SBI証券、金・銀・プラチナの取引手数料を1.65%に引き下げへ。業界最低水準

SBI証券、金・銀・プラチナの取引手数料を1.65%に引き下げへ。業界最低水準

SBI証券が2021年7月1日(木)約定分より、金・銀・プラチナの取引手数料を、約定代金の2.2%(税込)から1.65%(税込)に引き下げる。

今回の引き下げにより、金・銀・プラチナの取引手数料はSBI証券が業界最低水準となる。

SBI証券の金・銀・プラチナの取引では、GBI(Gold Bullion International)社が提供する貴金属取引プラットフォームを利用することで、ほぼ24時間・リアルタイムの少額投資を実現。

スポット取引・積立取引ともに金額指定で1,000円、数量指定で1g(銀は10g)から取引が可能だ。

また、スポット取引・積立取引の月間取引手数料(税抜)1%相当のTポイントを付与する「金・銀・プラチナマイレージサービス」も展開している。

SBI証券では、金・銀・プラチナの取引手数料の引き下げに併せて、2021年7月1日(木)8:00〜7月30日(金)23:59まで「【金・銀・プラチナ取引手数料引き下げ記念】取引手数料最大5,000円キャッシュバックキャンペーン」を実施。

期間中にキャンペーンへエントリーを行い、金・銀・プラチナのスポット取引、定額積立買付設定、増額設定を行うと、各取引にかかる手数料を最大5,000円キャッシュバックする。
キャッシュバック時期は、2021年9月末頃の予定だ。

SBI証券、金・銀・プラチナの取引手数料を1.65%に引き下げへ。業界最低水準
最新情報をチェックしよう!
WRITER