ニュースまとめ

IBMが米ドル連動のステーブルコイン「Stronghold USD」を発行!

大手情報システム企業のIBMが、米ドルと連動したステーブルコイン「Stronghold USD(ストロングホールドUSD)」の発行を発表しました。

Stellarブロックチェーン上で「Stronghold USD」を発行

ステーブルコインとは「ペッグコイン」とも呼ばれており、法定通貨と連動した価格の変動がない通貨のことです。「Stronghold USD」は、USドルと連動したステーブルコインとなっています。
今回IBMは「Stronghold USD」発行に伴い、仮想通貨スタートアップのStronghold(ストロングホールド)との提携を発表。2社で協力し、7月17日(火)から仮想通貨Stellar(ステラ)のブロックチェーン上で「Stronghold USD」のテスト発行が実施されています。なお、Stellarのブロックチェーン上でステーブルコインが発行されるのは初めての試みだといわれています。
IBMはStellarとパートナーシップ契約を結んでおり、以前から国際送金の手段としてStellarネットワークに注目していました。今回の「Stronghold USD」もその一環であり、IBMは「Stronghold USDは、USドルに裏付けられたリアルタイムでの国内外決済の基礎を固める新しいタイプの通貨だ。これはIBMが提唱するトークンエコノミーの布石となっている」と述べています。

関連記事

IBMが1週間で6つのブロックチェーン特許を取得!
IBMが協力!インド政府が学生向けに無料のブロックチェーン授業提供
IBMのブロックチェーン事業でりそな銀行とフィリピンの銀行が提携!日本からフィリピンへの送金実現へ
日本IBMがブロックチェーン開発など支援する日本語版「IBMコードパターン」を開設
米IBM、塩粒サイズのコンピューターにブロックチェーン活用
融資サービスのMoneyToken、Circle社のドルペッグコイン「USDC」を採用
Circle社がドル連動コインを開発!ブロックチェーン導入促進も
日本初!LCNEMが日本円ステーブルコインの販売を開始

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。