、「入金する」をタップ
  8. 「〇〇銀行を開く」をタップ(〇〇銀行は6番で選択した銀行名が表示されます)
  9. 「クイック入金が完了しました。」の画面を確認し、「OK」をタップ

⑦で操作をやめてしまうと、即時入金されない場合があります。
「〇〇銀行を開く」をタップし、「OK」をタップするところまで操作を行うようにしましょう。

LINE証券に銀行口座から入金する手順

LINE証券に銀行口座から入金を行う場合は、入金画面から「入金専用口座」を確認し、銀行の窓口やATM、インターネットバンキングから、入金専用口座に希望の入金額を振り込むとLINE証券の口座に入金されます。

銀行からLINE証券に振込を行う際の振込料は振込側の負担になります。
また、万が一振込先を間違えてしまった場合は、LINE側で処理を行うことができませんので注意しておきましょう。

LINE証券にLINE Pay(ラインペイ)から入金するときの注意点

LINE PayからLINE証券に入金する場合、いくつか注意しなければならないことがあります。

LINE Pay(ラインペイ)には2種類のアカウントがある

LINE証券にLINE Payを利用して入金するためには、事前にLINE Payアカウントを変更する必要があります。
LINE Payには、「LINE Cash」と「LINE Money」という2つのアカウントがあり、LINE Payに登録した時点ではLINE Cashアカウントになっています。

LINE Cashアカウントとは?

LINE Cashアカウントとは、LINE Payにチャージした残高と登録したクレジットカードを利用してLINE Payが利用できるアカウントのことで、LINE Moneyアカウントは、銀行口座を登録し、LINE Payに銀行口座からチャージを行うことができるアカウントのことです。

LINE Cashアカウントは銀行口座からチャージできない

LINE Cashアカウントは、銀行口座が登録されていない状態のアカウントなため、銀行口座からチャージすることができません。

LINE証券に入金するにはLINE Moneyアカウントに変更しよう

LINE証券に入金するためには、LINE Payに銀行口座からチャージを行い、チャージされた金額から入金する必要があります。
LINE Payを利用してLINE証券に入金する場合は、事前に銀行口座の登録を行い、LINE Payアカウントを「LINE Cash」から「LINE Money」に変更しておきましょう。LINE Moneyアカウントに変更するためには、LINE Payの設定画面から「本人確認」の手続きが必要です。

※現在LINE Payでは、一部銀行の新規登録、チャージを停止しています。「新規登録ができません」というメッセージが表示された場合は、他の方法で入金を行うようにしてください。(2020年10月13日現在)

LINE Pay(ラインペイ)に銀行口座の登録を済ませておく

LINE PayからLINE証券へ入金する場合は、LINE PayのアカウントをLINE Moneyに変更した後、LINE Payへの銀行口座の登録が必要です。
LINE Payに登録した銀行口座が承認されるまでに時間がかかることがありますので、LINE Payを利用してLINE証券に入金したいという場合は、早めに銀行口座登録の手続きを済ませておきましょう。

LINE Pay(ラインペイ)と銀行口座の名義は同一にする

LINE証券にLINE Payを利用して入金する場合には銀行口座の登録が必要ですが、このとき、LINE Payの利用者とLINE Payに登録する銀行口座の名義が同一でなければ、銀行口座を登録することができません。
LINE Payに銀行口座を登録する場合はLINE Payの利用者と同一名義の銀行口座を登録するようにしてください。

LINE証券で信用取引を行う場合は保証金の反映に注意する

LINE PayからLINE証券に入金すると、入金された金額は原則として即時反映されます。
ただし、信用取引を行う場合に限り、信用保証金の反映は処理日から起算して2営業日後となります。
追加保証金や不足金の解消など支払い期日がある入金に関しては、2営業日後の処理となるLINE Payからの入金が使えないケースも考えられるため、注意しておきましょう。

LINE証券はLINEポイントを利用するとさらにお得に!

LINE証券は、LINEと、野村證券の親会社である野村ホールディングスが共同で開発したスマホ投資サービスなので、貯まったLINEポイントをLINE証券に入金することができます。

LINEポイントはLINE関連サービスの利用で貯まる!

LINE Payだけではなく他のサービスと併用してLINEポイントを貯めることで、さらにお得に利用できて、おすすめです。
LINE では、LINEショッピング、LINEデリマ、LINEトラベルなどのサービスを提供しています。これらのLINEサービスを併用するとLINEポイントをどんどん貯めることができますので、貯まったLINEポイントで入金をすれば元金ゼロ円から投資を始めることができます。

ポイント分で利益を出すことができれば、ポイント以上の還元を受けることも可能なので、さらに増えた利益を再投資することも可能です。LINE証券を利用している方は、ぜひLINEポイント活用してみてください。

LINE証券への入金はLINE Pay(ラインペイ)が便利

LINE証券の入金には、LINE Payからの入金が便利です。LINE Payからの入金は原則として即時反映されます。
これからLINE証券を始めたいという方は、LINE Payのアカウントを「LINE Money」に変更し、いつでもLINE Payで入金ができるように手続きを済ませておくことをおすすめします。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
LINE証券はLINE Pay(ラインペイ)から入金できる?メリットや利用手順を紹介
最新情報をチェックしよう!
WRITER