BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

リップル社のCTOとしてRippleNet開発者のDavid Schwartz氏が新たに就任!

Ripple(リップル)Netのチーフ開発者として知られるDavid Schwartz(デイビッド・シュワーツ)氏が、Ripple社のCTOとして新たに就任したことが明らかになりました。

Schwartz氏「これからも技術に精通した人材を増やしていく」

Ripple社では以前Stefan Thomas(ステファン・トーマス)氏がCTOを勤めていましたが、5月に辞任を発表しました。その後、Thomas氏は新会社Coil(コイル)を立ち上げ、現在はコンテンツ購読サービスの提供やRippleで開発を行なっていたスマートコントラストシステム「Codius(コディアス)」の公開などを行なっています。
今回、Ripple社のCTOとして新たにDavid Schwartz氏が就任。Schwartz氏はRippleNetのチーフ開発者であることで知られています。Schwartz氏は「ブロックチェーンを導入している金融機関のグローバルなネットワークを構築することは、決して容易い仕事ではない。しかし、Ripple社にはそれを実現するための『技術に精通した人材』が多く在籍し、これからもその人数を増やしていく予定だ」と述べています。
Ripple社はSchwartz氏のCTO就任と同時に、Facebookでグローバルペイメントディレクターを務めていたKahina Van Dyke氏を企業開発部門のシニア・バイス・プレジデントとして採用しています。Schwartz氏が述べた通り、優秀な人材がこれからもRipple社に増えていくことでしょう。

関連記事

リップル社が元Facebookのグローバルペイメントディレクターを業務執行役員として採用!
スマートコントラクト「Codius」がRippleの元CTO率いるCoilにて復活!
リップル社の決済システムCodius復活へ
リップル社の最高技術責任者が辞任。新会社「Coil」設立
リップル開発者のDavid Schwartz氏がヨーロッパツアー開催
リップル開発者David Schwartz氏が来日予定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP