BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

NEMブロックチェーンでスポーツチームとファンをつなぐ!エンゲートが「投げ銭コミュニティ」を発表

ブロックチェーンを活用した開発を行うエンゲート株式会社が、NEMブロックチェーンを採用したサービス「投げ銭コミュニティ」を今年9月からサービス開始することを発表しました。

「投げ銭コミュニティ」概要

「投げ銭コミュニティ」はスポーツチームとファンをつなぐサービスです。サービス第1弾では、8競技20チームと協業を行いサービスを展開する予定とのことです。

以下、サービス詳細はプレスリリースより引用。

エンゲート株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:城戸 幸一郎、以下「エンゲート 」)は、スポーツチームや選手と、ファンとのコミュニティ形成及び長期での関係構築を目指し、NEMブロックチェーン技術を採用した”投げ銭コミュニティ”を2018年9月にサービス提供開始いたします。第一弾として8競技20チームと協業しサービスを展開する予定です。

「今の日本では、クラブの運営や選手のキャリア維持に苦労しているのが実状です。ファンの方々と楽しみながら一緒にスポーツの世界を新しい技術で盛り上げていく、エンゲートのサービスに期待しています。」徳島インディゴソックス 球団オーナー 荒井健司

「新しい取り組みを非常に楽しみにしております。まだまだマイナースポーツでもある女子サッカーをファンの方々と共に盛り上げ発展させていきたいと思います。」レイナ川内レディースサッカークラブ 代表 山口 純

賛同されるチームの代表として、以下の方々からもエンドースメントを頂戴しております(敬称略)。
・フウガドールすみだ 代表 安藤弘之
・日本ハンドボール協会 会長 湧永寛仁
・日本ハンドボール協会 事務局長 清水茂樹

投げ銭コミュニティ

エンゲートのサービスでは、ファンがチームや選手を”応援する気持ち”を”投げ銭”という行為で実施します。実際にファンから投げられた投げ銭はチームの運営や選手のキャリアを支えるお金として使われます。これらの履歴はチームや選手とファンとの結びつきを表すものとして、すべて改ざんできない形でブロックチェーンに記録されます。

チーム・選手とファンとのコミュニティ形成

スポーツ選手には幾つかのキャリアステージがあり、それぞれ所属する組織や取り組む活動内容が異なります。エンゲートは選手の育成期から、プロプレイヤーを経てリタイアした後も一貫して、ファンとの結びつきをコミュニティで支援し、思いの総量をビッグデータとして保有します。

スケジュール

第一弾では、投げ銭コミュニティ・サービスを2018年9月に提供開始する予定です。ハンドボール、サッカー、フットサル、野球、格闘技、バスケットボール、バレーボール、ラグビーなどの8競技20チームから参加を予定しています。
第二弾では、スポーツチームや選手とファンとのコミュニティ形成と、長期での関係構築を目指し、上位リーグや現役プロプレイヤーに加えて、下位リーグや未来のプロプレイヤー育成も視野に入れたファンドの組成を予定しています。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、仮想通貨ビットコインで知られるようになったコンピューターのデータ通信技術のひとつです。数学と暗号技術が用いられ、一度記録されたデータの書き換えは非常に難しいという特徴を持ちます。また記録されたデータは、トークン保有者のプライバシーを守りながらも、誰でも閲覧できる透明性の高さを持ちます。

トークン(ポイント)について

エンゲートが本サービスで発行する”投げ銭”は、ブロックチェーンのトークン技術を利用します。トークンとは、ブロックチェーン上で生成されるデータの一塊(ひとかたまり)を指し、「気持ち」「約束」「共感」「感謝」といった形のない思いを「価値」として表します。
トークンは「ポイント」としてファンがチームや選手を”応援する気持ち”を表し、またチームや選手の”ファンへの感謝”を「リワード」として表す際に使われます。共にエンゲートの提供するサービス上で利用されます。このトークンの発行には、属性情報が簡便に設定できるNEMブロックチェーンの技術を用います。また、本サービスで発行するトークンのICOは計画しておりません。

その他

詳細はエンゲートのブログで順次発表をいたします。ブログはこちら:https://medium.com/@engate
エンゲートは弁護士の指導のもと、関わる申請と、商品・サービスの設計を行なっております。またビジネスモデル特許の取得を出願申請しております。

エンゲート株式会社について

「テクノロジーの力で、夢と人をつなぐ」をミッションに、ブロックチェーンやAIなど最先端のICTテクノロジーを活用した製品・サービスの開発と提供、及びコンサルティング、受託開発を行うホラクラシー経営企業です。

詳しくは下記のURLよりご覧ください。
ホームページ:https://engate.jp/

関連記事

NEMブロックチェーンベースの「mijin」活用のアイデアソン「Regulatory Sandbox Ideathon」が9月に開催!
音楽コラボレーションアプリ「Cre8tor.app」が楽曲をNEMブロックチェーンに登録へ
アエリアの「ブロックチェーン・トレカ」が7月18日から正式サービス開始!
政治情報共有プラットフォーム「PoliPoli」がNEMブロックチェーンを採用
NEMブロックチェーン活用「mijin」の最新版が一般公開を開始

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP