BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

大手クレジットカード会社マスターカードが仮想通貨決済の時間を短縮する特許申請!

大手クレジットカード会社のmastercard(マスターカード)が7月17日(火)、仮想通貨の決済時間を短縮する特許の申請を行なっていたことが明らかになりました。

法定通貨と連動した新たなタイプの口座を用意

特許名は「Method and system for linkage of blockchain-based assets to fiat currency accounts(ブロックチェーンベースの資産を口座に連結するための方法およびシステム)」。このシステムでは仮想通貨決済の時間を短縮するために、法定通貨と連動した新たなタイプの口座が用意されるとのこと。これにより仮想通貨決済がより安全になるほか、アルゴリズムを活用し潜在的な詐欺を判断することが可能になるようです。

ブロックチェーンベースの決済システムは、法定通貨決済よりかなり時間がかかるのが現状です。しかしmastercardのシステムが実現すれば、多くの店舗でブロックチェーンベースの決済システムが用いられることでしょう。

なおmastercardは今回の特許に限らず、これまでにブロックチェーンを活用したさまざまな特許を申請しています。

関連記事

大手クレジットカード会社マスターカードがブロックチェーン活用の匿名取引システム特許申請
大手クレジットカード会社MasterCardがカード決済のブロックチェーン特許申請!
大手クレジットカード会社MasterCardがブロックチェーン活用のシステム開発
マスターカード、アイルランドでブロックチェーン技術者採用へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP