楽天証券のつみたてNISAがおすすめの理由は?銘柄や組み合わせも紹介
  • 更新:2021.03.16
  • 投稿:2020.12.24

楽天証券のつみたてNISAがおすすめの理由は?銘柄や組み合わせも紹介

近年、投資初心者でも始めやすいつみたてNISAが注目されています。現在や将来の不安などを踏まえて、会社での給与所得の他に、自身の口座にあるお金を流動的に動かずことで運用益を得る流れが広がっているのです。

この記事では、数ある会社の中からクレジットカードやインターネットショッピングなどさまざまな業界に進出している楽天が提供している楽天証券でつみたてNISAを始めるのがおすすめな理由を解説します。

また、おすすめの銘柄や組み合わせなども取り上げますので、参考にしてみてください。

楽天証券のつみたてNISAがおすすめの理由は?

楽天証券のつみたてNISAがおすすめの理由は?

楽天証券でつみたてNISAを始めるのがおすすめの理由を3つに分けて解説します。

楽天ポイントを利用して投資信託、国内株式を購入できる

楽天が運営するサービスの代名詞といえば、サービス利用時に貯めることができる楽天ポイントです。近年は携帯電話や自宅の電気代なども楽天のサービスにすることも可能で、効率的にポイントを貯められます。

楽天証券では、商品の購入において楽天ポイントが利用できる点がメリットです。
普段の支払いなどで多く貯まる楽天ポイントの使い道がない方には、楽天ポイントを利用して投資を始めるのも良いでしょう。

楽天カードのクレジット決済でポイントが貯まる

投資信託の積立の引落し時において楽天カードを利用したクレジット払いを指定していれば、積立金額100円に対して1ポイントの楽天ポイントを貯められます。

何気ない投資でも、楽天ポイントをしっかりと獲得したい方には大きなメリットです。

選択肢の多い多彩な商品バリエーション

楽天証券で取り扱っているつみたてNISAの商品数は2020年4月17日現在で158本となっています。
もちろん、これらの商品は全て金融庁が定めた基準を満たしたものだけを扱っており、投資初心者の方も安心です。

楽天ポイントは貯まるけど商品バリエーションの数が気になっている方は、その心配は不要と言えるでしょう。

楽天証券のつみたてNISAおすすめ銘柄3選

楽天証券のつみたてNISAおすすめ銘柄3選

楽天証券が取り扱っているつみたてNISAの銘柄の中で、特におすすめのものをピックアップして紹介します。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、日本を含めた全世界の株式に投資を行う「MSCI」(オール・カントリー・ワールド・インデックス)に連動しています。

組み入れられている銘柄数は300近い数となっており、リターンと損失のバランスに偏りがない点も初心者が扱いやすく人気がある商品です。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)がおすすめの理由

全世界を対象にしていることと、組み入れられている銘柄数も多いことから、投資初心者の誰でも平均点が取れるのが魅力の1つです。

先進国や新興国に焦点を当てた商品であればリターンは大きいですが、その逆に損失も大きくなります。投資初心者がまず持つべき銘柄として押さえておきたい商品と言えるでしょう。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

eMAXISシリーズの中でも主に、新興国の株式に焦点を当てて投資を行なっている商品です。
MSCI(エマージング・マーケット・インデックス)をベンチマークとしており、新興国ならではの成長著しい銘柄が組み入れられているのが特徴となっています。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスがおすすめの理由

勢いのあるアリババ、テンセント、サムスン電子などのアジアにある会社が保有銘柄に含まれており、新興国株式とのことで成長率が著しい時には、大きなリターンを得ることができます。

その反面、損失は全世界株式と比較すると大きくなってしまいますが、他の商品と組み合わせて持つことで大きなメリットを享受する可能性を秘めているのです。

つみたてNISAに少しづつ慣れてきたら、ポートフォリオを考えることを前提に投資するのも良いでしょう。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

楽天・全米株式インデックス・ファンドは、アメリカの株式市場全体の動きに着目したインデックスファンドとなります。対象がアメリカ市場全体となり、珍しいファンドとしても知られています。

ベンチマークには、CRSP USトータル・マーケット・インデックスを使用して、マザーファンドを介してバンガード・トータル・ストック・マーケットETFに投資しているのが特徴です。

楽天・全米株式インデックス・ファンドがおすすめの理由

2020年5月の時点で純資産総額が1,000億円を突破している人気の商品です。バンガード社はアメリカの中でも有名な運用会社であり、世界で初めて個人向けのインデックスファンドを設定したことでも有名です。

楽天証券のつみたてNISAおすすめの組み合わせは?

楽天証券のつみたてNISAおすすめの組み合わせは?

楽天証券のつみたてNISAにおいておすすめのポートフォリオの組み合わせを紹介します。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)× eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

特定の指標とほとんど同じ値動きをする安定的なインデックスファンドと、新興国株式インデックスのような勢いもあり長い目線でリターンを生み出してくれる商品を組み合わせるのも良いでしょう。

バランスを重視したい場合は、全世界株式の割合を増やし、アクティブなリターンを期待したいのであれば新興国株式を買い増したりと調整しながらベストな割合を見つけることが大切です。

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)× eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)は、国内・海外の債券と株式を4資産均等に持つ商品です。新興国を含んでいない上に、信託手数料もやすいことから安定した運用が可能となります。

対するeMAXIS Slim 先進国株式インデックスはアメリカ米国株が多くを占める商品です。基本的には先進国がメインの割合となっており、安定した運用を強固にしながらもアメリカ経済の成長に期待するリターンも得られる持ち方と言えるでしょう。

楽天証券のつみたてNISAのおすすめ商品をチェック

楽天証券のつみたてNISAのおすすめ商品をチェック

この記事では楽天証券のつみたてNISAにおけるおすすめの商品からおすすめのポートフォリオまで解説しました。投資である以上、あくまでポートフォリオには、絶対という正解はありません。

それぞれの商品の特徴を理解し、意図を持ったポートフォリオを組むことが大切です。まずは少ない資金から、つみたてNISAを始めてみてはいかがでしょうか。

楽天証券について詳しくはこちら

楽天証券のつみたてNISAがおすすめの理由は?銘柄や組み合わせも紹介
最新情報をチェックしよう!
WRITER